重要な
お知らせ

2020.08.07PICKUP NEWSが更新されました【NEW】

2020.08.07新型コロナウイルス感染症の対応について

日本大学生産工学部日本大学生産工学部

menu

ニュース

海外インターンシップ2018〜パラグアイ 報告1

2018.08.30

2018年度 パラグアイ生産実習引率報告
実習日程:2018年8月18日~9月5日(内5日間は移動日)
実習場所:パラグアイ国ビジェッタ市Astillero Tsuneishi Paraguay S.A.
実習学生:石原大樹(土木工学科 3年)・平林蒼音(土木工学科 3年)
引率教員:小田 晃(土木工学科 教授)


8⽉20⽇(⽉)

パラグアイ・アスンシオン到着

8月18日に出国し、パラグアイ国 アスンシオン空港に9:15に到着。
面会者は島⽥⽒(ツネイシクラフト&ファシリティーズ㈱)、アスンシオン⼤学 学⽣代表2名、⼭岡⽒(空港関係者)、マリア⽒(弁護⼠)、齋藤⽒(通訳)。

ATP(Astillero Tsuneishi Paraguay S.A.。常石グループのパラグアイ造船所。以下ATP)の寮に到着後、午後からATPへの挨拶と実習同⾏。
⾼原⽒(ATP 社⻑)、福岡⽒(ATP 総務部⻑)、⾼橋学⽒(ATP ⼯場⻑)、池⽥⽒(ATP)、佐竹氏(ATP)と面会。

“pg”
写真左から:髙橋学氏(ATP 工場長)、島⽥⽒(ツネイシクラフト&ファシリティーズ㈱)、石原くん(実習生)、平林くん(実習生)、池田氏(ATP)

“pg”
現場実習・工場内の説明
“pg”
現場実習・会社概要説明


8⽉21⽇(⽕)

教育省表敬訪問

教育省副大臣 Robert Cano氏との面会。⽇本⼤学⽣産⼯学部とアスンシオン⼤学との提携について説明した。教育省副大臣は、パラグアイの低学年教育の充実のため、⽇本の教育システムに興味があるとのことである。教育学部(⽇⼤では⽂理学部)の学⽣の派遣を希望していた。この件は⼤学全体の提携後の話となる旨を説明した。

“pg”
写真左2番目から:教育省副⼤⾂、神原⽒(ツネイシファシリティー&クラフト社⻑)、齋藤⽒(通訳)、ホセ⽒(アスンシオン⼤学教員兼職員)


アスンシオン⼤学 副学⻑表敬訪問

Hector Amilcar Rojas Sanabria ⽒(ロハス⽒・アスンシオン⼤学副学⻑)との面会。
アスンシオン大学へ日本大学生産工学部学術講演会の参加をお願いした。提携には⾮常に前向きであり、講演会についてもアスンシオン⼤学学内でも周知していただけることになった。

“pg”
写真左から:⽇⼤からの実習⽣2名、福岡⽒(ATP総務部⻑) 、⾼原⽒(ATP社⻑)、ロハス副学⻑、右端:マリア⽒(弁護⼠)


アスンシオン⼤学 ⼯学部⻑表敬訪問

アスンシオン大学へ日本大学生産工学部学術講演会の参加をお願いし、論⽂募集要項と昨年度の英⽂による概要例を渡した。
Ruben Alcides Lopez Santacruz ⽒(ロペス⽒・アスンシオン⼤学⼯学部⻑)からは、12⽉の講演会には参加する旨の返事をいただいた。なお、来⽇については⼯学部⻑と、学生代表のエステバン⽒の予定である。

“pg”写真は中央から右に向かって:ロペス⼯学部⻑、エステバン氏
“pg”
アスンシオン⼤学 ⼯学部⻑との面会


特別講演会

神原社長のスペイン語による「日本の土木工事(河川工事)の歴史と農業の発展」に関する講演。
小田(報告者)の「日本の河川災害対策と河川管理について」の講演。

“pg”神原⽒(ツネイシファシリティー&クラフト 社⻑)の講演の様子
“pg”
小田(報告者)の講演の様子

“pg”
会場の様子

“pg”
⼤学からの感謝状と学⽣からの感謝状贈呈式

“pg”
講演会後の様子



【関連サイト】 海外インターンシップ2018

“pg”


2020年度

2019年度

2018年度

2017年度

2016年度

2015年度

2014年度

ページトップへ