DEPARTMENTS

数理情報工学科

各種の情報処理技術を理論・実務の両面から学び、高度情報化社会に対応できる人材を育てます。 各種の情報処理技術を理論・実務の両面から学び、高度情報化社会に対応できる人材を育てます。

数理情報工学科紹介

数理情報工学科概要

未来の工学を支える
理論と実務

数理情報工学とは、数理工学、情報工学、メディアデザイン工学といったさまざまな「情報」を扱う学問です。技術革新の早い高度情報化社会の中にあって、本学科では、新たな技術を開発する実践的能力と情報技術開発(特にソフトウェア)能力を修得した、情報処理技術者を育成します。

基礎から学び
実践力を高める段階的カリキュラム

本学科では、基礎力と問題解決能力の養成を重視した三つのコースを設置。専門性の異なる二つのコースと、JABEE認定コースである「情報工学コース」ですが、どのコースでも情報工学(コンピュータソフトウェア)の基礎理論から実践的な側面までを段階的に学ぶことができます。

多様な業界から
求められる人材に

卒業生の進路は情報通信関連各社を中心に、電機・自動車メーカーなど、専門職での就職が多い状況です。ただし高度情報化社会の中、情報系技術者へのニーズは異業種の企業でも高まってきており、多様な業界への就職が可能です。また本学科では数学と情報の教育職員免許も取得できます。

世紀がモノの氾濫の時代であったとすると、21世紀は氾濫する情報にどのように対処すべきか、ものづくりが原点であった工学にもこれが要請されています。情報に関連する技術(Information Technology、IT)に寄せられる期待の大きさは当然というべきでしょう。モノづくりによる高度成長時代に代わるものとして、今後に何かを期待するとしたら、ITが今やその最たるものの一つであることは間違いありません。

情報処理技術者の育成

当学科では、この技術革新の早い高度情報化社会の中核で活躍できる情報処理技術者の育成を目指し、実践力とともに基礎力と問題解決能力の養成を重視した三つのコースを設置しています。どのコースでも情報工学(コンピュータソフトウェア)の基礎理論から実践的な側面までを学ぶことができます。

情報工学コース

情報工学コースはこの情報工学に焦点を絞った少人数の習熟達成度重視の教育を特徴とし、数理情報システムコースでは周辺学際領域をも視野に入れた広範な教育が用意されています。メディアデザインコースでは「魅力的な表現で、役に立つ情報を、必要とする人に提供する」ための情報の分析・処理・表現の全般に関するデザイン技術の習得ができます。人材を募り新時代の教育体系による新時代の技術者を育成したい――これは当学科の願望であり、また、21世紀に追うべき責務と考えています。

選べるコース

シミュレーション・データサイエンスコース

自然・社会現象、携帯電話や情報ネットワークなどさまざまなシステムの数理モデル化やデータ解析、シミュレーション技術などが学べます。
また、プログラミングの演習から人工知能(AI)までを含んだ情報工学の基礎能力も身につけることができます。

卒業後の進路

自動車、電機等製造業での研究開発部門、IT関連企業のソフトウェア開発部門や中学・高校の数学などの教員として活躍します。

メディアデザインコース

従来までの「情報の解析・処理」の技術ではなく、「情報を魅力的に表現する」技術を中心に学びます。どのメディアを用いてどのように表現すれば、情報を必要とする人にわかりやすく、効果的に伝えられるのかといった、深い視点で考えられる技術者を育成します。具体的には、CG、Web、画像処理、コンピュータゲーム等の技術が学べます。

卒業後の進路

ゲーム、インターネットサービス、劇場の空間演出、システム開発等をはじめとする、ITに関わるクリエイティブで多様な分野に活躍の場は広がっています。

コンピュータサイエンスコース

このコースでは、情報工学分野に焦点を絞り、ソフトウェア開発といった実践的側面を兼ね備えたコンピュータサイエンスの教育を目的としています。特にインターネットやマルチメディア、知的情報処理といったソフトウェアの技術を修得することができます。

