好奇心からイノベーションへつなげるモノづくり人材育成プログラム STEAM TO BE【スチームトゥービィ】

創造的な視点で、問題を発見し、発想する。
モノづくりの新しいプログラムが始まります。

イノベーションを創出し、経済を成長させるためには、科学・技術・工学・数学=「STEM」が重要な役割を果たします。
しかし、そこにはもう一つの要素が足りません。それが「芸術」(Art+design)のもつ創造的な力です。
エンジニアや科学者をはじめ、幅広い業界で創造的な人材が求められている今こそ、「A」を加えた「STEAM教育」が大切なのです。
主に左脳を使う「STEM」とは違い、「A」は右脳を活用します。そのために、このプログラムでは観察力や想像力、表現力が身につくメニューを揃え、問題を発見して解決するスキルを高めます。さらに、モノづくりの技術を結びつけて商品提案力も強化します。左脳と右脳を使いこなし、世界にまだない価値を生み出していく「ワクワク(好奇心)」を、あなたも体験しませんか。

STEMは主に左脳を使いますが、Aは右脳を活用することで実現します。
右脳を刺激し、創造的な力を身につけるために、本プログラムでは
観察+想像+表現を重要なメニューとして加えました。
3つの力を身につけることにより、問題を発見して解決する
スキルを高めるとともに、モノづくりの技術を
結びつけて商品などを提案する力を育みます。

1年次「つくりかたマップ」

創造的スキルのうちの観察力、想像力、表現力を磨くことが目標です。これを実現するために論理的思考法を使ったアイディア出しと思考、電子工作キットの利用やレーザーカッタ、3Dプリンタなどを使った試作方法についても学びます。また、教員からスケッチやディスカッションの指導を受けながら課題に取り組みます。

目標

1)観察力
目の前にあるものから情報をできるだけ意識して自分の中に取り込むことができる。
2)想像力
観察して分かったことから想像力を駆使して次のアイディアを生み出すことができる。
3)表現力
アイディアを人に伝えるために描き起こし、あるいは試作して表現することができる。
つくりかたの地図を手に入れる
共感

ユーザーを観察し、
抱える本当の課題を見つけ出す。

五感を生かしてありのままに理解する。

2年次「なんでもつくるジム」

2年次の目標は、商品の提案力とその魅力をアピールする伝達力です。具体的な課題に取り組むことで、問題発見の場面では洞察、観察および共感を通じてコンセプトを打ち立てることができます。また、解決策提案の場面では協働するメンバーとディスカッションや製作作業を効果的に進め、完成度の高い成果を創造できるようになります。

目標

4)提案力
観察力、想像力、表現力とモノづくりの技術を結びつけて商品などを提案することができる。
5)伝達力
プロモーションのための映像制作などにより、商品の魅力を効果的に伝達することができる。
問題提起

ユーザー自身も気づいていない 本当の目的を定義する。
ペルソナを活用する。

アイデア創出

定義された目的を実現するために
アイディアを量産する。

ブレインストーミングを
利用する。

試作

アイディアの価値を
確認するため、
プロトタイプを
作成する。

3Dプリンタや
レーザーカッタを使う。

プロトタイプを
使用してもらい、
当初の目的を
達成しているのか
検証する。

テスト
商品化

商品化に必要な費用の調達や
プロモーションについても学びます。

3年次「チャレンジ・ハッカソン」

企業等と共同で開催される技能やアイディアを競い合う開発イベント(ハッカソン)に参加。2年間の学習成果を活かしながら、アイディアの創出、プレゼンテーションなどを実践します。

ハッカソン

どんな分野においても役立つ。
柔軟な発想の持ち方を学んでほしい。

アートというと美術館で見るもの、劇場で楽しむものと思いがちですが、STEAMにおけるアートは違います。私たちの世界を見つめ、思索し、表現して再び世界に問いかけるアートの姿勢に注目するのです。近年、企業間のコラボや協働など価値観の大きな変化が起きている中、これから求められるのは、既成概念にとらわれず、新しい発想で、新しい価値を作り、新しいニーズを開拓できる人材だと思うからです。その育成こそがプログラムの目的であり、そのために不可欠なのがアートの力なのです。座学にとどまらず、創作スペース「未来工房」で3Dプリンタを駆使したり、意見交換したり、モノづくりの醍醐味が詰まった誰もが夢中になれる楽しいプログラムです。柔軟な発想力や課題解決力を身につけることで、各専門分野に変化を生み出し、自身が所属する学科での学びそのものもレベルアップするはずです。将来の夢や目的がまだ定まっていなくてもいい。無限の可能性のタネを見つけましょう。

Q&A

通常の授業との違いって何ですか?

各学科の授業では、STEMすなわち科学、技術、工学、数学への理解とこれらを使いこなして一つの答えを導く力を養います。いわば左脳を使うトレーニングです。一方で、このプログラムでは問題を発見して解決するために必要な観察力や想像力、表現力を身につけることに力を入れています。これは右脳のトレーニングです。全学科の学生が集まることで、課題に対する視点や考え方の違いを知り、答えが一つではないことを学ぶとともに、相乗効果をもたらすことも期待できます。

このプログラムならではの魅力は何ですか?

自分が所属する学科の勉強にもう一つ別の学びが加わるのではなく、所属する学科でのこれからの学びをさらに効果的に、楽しく、活性化する手立てとなるのが、このプログラムです。「創造力」というのは、限られた人ではなく、誰もが持っている潜在的な力であり、それに気づき、広げられるものです。あなたもきっと、新しい何かを考え、新しい価値を生み出すイノベーションのタネが見つかるはずです。