日本大学生産工学部日本大学生産工学部

menu

教養・基礎科学系

教養・基礎科学系のポイント

人間として自立できる力を養う教養科目

人間的魅力を備えた信頼される社会人を育成するために、さまざまな科目が設置されています。それらの科目を継続的に学ぶことで、多面的で幅広い視点を確保することを目指します。人間をとりまくさまざまな問題を理解し、考察することで、論理的思考力・モラルやコミュニケーション力などを身につけ、人としての幅を広げて技術者として社会で活躍するための素養を築いていきます。


工学を学ぶための基礎体力となる基盤科目

将来的にどのような工学系の分野に就いても対応できるよう、自然科学、情報、英語を含むあらゆる分野を網羅し、専門科目を学ぶ際に各学科間で共通となる幅広い基礎学力を構築します。これらの科目で学ぶことは、4年間の学びをスムーズにするだけではなく、工学上の問題にアプローチする際に基本原理に立ち返って考察したり、新たに創造的な方向を模索するプロセスで大切な力となります。


主体的に学ぶ姿勢を身につけ専門科目に活かす

必修科目として「初年次ゼミ」と「2年次ゼミ」を設置。教員と学生、学生同士の繋がりを深めながら、主体的に学ぶ方法を身につけ、生涯、学び続ける力を養います。また自分の専門領域とそれをとりまく学問領域の関連性を理解していきます。学習内容が工学においてどう役立つのかを理解し、専門分野へと発展させるため、教養科目・基盤科目と専門学科の科目との連携が図られています。


教養科目の紹介

多面的なものの見方が工学分野における創造性を発揮する力になります

教養教育のねらいは、人間の多様な価値を認める力を養い、総合的な視野で多面的なものの見方ができる能力を身につけることにあります。高度に情報化し、複雑化した現代社会では、手に入れた情報を吟味し批評的に考える力が必要です。そのために多面的なものの見方が必要になるのです。

教養科目では、ある特定の学問のみにとらわれることのない、自由で主体的な知的探求の意義に目覚めていくことが必要です。単に幅広いだけの知識の修得をすすめるものでもなく、全体像を、より的確に把握していくための視点を持つことが大切です。

教養教育がめざしているものは、自己と自己を取り巻く世界と、そこに展開するすべての知的活動へ目を向け、それを改めて問い直してみる姿勢を培うことなのです。それが、工学分野での創造性を発揮する土台になります。

教養科目は、各科目が5つの主題科目群と総合科目などに分けられ、総合的なものの見方を養っていけるように科目を配置しています。


教養科目のカリキュラム概要

教養系の科目は、5つの主題に属する科目群と、主題を横断する総合科目群で構成されています。主題をまたがって興味ある科目をそれぞれ選択したり、一つの主題について集中して履修したりなど、自由に選択することができます。

主題「科学の思想」

過去・現在・未来の自然のありさまや我々を取り巻く生態系、さらには現代科学の現況とその基盤を深く探って、科学の様々な問題をつとめて学際的に考えていきます。目標は、科学を大局的な視点から捉えられるようになることです。そして、自分が学ぶ専門分野とそれ以外の分野との関わり、さらには社会との関わりを理解した上で、身につけた技術をどのように社会に生かしていくかを意識するようになることを目指します。

主題「人間学」

自分の生き方を探り、自己を確立し、さらに社会における自己の役割を認識し、人生をより良く生きるために不可欠な科目です。人間の本性や心理についての理論、人間が犯した過ちと成功の軌跡、人間が構築した社会の歪みと進化の記録、人間の創造活動などを幅広く知ることで、複眼的視野を獲得し普遍的真理を発見できるでしょう。

主題「現代社会の諸相」

グローバル化の進む現代社会において、私たちには国際的視野に立ち、必要な情報を幅広く収集・分析した上で必要に応じ統合し、活用する能力が求められています。経済・社会・政治・法学といった社会科学の諸分野から、国内外の社会的システムを多角的に理解し、グローバル化社会における人間の営みを幅広く学んでゆくことを目的としています。

主題「健康科学」

我が国は世界一の長寿国といわれるものの、すべての人が健康で充実した時を過ごしているわけではなく、運動不足や不適切な食事の増加による生活習慣病の増加が大きな問題となっています。講義科目「健康と運動の科学」では、健康の維持・増進に必要な生活スタイル・生活習慣病・身体の運動機能について学びます。実技科目「スポーツ」では、自己の体力を測定して現状を認識し、適度な運動を継続する習慣を身につけ、生涯にわたり体力を維持・増進させる能力を養います。

主題「言語」

「日本語表現法」では、表現力向上のためのスキルを身につけた上で、論理的な思考能力を養います。自分の考えを具体的にまとめ、説得的に表現する力を身につけます。「初習外国語」では、英語以外の外国語の基礎を学び、簡単なコミュニケーションができるようになることを目指します。言葉の学習と同時に、異文化に対する知識や理解を深めながら、異なるものの見方や価値観、幅広い視野や思考を養います。