卒業後の進路

電機メーカーや情報通信関連企業のソフトウェア開発部門、半導体設計、金融機関のシステム開発部門などで活躍します。

在学生からのメッセージ

Webに関する知識を身に付ける Webに関する知識を 身に付ける

数理情報工学科 メディアデザインコース

坪村 佳奈(大阪府出身)

詳しく見る

就職・資格について

目指す資格

  • 教職員免許(情報・数学)
  • 情報処理技術者(ITパスポート試験・基本情報技術者・応用情報技術者)
  • CGエンジニア検定
  • CGクリエーター検定
  • Webデザイナー検定
  • 画像処理エンジニア検定
  • 計算力学技術者
  • 統計検定(2級)
  • 人工知能検定(G検定・E資格)

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【数学】(1種/教職課程を履修)
  • 高等学校教諭免許状【数学】(1種/教職課程を履修)
  • 高等学校教諭免許状【情報】(1種/教職課程を履修)

就職業種

令和2年度分類別就職状況(令和3年3月31日現在)
  1. 情報通信業 40.3%
  2. 製造業 17.3%
  3. 進学 14.4%
  4. サービス業 12.2%
  5. 教育・学習支援業 4.3%
  6. 運輸業 2.2%
  1. 卸・小売業 2.2%
  2. 公務 2.2%
  3. 金融・保険業 1.4%
  4. 建設業 0.7%
  5. 電気・ガス/熱・供給/水道業 0.7%
  6. 不動産業 0.7%
  7. 飲食店・宿泊業 0.7%
  8. 医療・福祉 0.7%

おもな就職先

日本電気(株)(NEC)/(株)インターネットイニシアティブ/Sky(株)/本田技研工業(株)/富士通(株)/(株)東芝/ルネサスエレクトロニクス(株)/セガゲームス(株)/アルプスアルパイン(株)/富士ソフト(株)/日立Astemo(株)/東京地下鉄(株)/三菱総研DCS(株)/栃木県警察/千葉県教育委員会

教育研究上の目的・ポリシー

学科における人材の養成
その他の教育研究上の目的

IT(情報技術)並びにICT(情報通信技術)が、既存の生産活動並びにビジネスの仕組みを大きく変えるエンジンであるという認識に立ち、インターネットの活用法、各種プログラミング技法、ソフトウェア構築法などの情報処理能力、並びにシステム工学・数理工学に裏付けられた問題発見・解決能力を習得した人材を養成する。

ディプロマポリシー
(学位授与の方針)

数理情報工学科において、日本大学の目的及び使命、日本大学教育憲章、学部教育目標、本学部のディプロマ・ポリシー及び各学科の教育研究上の目的に基づいた教育課程により、数理情報工学科のディプロマ・ポリシーの項目を修得している者に学士(工学)の学位を授与する。

  • 豊かな教養と自然科学・社会科学に関する基礎知識に基づき、数理情報工学分野に関わる技術者としての倫理観を高めることができる。
  • 国際的視点から、数理情報工学の観点に基づいて必要な情報を収集・分析し、自らの考えを説明することができる。
  • 数理情報工学を体系的に理解して得られる情報に基づき、論理的な思考・批判的な思考をすることができる。
  • 生産工学及び数理情報工学に関する視点から、新たな問題を発見し、解決策をデザインすることができる。
  • 生産工学の視点から、適切な目標と手段を見定め、新たなことにも挑戦し、やり抜くことができる。
  • 多様な考えを受入れ、適切な手段で自らの考えを伝えて相互に理解することができる。
  • チームの一員として目的・目標を他者と共有し、達成に向けて働きかけながら、協働することができる。
  • 経験を主観的・客観的に振り返り、気付きを学びに変えて継続的に自己を高めることができる。

カリキュラム・ポリシー
(教育課程の編成・実施の方針)

