モノづくりを
てよう。

私たちは1952年、戦後の復興のなかで産声をあげました。
日本で唯一の生産工学部として、このモノづくり大国の発展をリードできる人材を育て、
今までに送りだした卒業生は9万人を超えます。
生産工学の面白さは、「モノ」というより、「モノづくりそのもの」をつくることにあります。
つまり、まだこの世にない製品をカタチにすることは、通過点に過ぎません。
社会の期待や人々の希望に応えるイノベーションを産みだす。それが生産工学のゴールです。
「世にある技術を組み合わせて、不可能だった製品化を可能にしたい」、
「景気や社会の変化を先読みして、すばやく生産者と消費者のニーズに応えたい」、
「町に多くの雇用を生みだして、住民にもプライドを与える生産拠点をつくりたい」。
そんな志のあるモノづくりを企ててほしいと願う私たち。
独自の人材育成プログラムも用意しています。身につけられるのは、技術力にとどまりません。
戦略を立て、会社・組織・人を動かすための経営力も養えます。
それらの力を養うことで、洗練された技術・Mid-Techを活用して新しい価値を創り出す人材を輩出します。
今後のモノづくり大国を担っていく皆さん。エンジニアという枠におさまらず、
壮大なプロジェクトを成功へと導くリーダーをめざしてください。

生産工学部の
教育目標・方針

学部長メッセージ

学部長メッセージ

ものづくりのことだけではなく、ものづくりと経済、ものづくりと社会の関わりを学ぶ生産工学部。この学部の特色や、学びによって得られるものは何か。これから未来へ羽ばたく皆さんへのメッセージです。

詳しくみる
教育目標と教育方針(3つのポリシー)

教育目標と教育方針
(3つのポリシー)

教育目標を紹介するとともに、学位授与、教育課程の編成・実施、入学者の受入れについての方針を説明します。ものづくりを中心に、国際的な視野のもとに物事を多面的に考え、社会に貢献できる技術者を育てるための基本方針です。

詳しくみる

生産工学は
オンリーワンの学問

みんなが使っている
スマートフォン。
その製品が生み出さ
れる背景にたくさん
の知恵と技術が凝縮
されています。

カッコよく使いやすいデザイン。壊れにくい一つひとつのパーツ。たくさん作るための製造ライン。便利で楽しい使い方のアイディア。環境を考えた消費エネルギー対策。便利を追求した新しいテクノロジー。
あなたはどの知恵と技術に興味がありますか?
ひとつを追求する学びはどこにでもある。でも、すべての役割を理解し、関係性をひもづける学問はここにしかない。
生産工学は、広い視野で世の中を見渡し、今、そして未来にどんなものづくりが求められているのかを学ぶ、オンリーワンの学問です。

世界は生産工学で変わる

自動車やエネルギー、まちづくり、建築、環境、デザイン、企業経営に至るまで。生産工学は、さまざまな分野に広がり、身近な暮らしや産業の中に息づいています。
世界は、生産工学で変わっていく。ここで学ぶことで、あなた自身の世界(可能性)までも広がっていきます。

生産工学×企業経営

全体を見渡して「ものづくり」ができる技術者を育成

経営資源を有効に活用するための理論と技法を修得。ヒット商品の企画から広告宣伝手法、そして製品の品質が良く、安く早く作るための技術や、販売物流等、全体の経営知識を活かした「ものづくり」ができる技術者を育成します。

生産工学×地球環境

地球環境にやさしい技術で未来をデザインしていく

これから求められるのは、現在の科学技術をサステイナブル(持続可能)なものに転換する技術。環境安全工学科では、安全とエネルギーを融合した環境負荷の小さいものづくり、社会づくりを生産工学の観点から学びます。

生産工学×デザイン思考

社会の変革をもたらすアイデアやコンセプトを創生する

工学知識や技術、感覚や技法を統合して、人と人工物の理想的な関係を築く「デザイン思考」によって、社会のニーズやユーザーの趣向に合った革新的な製品や空間を創生します。

生産工学×自動操縦車両

機械と人間、自然環境との調和を図る

たとえば、自動操縦車両や超軽量航空機、ものづくりのための新技術等。機械工学はあらゆるシーンで生産活動の基盤を支えています。近年、機械や人間、自然環境との調和が重要視される中、長期的、広域的視野を持った技術者を育成します。

生産工学×水素燃料電池

社会になくてはならないものを作り出す

電気電子工学科では高度に発達した社会になくてはならないものを作り出す技術を勉強します。太陽電池・風力発電・照明・スマートフォン・オーディオビジュアル機器・調理機器・エアコン・洗濯機など、あげたらきりがありません。社会のすべてが卒業生の活躍の場です。

生産工学×まちづくり

地球の上に未来(あした)を描く

災害に強い安全で安心なまちづくりと、社会・経済の発展に必要な社会基盤を整備して管理するのが土木の仕事です。土木工学科では、それらを学び、地球の上に未来(あした)を描く土木技術者を育成します。

生産工学×生活・街・環境

「安全・安心・快適に過ごす」を実現するために

人々が安全、安心、快適に使える公共施設・店舗・事務所・住宅などと周囲の環境を創造することを学びます。その分野はデザイン・構造・設備・施工・管理と幅広いもの。多様な領域から総合的な視野で建築を捉える創造力と実践力を持った人材を育成します。

生産工学×グリーンケミストリー

クリーンからグリーンへ

応用分子化学科では、持続可能な社会の実現に向けて、高機能かつ高付加価値な材料の開発に取り組んでいます。同時に、廃棄物をきれいにする浄化技術よりも一歩進んだ、環境に対する負荷を軽減する「グリーンなものづくり」を目指しています。

生産工学×コンピュータ

高度情報化社会の中核で活躍できる情報処理技術者へ

携帯端末・家電・ロボットから自動車に至るまで、現代の社会ではコンピュータで制御されていないシステムを見つける方が難しくなりました。これらを支える技術が数理工学と情報工学、そしてメディアデザイン工学です。数理情報工学科ではこれらを学び、高度情報化社会に対応できる人材を育てます。

生産工学部教育の特長

生産工学部教育の特長

生産工学部教育の特長

所属学科の学びに加えて、経営学の視点から工学を考え全体を俯瞰する目を養う生産工学系科目、3年生全員が国内外の職場で実践と実学を重ねる生産実習、興味のあるプログラムを選択受講できる4BE+JABEEプログラムなど、4年間で、技術はもちろん経営的視点も養いながら、これからの時代や社会のニーズに応えられる人を育てます。

詳しくみる