日本大学生産工学部日本大学生産工学部

menu

電気電子工学科

ICという小さな電子部品から大規模な発電所まで
基礎知識/専門知識を系統的・効率的に学ぶ学科です

産業構造の変革と高度情報化社会の進展に伴って、電気工学、電子工学、制御工学、情報工学、通信工学などの電気電子系工学の進歩は著しく、より専門性の高い教育が必要になってきました。

そこで本学科は、最新の工学に対応できる技術者を育てるには、専門領域ごとに密度の高い教育を行う必要があると考え、「エネルギーシステムコース」「eコミュニケーションコース」の2つのコースと「クリエイティブエンジニアプログラム」を設けました。広範な分野からなる電気電子系工学の基礎知識と専門知識を系統的に、かつ効率的に学習できるように、電気工学系、電子工学系ともに教育内容の充実を図っています。

また、あわせて経営・管理工学系の科目の設置や、「ものづくり」の生きた知識を身に付けることを目的とした実験・実習の設置にも力を入れ、多様化する時代に柔軟に対応し得る、創造性豊かな工学系技術者の育成に努めています。

なお、規定の科目を修得することにより、電気主任技術者、電気通信主任技術者や第一級陸上無線技術士の資格が取得できます。また、「クリエイティブエンジニアプログラム」はJABEE(日本技術者教育認定機構)認定のカリキュラムとなっています。


学びのポイント:電気電子工学のここが面白い

数多くの分野で活かされ社会を支える

ICから電気自動車のモータ、発電所やインターネットなど、電気電子工学は、数多くの分野で活かされています。その内容は電気工学や電子工学、制御工学、コンピュータサイエンス、通信工学などに分かれ、それぞれ時代の進歩や産業構造の変化に合わせて発展しています。

段階的・効果的に学習するためのカリキュラム

多くの分野からなる電気電子工学を学ぶには、その学習方法が鍵となります。基礎知識から専門知識を段階的かつ効果的に学ぶため、本学科では独自のカリキュラムで教育内容の充実を図っています。また、実験・実習にも力を入れ、密度の高い教育・研究を実現しています。

学びの多様性は卒業後の進路につながる

幅広い学びは、卒業後の就職にもつながっています。本学科の就職は製造、情報通信、サービス、建設など、他学科に比べて多様な業界へ広がっているのが特徴。4年間の学び・研究の内容に合わせて、さまざまな業界・企業を目指したり、大学院進学への道も開かれています。


エネルギーシステムコース

電気エネルギーはとても扱いやすいのが特長です。発電所で大量の電気を発生させ、エネルギー需要の高い都市まで送り、熱や動力の源として使うことができます。このコースでは電気を作り、輸送し、利用することを中心に学びます。また、電気主任技術者、基本情報技術者などの資格取得を目指します。

卒業後の進路

将来、電力会社・電気設備・新エネルギー・環境関係に進みたい人に向いています。


eコミュニケーションコース

パソコンや携帯電話の普及により、世界はインターネットによって繋がれています。インターネットでは電気・電波・光などを利用した情報通信ネットワークを使って文字・画像・音声などの情報が交換されています。このコースでは情報通信を支えるエレクトロニクス・情報技術など、電子を使うことを中心に学びます。通信主任技術者、第一級陸上無線技術士、基本情報技術者などの資格取得を目指します。

卒業後の進路

将来、通信・コンピュータ・エレクトロニクスなどの分野に進みたい人に向いています。


クリエイティブエンジニアプログラム

このコースではJABEE基準に基づいて電気・電子工学の中核となるエネルギー・エレクトロニクス・情報通信全般を学習するコースです。ナノテクノロジや医用電子工学といった社会の最新ニーズに対応した科目も学びます。また、技術士の資格取得を目指します。このプログラムは両コースの学生が受講できます。

卒業後の進路

国際的に活躍する技術者を目指す人、技術士を目指す人に向いています。

関連ページ

目指す資格

  • 電気主任技術者(認定校)
  • 電気通信主任技術者(認定校)
  • 第一級陸上無線技術士(認定校)
  • 電気工事士
  • 基本情報技術者 ITパスポート試験
  • 特殊無線技士
  • エネルギー管理士
  • 建築設備士
  • 工事担任者(アナログ、デジタル)
  • 教育職員免許(理科・工業)

