DEPARTMENTS

電気電子工学科

ICという小さな電子部品から大規模な発電所まで基礎知識/専門知識を系統的・効率的に学ぶ学科です ICという小さな電子部品から大規模な発電所まで 基礎知識/専門知識を系統的・効率的に学ぶ学科です

電気電子工学科紹介

電気電子工学科概要

数多くの分野で
活かされ社会を支える

ICから電気自動車のモータ、発電所やインターネットなど、電気電子工学は、数多くの分野で活かされています。その内容は電気工学や電子工学、制御工学、コンピュータサイエンス、通信工学などに分かれ、それぞれ時代の進歩や産業構造の変化に合わせて発展しています。

段階的・効果的に
学習するためのカリキュラム

多くの分野からなる電気電子工学を学ぶには、その学習方法が鍵となります。基礎知識から専門知識を段階的かつ効果的に学ぶため、本学科では独自のカリキュラムで教育内容の充実を図っています。また、実験・実習にも力を入れ、密度の高い教育・研究を実現しています。

学びの多様性は
卒業後の進路につながる

幅広い学びは、卒業後の就職にもつながっています。本学科の就職は製造、情報通信、サービス、建設など、他学科に比べて多様な業界へ広がっているのが特徴。4年間の学び・研究の内容に合わせて、さまざまな業界・企業を目指したり、大学院進学への道も開かれています。

産業構造の変革と高度情報化社会の進展に伴って、電気工学、電子工学、制御工学、情報工学、通信工学などの電気電子系工学の進歩は著しく、より専門性の高い教育が必要になってきました。
そこで本学科は、最新の工学に対応できる技術者を育てるには、専門領域ごとに密度の高い教育を行う必要があると考え、「エネルギーシステムコース」「eコミュニケーションコース」の2つのコースと「クリエイティブエンジニアプログラム」を設けました。広範な分野からなる電気電子系工学の基礎知識と専門知識を系統的に、かつ効率的に学習できるように、電気工学系、電子工学系ともに教育内容の充実を図っています。

工学系技術者の育成

経営・管理工学系の科目の設置や、「ものづくり」の生きた知識を身に付けることを目的とした実験・実習の設置にも力を入れ、多様化する時代に柔軟に対応し得る、創造性豊かな工学系技術者の育成に努めています。

資格

規定の科目を修得することにより、電気主任技術者、電気通信主任技術者や第一級陸上無線技術士の資格が取得できます。また、「クリエイティブエンジニアプログラム」はJABEE(日本技術者教育認定機構)認定のカリキュラムとなっています。

選べるコース・プログラム

エネルギーシステムコース

電気エネルギーはとても扱いやすいのが特徴です。例えば発電所で大量の電気を発生させ、エネルギー需要の高い都市まで送り、熱や動力の源として使うことができます。最近では再生可能エネルギーとして風力発電や太陽光発電なども注目されています。このコースでは電気を作り、輸送し、利用することを中心に学びます。将来、電力会社・電気設備・新エネルギー環境分野に進みたい人に向いています。

卒業後の進路

将来、電力会社・電気設備・新エネルギー・環境関係に進みたい人に向いています。

eコミュニケーションコース

パソコンやスマートフォンにより、世界はインターネットによって繋がれています。インターネットでは電気・電波・光などを利用した情報通信ネットワークを使って、文字・画像・音声などの情報が交換されています。このコースでは情報通信を支えるエレクトロニクス・情報技術など、電子を使うことを中心に学びます。将来、通信・コンピュータ・エレクトロニクスの分野に進みたい人に向いています。

卒業後の進路

将来、通信・コンピュータ・エレクトロニクスなどの分野に進みたい人に向いています。

クリエイティブエンジニアプログラム

このプログラムは2種類のコースどちらでも受講可能であり、日本技術者認定機構(JABEE)の基準に基づいて指定されたカリキュラムを受講して所定の条件を満足した場合、卒業時にプログラム修了の認定書が授与されます。修了者は申請により技術士補となることができ、将来、技術士として国際的に活躍できる技術者となることが期待されます。

卒業後の進路

国際的に活躍する技術者を目指す人、技術士を目指す人に向いています。

関連ページ

在学生からのメッセージ

生活に大きな役割を担う、情報通信技術を学ぶ 生活に大きな役割を担う、 情報通信技術を学ぶ

電気電子工学科 eコミュニケーションコース

岩崎 智信(新潟県出身)

詳しく見る

就職・資格について

目指す資格

  • 電気主任技術者(認定校)
  • 電気通信主任技術者(認定校)
  • 第一級陸上無線技術士(認定校)
  • 電気工事士
  • 基本情報技術者 ITパスポート試験
  • 特殊無線技士
  • エネルギー管理士
  • 建築設備士
  • 工事担任者(アナログ、デジタル)
  • 教育職員免許(理科・工業)

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【理科】(1種/教職課程を履修)
  • 高等学校教諭免許状【理科】(1種/教職課程を履修)
  • 高等学校教諭免許状【工業】(1種/教職課程を履修)

就職業種

令和2年度分類別就職状況(令和3年3月31日現在)
  1. 建設業 24.2%
  2. 情報通信業 19.5%
  3. 製造業 17.2%
  4. サービス業 14.1%
  5. 進学 13.3%
  6. 運輸業 3.9%
  1. 公務 2.3%
  2. 卸・小売業 1.6%
  3. 教育・学習支援業 1.6%
  4. 不動産業 0.8%
  5. 飲食店・宿泊業 0.8%

おもな就職先

花王(株)/アルプスアルパイン(株)/ミネベアミツミ(株)/東日本旅客鉄道(株)/東京地下鉄(株)/東急電鉄(株)/(株)豊田自動織機/東芝エレベータ(株)/日本マクドナルド(株)/(株)JR東日本情報システム/(株)関電工/北海道旅客鉄道(株)/防衛省 海上自衛隊/千葉市/新潟県警察

