生産実習ドキュメント INTERNSHIP 学生全員が必ず経験するインターンシッププログラム。将来の仕事を考えるターニングポイントになります。

3年次の夏休みを利用して、2週間から1か月間、一人一人の学生がそれぞれ別々の企業や官公庁で実習を行うカリキュラム。実習前にはガイダンスやマナー講演会などで事前準備を行い、実習後には成果報告書を作成して発表するなど、年間を通して理論と実践を学びます。

海外インターンシップ

生産実習の流れ

4月~7月
生産実習ガイダンス
履修手順や公募企業への申し込みについてガイダンスを受ける
マナー講演会
名刺の受け渡しなど、企業を訪問する際のビジネススキルを学ぶ
プロジェクト演習
プレインターンシップとしてチームで課題に取り組み、ものづくりの流れを体験
技術者倫理
社会の要求を理解し、社会人としての倫理観を学ぶ

8月~9月
生産実習
企業や官公庁で、全員が約2週間~1カ月の実習

10月~11月
お礼状の送付
実習先へお礼状を作成し送付
生産実習報告会
実習先での成果をまとめ、プレゼンテーション形式で発表
生産実習発表のパネル作成
A1パネル1枚に実習の成果をまとめる
生産工学特別講座
多様な分野のプロを招き、実際の仕事内容やこれまでのキャリアを伺う

受験生の「?」に答えます。生産実習Q&A

Q.実習は必修ですか?
A.実習は3年次必修です。
Q.期間はどのくらいですか?
A.多くの実習が、3年生の夏休み期間中に、10日間(70時間)もしくは20日間(140時間)行われます。
Q.実習の全体の流れを教えてください。
A.履修手順に関するガイダンスから始まり、ビジネススキル基礎講座など事前準備を経て企業へ訪問します。生産実習終了後は実習レポートや成果報告書を作成し、生産実習で学んだことをプレゼンテーションします。
Q.実習先は自分で選べますか?
A.自分が興味のある企業を候補として選べますが、最終的には担当の先生と相談して決めたり、先生からの推薦によって実習先を選ぶケースもあります。
Q.実習先はどのくらいありますか?
A.約800社、さまざまな業界、業種の企業・機関が実習先として委託されています。
Q.実習先はどのようなところですか?
A.大手企業・官公庁から個人事務所まで、あらゆるタイプの実習先があります。オフィスの中で実習をすることもあれば、工場や研究所など、現場で実習することもあります。
Q.実習先に大学の先生は引率しますか?
A.実習先に先生が引率することはありません。
Q.実習に行く前にどんな準備が必要ですか?
A.実習先に行く企業の研究、自分自身がどんなことを吸収したいかなど、社会の中の一員として高い意識を持つことが重要です。
Q.どんなことが身につきますか?
A.社会人としてのマナーはもちろんのこと、働くことの責任感、チームワークなど、実際に就職してからのイメージを掴むことができます。
Q.就職に有利ですか?
A.自分自身がどんな職業に就きたいのか、何がやりたいのかなど確認することができますので、就職先を選ぶ上ではとても有効です。生産実習をすることがそのまま就職に有利になるわけではありませんが、実際の職場体験をしていることで、採用面接などでは他の学生よりも具体的な話ができると思います。

受験生の「?」に答えます。生産実習Q&A

生産実習(インターンシップ)の取り組みは、【独立行政法人日本学生支援機構】公式サイト内でも紹介されております。

独立行政法人日本学生支援機構 - JASSO外部リンク
日本学生支援機構は、日本の学生支援の中核機関として、奨学金の貸与及び給付と返還、日本留学・海外留学の支援、 大学等が行う学生支援のサポートなどの事業を実施し、次代を担う人材の育成や国際理解・交流を推進している機構です。
サイト内では、インターンシップ実施事例情報外部リンクとして、日本大学「生産実習(必修型インターンシップ)」が紹介されています。