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【理科】(1種/教職課程を履修)
  • 高等学校教諭免許状【理科】(1種/教職課程を履修)
  • 高等学校教諭免許状【工業】(1種/教職課程を履修)

就職業種

平成27年度分類別就職状況(平成28年3月31日現在)

  1. 建設業 33.8%
  2. 製造業 21.6%
  3. サービス業 15.1%
  4. 情報通信業 13.7%
  5. 進学 6.5%
  6. 卸・小売業 5.0%
  7. 運輸業 1.4%
  8. 公務員 1.4%
  9. 電気・ガス・熱・供給・水道業 0.7%
  10. 飲食店・宿泊業 0.7%

おもな就職先

  • 日本海洋掘削株式会社
  • 戸田建設株式会社
  • 西松建設株式会社
  • 鹿島建設株式会社
  • 株式会社安藤・間
  • NECネッツエスアイ株式会社
  • 株式会社関電工
  • 日本電設工業株式会社
  • 新日本建設株式会社
  • 太平電業株式会社
  • SMC株式会社
  • 株式会社荏原製作所
  • 三浦工業株式会社
  • 小池酸素工業株式会社
  • 日本無線株式会社
  • 電気興業株式会社
  • 池上通信機株式会社
  • 日本空調サービス株式会社
  • リオン株式会社
  • スズキ株式会社
  • 昭和電線ホールディングス株式会社
  • 文化シヤッター株式会社
  • 株式会社コロナ
  • 東京地下鉄株式会社
  • 東日本旅客鉄道株式会社
  • 山九株式会社
  • 応用地質株式会社
  • 一般財団法人関東電気保安協会
  • 国土交通省関東地方整備局
  • 茨城県庁

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

電気電子工学科は、日本大学の目的及び使命、学部教育目標、本学部のディプロマ・ポリシー及び本学科の教育研究上の目的に基づいた教育課程により、以下のディプロマ・ポリシーの項目を修得している者に学士(工学)の学位を授与する。

  • 電気・電子・情報通信の分野を理解するために必要な数学・物理、自然科学の基礎知識などを持ち、倫理観を高めることができる。
  • 国内外で通用する国際感覚を有し、自ら考え、説明することができる。
  • 電気・電子・情報通信分野の専門知識を体系的に理解するとともに、獲得した情報に基づき論理的かつ批判的な思考を展開することができる。
  • 電気・電子・情報通信の生産活動において、持てる工学的知識を活用して問題を発見し、その解決策を提示することができる。
  • 社会の要求を的確に理解し、問題を解決できる電気電子情報技術者としての能力及び経営管理能力を有し、それらを利用して新しい課題に挑戦することができる。
  • グローバルな視点に立って問題を把握し、自らの考えを伝えることが出来る。
  • 修得した知識・技能・学習経験を総合的に活用し、生産および製造(ものつくり)において他者と協働しリードすることができる。
  • 自己を客観視し、自らの思考・行動について内省することにより、自己を高めることができる。

