日本大学生産工学部日本大学生産工学部

menu

ニュース

海外インターンシップ2018 報告〜ベトナム

2018.10.10

海外インターンシップ受入先企業からの報告
実習先:ベトナム(日本工営株式会社)


1.実習内容(実施期間:2018年8月5日~8月18日)

実習内容は下に示すうように、海外建設現場での建設コンサルタントの仕事内容の体験、それを通して海外インフラ事業、コンサルタントの役割、さらに使用されている要素技術を理解することである。

  1. 社会インフラ建設事業でのコンサルタントの役割・仕事内容の理解
  2. 建設工事現場の体験(管路布設工事、下水処理場建設工事)
  3. 推進工法での下水管布設技術の理解
  4. 現地スタッフとのコミュニケーション体験

2.実習生の様子

様々な点に関心を持って多くの知識を得るべく努力していた様子。実習内容に係る多くの質問もなされ、海外業務分野への関心、将来のより深い係りへの動機付けにもなった様子。

3.所見

限られた期間で実習内容をすべて把握することは簡単ではないが、本実習を機会に建設コンサルタントの海外業務への関心を深めたものと考える。今後はさらに英語での意思疎通能力の向上も図ってもらいたい。

01

管布設工事現場にて合同安全パトロールに参加

01

菅布設工事現場合同安全パトロールにて、コントラクタ―スタッフ及び、コンサルタントスタッフと共に




“pg”


2018年度

2017年度

2016年度

2015年度

2014年度

ページトップへ