日本大学生産工学部日本大学生産工学部

menu

技術者育成に関する取り組み(生産実習、学科横断型プログラムなど)

生産工学部では、生産工学系科目を全学科に設置しています。人・もの・資金の投入を最小限に抑え、生産プロセス(工程)を合理化して、コストパフォーマンス向上(価格を抑えて品質を上げる)を図る管理技術を修得するとともに、キャリア形成のために必要な実社会を経験し、社会人基礎力を身につけます。


生産実習

生産実習は、産学連携による人材育成の一形態であるインターンシップ制度のさきがけとして、学部創設時からの長い歴史と経験で培われた実績を持っています。


生産実習とは?

生産実習の目的は、「大学における基礎理論や演習・実験などの学習と並行して、企業あるいは学外研究機関等において所定の期間の実習を体験することにより、専門的知識と実践技術との密接な関連を学び取り、豊かな独創性・実践力ある工学技術者等を育成する」こと。2週間から1ヶ月、企業や官公庁で実習を行います。


どんなところで実習するの?

主な実習は企業や公庁で行うことになります。一般に、実習先となる企業・役所等は業務繁忙なところが多く、2週間から1ヶ月の短期間といえども、未経験の学生を受け入れることは、指導していただく社員・職員の方々にとって負担になることが多いと予想されます。

 

それでも実習を受け入れてくれるのはなぜでしょうか。「自分たちも先輩から育ててもらった」「若い世代を育てるのは自分たちの社会的責任」「企業の社会貢献活動の一つ(フィランソロフィー)」「企業PRとイメージの向上」など、理由はさまざまでしょう。

 

いずれにしても、生産実習というすばらしい機会をいただくことで、理論と実践の両方を理解した技術者としてのベースが培われていくのです


日本技術者教育認定機構(JABEE)

日本技術者教育認定機構(JABEE:Japan Accreditation Board for Engineering Education)は、理工系・農学系大学における技術者教育プログラムの審査と認定を統一された基準のもとに行うもので、1999年11月に設立されました。

 

この技術者教育プログラム認定の目的は、教育の質を高め、わが国の技術者教育の基準に関して国際的な基準との同等性を確保することにあります。つまり、JABEEの審査を受け、要求する基準を満たしていることが認定されれば、その教育プログラムは国際水準にあることを認められたことになります。

 

生産工学部では、電気電子工学科、土木工学科、応用分子化学科、数理情報工学科の4学科にJABEE認定コースが設置されています。これらのコースは、JABEEが定めた学習・教育到達目標を含む独自の学習・教育到達目標を設定しており、国際的に通用する技術者を育てるための教育を行います。


JABEEの学習・教育到達目標

  1. 地球的視点から多面的に物事を考える能力とその素養
  2. 技術が社会や自然に及ぼす影響や効果、及び技術者が社会に対して負っている責任に関する理解
  3. 数学及び自然科学に関する知識とそれらを応用する能力
  4. 当該分野において必要とされる専門的知識とそれらを応用する能力
  5. 種々の科学、技術及び情報を活用して社会の要求を解決するためのデザイン能力
  6. 論理的な記述力、口頭発表力、討議等のコミュニケーション能力
  7. 自主的、継続的に学習する能力
  8. 与えられた制約の下で計画的に仕事を進め、まとめる能力
  9. チームで仕事をするための能力
関連ページ

JABEE


グローバル・ビジネスエンジニア人材育成プログラム(Glo-BE)

日本大学生産工学部では、グローバル・ビジネスエンジニア人材育成プログラム「Glo-BE(グロービィ)」を実施しています。Glo-BEは、2つの通年授業で構成されています。


グローバル・ビジネスエンジニアリング

チームで課題を解決するなど、実践を多用したプロジェクト型演習です。海外で活躍する人のリアルな体験談を聞く機会や、グローバル企業への訪問調査を行います。希望者には海外研修を通しての異文化体験も。さらに、グローバル時代のビジネスパーソンとしての心構え、ビジネスマナーやビジネス思考の習得、キャリア意識まで身につきます。