カリキュラム・ポリシー

電気電子工学科において、大学および学部のディプロマ・ポリシー及び学部のカリキュラム・ポリシーに適う以下の人材養成を目的としたカリキュラムを編成する。

  • 国内外の政治・経済・歴史や自然科学などに関する基礎的事項を理解する能力、倫理観を身につけるために、自主創造の基礎、基礎科学・教養科目、専門科目などを編成する。
  • 英語を含む関連資料を収集・読み・理解する能力、国際的に十分なコミュニケーション能力と議論する能力を養うように編成する。
  • 電気・電子・情報通信分野の基礎知識と要素技術を修得し、活用できる能力を養うため、電磁気学、回路理論、電子回路および情報処理等を体系的に配置する。
  • 社会に通用する電気電子に関する基礎的な技術力を修得し、社会の課題を発見・理解し、それを解決するための立案、設計、製作、実行、評価する能力を身につけるように、実験実習、ゼミナール、卒業研究等を編成する。
  • 生産工学系科目の学修を通し生産管理技法を修得する。また、生産実習(インターンシップ)や実験実習科目の学修を通し製造技術の修得し、社会における電気・電子・情報通信分野の位置付けを理解し、新しい技術開発に取り組むことができる能力を養うように編成する。
  • 国内外の政治・経済・歴史や自然科学などに関する基礎的事項や違いを理解した上で、相互理解をおこなうことができるように、基礎科学・教養科目、専門科目などを編成する。
  • 新たな課題を発見・理解しそれを解決するための立案、設計、製作、実行、評価する能力を身につけるように実験実習、ゼミナール、卒業研究等を編成する。また、これらの科目の履修を通してチームワーク力を身につけることができる。
  • 社会の要求を的確に理解し社会人として倫理観を持ち問題を解決する能力を身につけ、自ら高めることができるように、技術者倫理、産業関連法規、キャリア教育、プロジェクト演習、電気電子設計等を編成する。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れ方針)

電気電子工学科では、生産工学部のアドミッション・ポリシーに則り、自ら学び、自ら考え、 自ら道をひらく能力を有し、社会に貢献できる人材を育成します。
このため本学科では、高等学校課程までに修得した知識 ・教養・倫理観を基に、以下に示す 「求める学生像」を理解して意欲的に学修を進めていくことのできる者を求めています。

「求める学生像」

  1. 電気電子工学科での履修に必要な基礎学力を有する人。
  2. 電気電子情報通信に興味があり、ものづくりを指向し、経営・生産管理などに興味を持ち、将来、電気電子情報通信の技術者として社会に貢献することを目指す人。
  3. 具体的な目標をたて、その目標達成に向けて自ら考え、自ら道を開く能力を有する人。
  4. 他者と協働して問題解決に当たり、リーダシップを発揮し、自らをも高める努力をする人。
  5. 高い倫理観と道徳観を持ち、社会性と協調性を有する人。

なお、本学科に入学を志す者は、「求める学生像」 を理解して受験していると判断し、入学試験では、学力試験等により、4年間の学修に必要な知識・技能・思考力・判断力を評価します。


教員紹介

※ 下表の教員指名をクリックすると経歴や研究、論文などの詳細な情報を掲載したページに移動できます。

平成29年5月1日現在

荒巻 光利:Mitsutoshi Aramaki

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:電気数学、回路理論III
  • 研究テーマ:プラズマ分光、プラズマ理工学、レーザー冷却

伊藤 浩:Hiroshi Ito

教授・博士(情報学)

  • 主要担当科目:電磁気学I、プログラミング及び演習、イメージテクノロジ
  • 研究テーマ:画像符号化方式の開発、情報秘匿アルゴリズムの開発、情報セキュリティシステムの研究

大塚 哲郎:Tetsuro Otsuka

特任教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:電子回路Ⅱ(S)、電気電子設計(S)、超音波工学特講(大学院)
  • 研究テーマ:強力超音波音源の開発、超音波を利用した害鳥や害虫の駆除に関する研究、超音波を利用した微小物体浮揚実験

内田 暁:Akira Uchida

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:照明工学、回路理論Ⅱ、プログラミング及び演習
  • 研究テーマ:省エネルギーや環境負荷低減を考慮した照明設計手法の構築、LEDなどの固体照明光源の有効的な利用方法の提案、主観評価による快適な明るさや適切な色の解明

黒岩 孝:Takashi Kuroiwa

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:電磁気学、情報理論、光通信システム
  • 研究テーマ:フラクタル画像解析を用いた移動物体の認識に関する研究、自律システムにおける外界認識アルゴリズムに関する研究、スマートドローンの開発とITSへの応用に関する研究

小井戸 純司:Junji Koido

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:電磁気学1(S)、ディジタル信号処理、非破壊検査工学
  • 研究テーマ:電磁気を利用した金属表面の探傷、渦電流試験による鋼材の探傷における磁性ノイズの抑制

小山 潔:Kiyoshi Koyama

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:電気数学、回路理論、電子回路
  • 研究テーマ:電磁気応用計測に関する研究、構造物のヘルスモニタリングに関する研究