数理情報工学科において、教育目標を踏まえ、学部のディプロマ・ポリシー及び学部のカリキュラム・ポリシーに適う以下の人材養成をするため、4年間を通じて、教養、基盤(基礎)、生産工学系、及び専門教育で構成される体系的なカリキュラムを編成し実施する。
また、各科目における教育内容・方法、成績評価方法、及び評価基準をシラバス等で明示し学生に周知した上で、公正かつ厳正に評価を行う。

  • 教養科目・基盤科目・生産工学系科目等を通じて培われた教養・知識・社会性に基づき、数理情報工学分野に関わる技術者として倫理的に判断する能力を育成する。
  • 教養科目・生産工学系科目等を通じて、国際的視点から数理情報工学の観点に基づいて必要な情報を収集・分析し、自らの考えを効果的に説明する能力を育成する。
  • 数理情報工学における体系化された専門教育科目から得られる専門知識に基づき、論理的かつ批判的に思考する能力を育成する。
  • 初年次より適切に配置した基盤科目や数理情報工学に関する実技科目等を通じて培われた数理情報工学分野の技術を活用して、新たな問題を発見し、解決策をデザインする能力を育成する。
  • 生産実習を中核に据える生産工学系科目等を通じて培われた生産工学の基礎知識と経営管理を含む管理能力に基づき、新しいことに果敢に挑戦する力を育成する。
  • コミュニケーション能力を裏付ける教養科目・基盤科目・実技科目等を通じて、多様な考えを受入れ、違いを明確にしたうえで議論し、自らの考えを伝える能力を育成する。
  • 基盤科目や数理情報工学に関する実験・実習・演習科目、ゼミナール、卒業研究を通じて、新たな課題を解決するために自ら学び、自らの意思と役割を持って他者と協働する能力を育成する。
  • 基盤科目の初年次教育及び生産工学系科目のキャリア教育に関連する科目を通じて、自己を知り、振り返ることで継続的に自己を高める力を育成する。

アドミッション・ポリシー
(入学者受入れ方針)

数理情報工学科では、日本大学教育憲章に則り、自ら学び、自ら考え、自ら道をひらく能力を有し、社会に貢献できる人材を育成します。また、本学科では、高等学校課程までに修得した知識・教養・倫理観を基に、以下に示す「求める学生像」を理解して意欲的に学修を進めていくことのできる者を求めています。

「求める学生像」

  1. 豊かな知識・教養を身につけて高い倫理観をもって高度情報化社会に貢献することを目標とし、その目標に向かって自ら継続的に学修する意欲をもつ人。
  2. 問題発見及びその解決のために、必要な情報を数理工学、情報工学、メディアデザイン工学を活用し、収集・分析し、自らの思考力をもって、自らの考えをまとめ、表現しようと努力する人。
  3. グループやチームをとおして自己を高め、さらに挑戦することや振り返ることの必要性を理解した上で、経営や生産管理ができる情報処理技術者になろうとする人。

なお、本学科に入学を志す者は、「求める学生像」 を理解して受験していると判断し、入学者選抜では、学力考査等により、4年間の学修に必要な知識・技能・思考力・判断力・表現力・主体性・多様性・協働性を評価します。

教員・研究室紹介

下記のリンクをクリックすると、数理情報工学科の教員と研究室をご紹介するページに移動します。

RECOMMEND CONTENTS

ものづくりに広く・深い視座を生む「教養・基礎科学」 ものづくりに広く・深い視座を を生む「教養・基礎科学」

生産工学部では、ものつくりと経営の両方がわかる技術者を育てるために、教養・基礎科学系の科目も重視しています。工学の基礎であり、応用力ともなる自然科学を充分に理解し、社会全体を幅広く、多面的に理解する力を養う科目群です。

詳しく見る

SPECIAL CONTENTS

さらに詳しく数理情報工学を知る

日本大学生産工学部では、各学科ごとにコースの詳細や、研究室などの詳細情報を掲載しているウェブサイトを開設しています。併せてご覧ください。

数理情報工学科ウェブサイトへ

生産工学部の学びを知る

生産工学部で取り組んでいる様々な研究を紹介しています。

詳しく見る

関連情報