学生全員が必ず経験する
インターンシッププログラム
将来の仕事を考えるターニングポイント
なります。

3年次の夏休みを利用して、2週間から1か月間、一人一人の学生がそれぞれ別々の企業や官公庁で実習を行うカリキュラム。実習前にはガイダンスやマナー講演会などで事前準備を行い、実習後には成果報告書を作成して発表するなど、年間を通して理論と実践を学びます。

海外インターンシップ

生産実習の流れ

4月~7月
生産実習ガイダンス
履修手順や公募企業への申し込みについてガイダンスを受ける
マナー講演会
名刺の受け渡しなど、企業を訪問する際のビジネススキルを学ぶ
プロジェクト演習
プレインターンシップとしてチームで課題に取り組み、ものづくりの流れを体験
技術者倫理
社会の要求を理解し、社会人としての倫理観を学ぶ

8月~9月
生産実習
企業や官公庁で、全員が約2週間~1カ月の実習

10月~11月
お礼状の送付
実習先へお礼状を作成し送付
生産実習報告会
実習先での成果をまとめ、プレゼンテーション形式で発表
生産実習発表のパネル作成
A1パネル1枚に実習の成果をまとめる
生産工学特別講座
多様な分野のプロを招き、実際の仕事内容やこれまでのキャリアを伺う

生産実習 Q & A

受験生の「?」に答えます。生産実習Q&A

Q.実習は必修ですか?
A.実習は3年次必修です。
Q.期間はどのくらいですか?
A.多くの実習が、3年生の夏休み期間中に、10日間(70時間)もしくは20日間(140時間)行われます。
Q.実習の全体の流れを教えてください。
A.履修手順に関するガイダンスから始まり、ビジネススキル基礎講座など事前準備を経て企業へ訪問します。生産実習終了後は実習レポートや成果報告書を作成し、生産実習で学んだことをプレゼンテーションします。
Q.実習先は自分で選べますか?
A.自分が興味のある企業を候補として選べますが、最終的には担当の先生と相談して決めたり、先生からの推薦によって実習先を選ぶケースもあります。
Q.実習先はどのくらいありますか?
A.約800社、さまざまな業界、業種の企業・機関が実習先として委託されています。
Q.実習先はどのようなところですか?
A.大手企業・官公庁から個人事務所まで、あらゆるタイプの実習先があります。オフィスの中で実習をすることもあれば、工場や研究所など、現場で実習することもあります。
Q.実習先に大学の先生は引率しますか?
A.実習先に先生が引率することはありません。
Q.実習に行く前にどんな準備が必要ですか?
A.実習先に行く企業の研究、自分自身がどんなことを吸収したいかなど、社会の中の一員として高い意識を持つことが重要です。
Q.どんなことが身につきますか?
A.社会人としてのマナーはもちろんのこと、働くことの責任感、チームワークなど、実際に就職してからのイメージを掴むことができます。
Q.就職に有利ですか?
A.自分自身がどんな職業に就きたいのか、何がやりたいのかなど確認することができますので、就職先を選ぶ上ではとても有効です。生産実習をすることがそのまま就職に有利になるわけではありませんが、実際の職場体験をしていることで、採用面接などでは他の学生よりも具体的な話ができると思います。

生産実習 外部でのご紹介

生産実習(インターンシップ)の取り組みは、【独立行政法人日本学生支援機構】公式サイト内でも紹介されております。
独立行政法人日本学生支援機構 - JASSO (外部サイト)
日本学生支援機構は、日本の学生支援の中核機関として、奨学金の貸与及び給付と返還、日本留学・海外留学の支援、大学等が行う学生支援のサポートなどの事業を実施し、次代を担う人材の育成や国際理解・交流を推進している機構です。
サイト内では、インターンシップ実施事例情報(外部サイト)として、日本大学「生産実習(必修型インターンシップ)」が紹介されています。