坂口 浩一:Koichi Sakaguchi

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:電磁気学Ⅱ、電磁気学Ⅲ、電磁波工学
  • 研究テーマ:移動体通信用小形アンテナに関する研究、小形円偏波アンテナに関する研究、環境電磁工学に関する研究

清水 耕作:Kousaku Shimizu

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:回路理論Ⅰ、半導体デバイス工学(S)、ナノテクノロジ(S)
  • 研究テーマ:半非晶質半導体のギャプ内準位と信頼性について、再生可能エネルギの有効利用法についての検討、シリコン廃材を用いた熱電変換素子の高効率化

霜山 竜一:Ryuichi Shimoyama

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:情報通信工学、制御工学(S)、コンピュータシステム
  • 研究テーマ:ウエアラブル型聴覚支援システム、音源の動きの検出に関する研究

田中 將義:Masayoshi Tanaka

特任教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:ワイヤレス通信システム、マイクロ波工学、電気数学
  • 研究テーマ:衛星通信システムの高性能化・経済化の研究、非常災害時の通信システムの研究、ワイヤレスユビキタス通信の研究

中西 哲也:Tetsuya Nakanishi

教授・工学博士

  • 主要担当科目:電磁気学、電気電子計測、医用機器工学
  • 研究テーマ:粒子線がん治療装置の研究

新妻 清純:Kiyozumi Niizuma

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:電気物性、電磁気学Ⅱ、電気電子材料
  • 研究テーマ:磁性材料の高性能化、機能性材料の開発

原 一之:Kazuyuki Hara

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:プログラミング及び演習、論理ディジタル回路(S)、情報通信ネットワーク
  • 研究テーマ:ソフトコンピューティング、情報統計力学

蒔田 鐵夫:Tetsuo Makita

特任教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:電磁気学Ⅰ(S)、電気電子設計(S)、電力輸送工学
  • 研究テーマ:電気設備の接地に関する研究、大地の電気抵抗率の分布と接地特性に関する研究

石栗 慎一:Shinichi Ishiguri

准教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:回路理論演習I、卒業研究、電気電子工学実験II
  • 研究テーマ:高温超伝導コイルの高性能化、温度に依存しない新型超伝導に関する研究、新型超伝導を利用した再生可能エネルギーについての研究

工藤 祐輔:Yusuke Kudo

准教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:回路理論I、電気電子計測I(S)、電気電子計測II
  • 研究テーマ:静電気応用に関する研究、燃料電池やレドックスフローに関する研究、光触媒に関する研究

関 智弘:Tomohiro Seki

准教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:電気数学演習(S)、電気電子工学実験IV
  • 研究テーマ:将来移動体通信システムの研究、無線電力伝送技術の研究、ミリ波通信システムの研究

加藤 修平:Shuuhei Kato

助手・博士(工学)

  • 主要担当科目:電気数学演習(S)、電気電子工学実験IV
  • 研究テーマ:電気自動車用モータ発電機・充電器の高機能化に関する研究、産業用誘導加熱高周波電源の回路方式に関する研究、太陽光発電など各種インバータの低損失化・高機能化に関する研究

矢澤 翔大:Shota Yazawa

助手・博士(工学)

  • 研究テーマ:機能性材料の開発に関する研究 酸化チタンの高機能化及び可視光応答化

※ 授業担当の専任教員を対象として掲載しています。
※ 初年次ゼミ,初年次ゼミ(S)、プロジェクト演習、プロジェクト演習(S)、ゼミナール、ゼミナール(S)、生産実習I、生産実習I(S)、生産実習II、生産実習II(S)、卒業研究、卒業研究(S)は専任教員全員で担当しています。


関連サイト

さらに詳しく電気電子工学を知る

日本大学生産工学部では、各学科ごとにコースの詳細や、研究室などの詳細情報を掲載しているウェブサイトを開設しています。併せてご覧ください。


このページのお問合せ:教務課

学科概要

さらに詳しく電気電子工学を知る

日本大学生産工学部では、各学科ごとにコースの詳細や、研究室などの詳細情報を掲載しているウェブサイトを開設しています。併せてご覧ください。

電気電子工学科ウェブサイト
ページトップへ