英語トレーニング/英語コミュニケーション

英語の授業は、通常の大学では望めない少人数制で実施しています。140年の歴史を持つ世界的な英会話のプロ、ベルリッツのネイティブ講師から、実践英語を学びます。さらに、TOEIC®受験指導のプロ講師によるTOEIC®対策の特別講演も年2回予定されています。
※英語の授業は、生産工学部とベルリッツが連携して実施しています。


事業継承者・企業家育成プログラム(Entre-to-Be)

「親の会社をいずれ継ぐことになる」「将来は自分の会社を持ちたい」など事業継承者、企業家をめざす人材に必要なスキルを身につけるプログラムです。日本大学生産工学部と日本大学商学部による学部連携プログラムで、リーダーシップと創造性をもつ、経営能力のあるエンジニアを育てます。また、外部支援組織「かながわサイエンスパーク」との産学連携プログラムも行っており、より実践力の高い教育を提供しています。


4年を通して一貫した経営者マインド育成

1年次:「経営の今を知る」

  • 経営(マネジメント)の各分野の基本を理解し、実践としての応用例に触れる。
  • 経営(マネジメント)の現場で使うスキルを学ぶ。

2年次:「事業の将来像を描く」

  • 企業経営のダイナミクス、事業継承、経営革新などの諸課題について、深く考える。
  • 実際の事業計画書の作成と企業経営者からの評価を受けるなどのアクション(実践行動)を通じて、企業家(創造的経営者)マインドを強化する。

3年次:「実践力を磨く」

  • 生産実習(インターンシップ)を通じて、経営の現場での課題を洞察する。
  • 企業のニーズに応じた「経営」および「経営者」行動を修得する。

4年次:「将来像を構築する」

  • 卒業研究で、さらに課題解析を進める。
  • 就職活動を通じて、キャリアアンカー(職業人としての将来像)を構築する。
関連ページ

Entre-to-Be


ロボットエンジニア育成実践プログラム(Robo-BE)

これからの社会で活躍が期待されるロボット技術を 「触れる」「創る」「企画する」という流れを段階的に学び、 研究センターで知識を深めることで創造性と実用性を兼ね備えた ロボット技術者のエキスパートを育成します。


1年次:ロボットに「触れる」

1年次は直接ロボットに触れ、「動かす」そして「作る」ことにより、 ロボットの仕組みと、動かす上で必要なセンサーや制御等について体得していきます。


2年次 ロボットを「創る」

2年次はロボット創造に必要な数学、物理、コンピュータに関する基礎を、 簡単な演習を交えて修得していきます。


3年次 ロボットを「企画する」

3年次はマーケティングの基礎を学んだ上で、1年次および2年次に習得した ロボットエ学の知識・技術を活用し、現実の二ーズに即したロボット開発を行います。 その際に、現状で可能な開発のみならず、 将来的に可能な開発という視点からもアイディアの創出を行います。


4年次 以降

研究センターでの教員指導卒業研究や、大学院に進学し教員指導修士研究で知識を深めていきます。


好奇心からイノベーションへつなげるモノづくり人材育成プログラム (STEAM-to-BE)

科学・技術・工学・数学=「STEM」に加え、芸術=「A(Art+design)」のもつ創造的な力を加えたものが「STEAM教育」です。本プログラムでは、観察力や想像力、表現力が身につくメニューを揃え、問題を発見して解決するスキルを高めていきます。


1年次 「つくりかたマップ」

創造的スキルのうちの観察力、想像力、表現力を磨くことが目標です。これを実現するために論理的思考法を使ったアイディア出しと思考、電子工作キットの利用やレーザーカッタ、3Dプリンタなどを使った試作方法についても学びます。また、教員からスケッチやディスカッションの指導を受けながら課題に取り組みます。


2年次 「なんでもつくるジム」

2年次の目標は、商品の提案力とその魅力をアピールする伝達力です。具体的な課題に取り組むことで、問題発見の場面では洞察、観察および共感を通じてコンセプトを打ち立てることができます。また、解決策提案の場面では協働するメンバーとディスカッションや製作作業を効果的に進め、完成度の高い成果を創造できるようになります。


3年次 「チャレンジ・ハッカソン」

企業等と共同で開催される技能やアイディアを競い合う開発イベント(ハッカソン)に参加。2年間の学習成果を活かしながら、アイディアの創出、プレゼンテーションなどを実践します。


生産工学部概要

ページトップへ