教育研究上の目的・ポリシー

学科における人材の養成
その他の教育研究上の目的

産業構造の変革と高度情報化社会の進展に伴って、電気電子工学の進歩は著しく、また多様化している。これに対応できるように基礎学力と専門領域の知識を身に付け、さらに経営・管理工学を学び、実験・実習を通じて問題解決能力が高く、創造性豊かで、しかも経営能力も有する技術者を養成する。

ディプロマポリシー
(学位授与の方針)

電気電子工学科は、日本大学の目的及び使命、学部教育目標、本学部のディプロマ・ポリシー及び本学科の教育研究上の目的に基づいた教育課程により、以下のディプロマ・ポリシーの項目を修得している者に学士(工学)の学位を授与する。

  • 豊かな教養と自然科学・社会科学に関する基礎知識に基づき、電気電子工学分野に関わる技術者としての倫理観を高めることができる。
  • 国際的視点から、電気電子工学の観点に基づいて必要な情報を収集・分析し、自らの考えを説明することができる。
  • 電気電子工学を体系的に理解して得られる情報に基づき、論理的な思考・批判的な思考をすることができる。
  • 生産工学及び電気電子工学に関する視点から、新たな問題を発見し、解決策をデザインすることができる。
  • 生産工学の視点から、適切な目標と手段を見定め、新たなことにも挑戦し、やり抜くことができる。
  • 多様な考えを受入れ、適切な手段で自らの考えを伝えて相互に理解することができる。
  • チームの一員として目的・目標を他者と共有し、達成に向けて働きかけながら、協働することができる。
  • 経験を主観的・客観的に振り返り、気付きを学びに変えて継続的に自己を高めることができる。

カリキュラム・ポリシー
(教育課程の編成・実施の方針)

電気電子工学科において、大学および学部のディプロマ・ポリシー及び学部のカリキュラム・ポリシーに適う以下の人材養成を目的としたカリキュラムを編成する。

  • 教養科目・基盤科目・生産工学系科目等を通じて培われた教養・知識・社会性に基づき、電気電子工学分野に関わる技術者として倫理的に判断する能力を育成する。
  • 教養科目・生産工学系科目等を通じて、国際的視点から電気電子工学の観点に基づいて必要な情報を収集・分析し、自らの考えを効果的に説明する能力を育成する。
  • 電気電子工学における体系化された専門教育科目から得られる専門知識に基づき、論理的かつ批判的に思考する能力を育成する。
  • 初年次より適切に配置した基盤科目や電気電子工学に関する実技科目等を通じて培われた電気電子工学分野の技術を活用して、新たな問題を発見し、解決策をデザインする能力を育成する。
  • 生産実習を中核に据える生産工学系科目等を通じて培われた生産工学の基礎知識と経営管理を含む管理能力に基づき、新しいことに果敢に挑戦する力を育成する。
  • コミュニケーション能力を裏付ける教養科目・基盤科目・実技科目等を通じて、多様な考えを受入れ、違いを明確にしたうえで議論し、自らの考えを伝える能力を育成する。
  • 基盤科目や電気電子工学に関する実験・実習・演習科目、ゼミナール、卒業研究を通じて、新たな課題を解決するために自ら学び、自らの意思と役割を持って他者と協働する能力を育成する。
  • 基盤科目の初年次教育及び生産工学系科目のキャリア教育に関連する科目を通じて、自己を知り、振り返ることで継続的に自己を高める力を育成する。

アドミッション・ポリシー
(入学者受入れ方針)

電気電子工学科では、日本大学教育憲章に則り、自ら学び、自ら考え、 自ら道をひらく能力を有し、社会に貢献できる人材を育成します。
このため本学科では、高等学校課程までに修得した知識 ・教養・倫理観を基に、以下に示す 「求める学生像」を理解して意欲的に学修を進めていくことのできる者を求めています。

「求める学生像」

  1. 電気電子工学科での履修に必要な基礎学力を有する人。
  2. 電気電子情報通信に興味があり、ものづくりを指向し、経営・生産管理などに興味を持ち、将来、電気電子情報通信の技術者として社会に貢献することを目指す人。
  3. 具体的な目標をたて、その目標達成に向けて自ら考え、自ら道を開く能力を有する人。
  4. 他者と協働して問題解決に当たり、リーダシップを発揮し、自らをも高める努力をする人。
  5. 高い倫理観と道徳観を持ち、社会性と協調性を有する人。

なお、本学科に入学を志す者は、「求める学生像」 を理解して受験していると判断し、入学者選抜では、学力考査等により、4年間の学修に必要な知識・技能・思考力・判断力・表現力・主体性・多様性・協働性を評価します。

教員・研究室紹介

下記のリンクをクリックすると、電気電子工学科の教員と研究室をご紹介するページに移動します。

RECOMMEND CONTENTS

ものづくりに広く・深い視座を生む「教養・基礎科学」 ものづくりに広く・深い視座を を生む「教養・基礎科学」

生産工学部では、ものつくりと経営の両方がわかる技術者を育てるために、教養・基礎科学系の科目も重視しています。工学の基礎であり、応用力ともなる自然科学を充分に理解し、社会全体を幅広く、多面的に理解する力を養う科目群です。

詳しく見る

SPECIAL CONTENTS

さらに詳しく電気電子工学を知る

日本大学生産工学部では、各学科ごとにコースの詳細や、研究室などの詳細情報を掲載しているウェブサイトを開設しています。併せてご覧ください。

電気電子工学科ウェブサイトへ

生産工学部の学びを知る

生産工学部で取り組んでいる様々な研究を紹介しています。

詳しく見る

関連情報