日本大学生産工学部日本大学生産工学部

menu

教育の特徴・カリキュラム

生産工学部のカリキュラムは、教育目標に則し、調和のとれた効果的でなおかつ一貫した教育を実現するために、「教養科目」「基盤科目」「生産工学系科目」「専門教育科目」の4つの分類による有機的な科目構成で成り立っています。

工学系の授業科目を効率よく履修するためには、基礎的なものから応用へと知識を積み重ねていくことが必要です。本学部では、1年次から4年次まで年次を追ってこれらの授業科目を受講しやすいように、有機的・体系的に設置しています。また、大学ならびに学部は正規のカリキュラム以外にも多様な学習の機会を提供しています。

大学としては、種々の留学制度や他学部の授業が履修できる相互履修制度があります。学部では、内外の著名な学者や産業界の第一線で活躍している研究者、技術者による特別講義や公開講座が毎年多数開講されています。


教養科目

総合的な視野で物事を考える能力を養うとともに、豊かな人間性を育成することを目的とした科目です。高度に情報化し、複雑化した現代社会では、手に入れた情報を吟味し批評的に考える力が必要です。その基礎として、多面的なものの見方を養います。従来の人文、社会、自然、外国語、体育の分野の枠組みをとりはずして、5つの主題科目群と総合科目とで編成しています。

教養科目のカリキュラム


基盤科目

将来的にどのような工学系の分野に就いても対応できる基礎的な知識を獲得するとともに、生涯を通じて学び続けるための基礎的な能力を養うことを目標とし、工学上の問題にアプローチする際、基本原理に立ち返って考察したり、新たに創造的な方向を模索したりするプロセスに必要な能力を養うための科目を設置しています。

共通科目と連携科目に分けて編成しています。共通科目は自然科学、英語、情報に関する基礎知識を学ぶための科目で構成し、連携科目はその後の専門的な学びに活かすための科目で構成しています。

基盤科目のカリキュラム


生産工学系科目

本学部の特徴の一つでもある経営・管理が理解できる技術者を育成することを目的に学部創設時より設置している授業科目です。

経営・管理系の生産工学科目とその総合的演習として位置づけられる生産実習が開講され、「生産実習」は、大学で学んでいる知識が社会でどのように利用されているかを、企業や公的機関等における実習体験から学び取り、総合的知見に富んだ技術者を育てることを目標にしています。

生産工学系科目のカリキュラム


専門教育科目

工学教育の各分野に不可欠な専門科目で、専門工学科目と実技科目に分けて編成しています。専門工学科目は専門教育の講義を主体とする科目で構成し、実技科目は実験実習・設計製図など体験的学習を通じ、講義を理解し応用力をつけるための総合科目で構成しており、卒業研究、ゼミナールなども含まれています。各学科内のコースに特徴的な科目も設置しています。

専門教育科目のカリキュラム


専門教育の特徴

生産工学部の専門教育は、専門工学の高度化と学際化に対応して、基礎重視型教育に転換する一方で、コース制の導入による個性化教育を行っています

  1. コース制により専門教育の多様化を図り、学生の個性と応用能力を養うとともに、少人数による教育効果の向上を目指しています。また、電気電子工学科、土木工学科、応用分子化学科並びに数理情報工学科ではJABEE認定コースを設置しています。
  2. 所属する学科の専門知識に留まることなく、幅広い視野を育むという視点から、他の専門分野の学科目について履修し単位を取得した場合、所属学科の専門教育科目の単位として認定する制度を用意しています。
  3. コンピュータネットワークの整備とコンピュータ教育の強化により高度情報化社会で必要とされる技術者を育成します。

資料・カリキュラムのダウンロード(PDF形式)

学習の手引き


教養科目・基礎科学科目

※ 入学年度によってカリキュラムが異なります。下部のタブを選択して項目をダウンロードしてください


生産工学系科目 専門教育科目

※ 入学年度によってカリキュラムが異なります。下部のタブを選択して項目をダウンロードしてください


生産工学部概要

ページトップへ