総合科目

総合科目のカテゴリーには、学問の専門領域を超えて考える能力を養うための科目が置かれています。少人数で学生参加型の「教養課題研究」や、担当教員が時間によって入れ替わる「総合科目」があります。「教養課題研究」は、講義科目とは異なり少人数で行われ、学生が指導教員と親しく接する機会を持つことによって、効果的な学習ができるように配慮されています。「総合科目」は、取り上げられたテーマについて横断的に学び、さまざまな学問の体系のなかで、どのように位置付けられているかを俯瞰的にとらえる科目です。知識を統合する思考力が求められ、教養の実践力をあらためて認識する重要な役割をもっています。

留学生科目

この科目は留学生のみが履修できます。ここでは、留学生の日本語の能力をよりいっそう磨いていくと共に、広く日本の文化、社会、生活、習慣などの特色を知ることによって、大学の教育課程におけるスムーズな知識修得の土台を作ります。


教養科目の授業担当者および研究テーマ一覧

※ 下表の教員指名をクリックすると経歴や研究、論文などの詳細な情報を掲載したページに移動できます。

平成28年5月1日現在

内堀 朝子:Asako Uchibori

教授・Ph.D. (Linguistics)

  • 主要担当科目:プラクティカルイングリッシュⅠAⅡA、プラクティカルイングリッシュⅢⅣ、技術者英語特講B
  • 研究テーマ:自然言語(日本語、日本手話など)の統語論研究

木内 徹:Toru Kiucih

教授・博士(国際関係)

  • 主要担当科目:プラクティカルイングリッシュⅠAⅡA、プラクティカルイングリッシュⅢⅣ
  • 研究テーマ:アフリカ系アメリカ文学

清水 明美:Akemi Shimizu

教授

  • 主要担当科目:日本語表現法 文学 教養課題研究
  • 研究テーマ:古代文学、萬葉集の歌語、大伴家持の歌表現

中條 清美:Kiyomi Chujo

教授・学術博士

  • 主要担当科目:プラクティカルイングリッシュⅠAⅡA
  • 研究テーマ:コーパス言語学、 英語教育

山形 治江:Harue Yamagata

教授

  • 主要担当科目:芸術学、教養課題研究
  • 研究テーマ:古代ギリシャ悲劇の上演研究

横田 賢司:Kenji Yokota

教授・博士(言語文化学)

  • 主要担当科目:プラクティカルイングリッシュⅠAⅡA、プラクティカルイングリッシュⅢⅣ、キャリアパスイングリッシュⅠⅡ(S)
  • 研究テーマ:意味論、語用論、外国語学習

菊地 俊紀:Toshiki Kikuchi

准教授・博士(海洋科学)

  • 主要担当科目:健康と運動の科学、教養課題研究(S)、アウトドアスポーツ
  • 研究テーマ:居眠り海難の防止策の研究、頚肩背腰部の愁訴に対する体操導入の効果に関する研究

北島 雄一郎:Yuichiro Kitajima

准教授・博士(理学)

  • 主要担当科目:科学基礎論、教養課題研究
  • 研究テーマ:科学哲学、量子力学の概念的基礎

小谷 幸:Sachi Kotani

准教授・博士(人間科学)

  • 主要担当科目:社会学、教養課題研究、総合科目
  • 研究テーマ:介護労働の研究、日米の社会運動ユニオニズムの研究

平塚 博子:Hiroko Hiratsuka

准教授

  • 主要担当科目:プラクティカルイングリッシュⅠAⅡA、 プラクティカルイングリッシュⅢⅣ
  • 研究テーマ:アメリカ文学、アメリカ文化

山岸 竜治:Ryuji Yamagishi

准教授・博士(教育学)

  • 主要担当科目:生徒指導・進路指導論、教育相談、教育と福祉
  • 研究テーマ:不登校問題、児童青年期の精神保健福祉、差別問題の言説研究

岩館 雅子:Masako Iwadate

専任講師・博士(教育学)

  • 主要担当科目:スポーツ、健康と運動の科学、教養課題研究
  • 研究テーマ:血行動態からみた呼吸法の効果と安全性に関する研究、ストレスに対する予測的循環調節と認知機能との関連

大渕 崇人:Takahio Oofuchi

専任講師

  • 主要担当科目:経済学
  • 研究テーマ:我が国の戦間期における金融経済思潮、市場外部の問題

髙澤 弘明:Hiroaki Takazawa

専任講師

  • 主要担当科目:法学、日本国憲法、技術者倫理
  • 研究テーマ:違憲法令審査権及び憲法裁判所の比較法的研究、BC級戦争犯罪に関する判例研究

髙寄 正樹:Masaki Takayose

専任講師・博士(教育学)

  • 主要担当科目:健康と運動の科学、アウトドアスポーツ、インドアスポーツ
  • 研究テーマ:運動制御に関する脳機能の研究

新井 健一:Kenichi Arai

専任講師

  • 主要担当科目:アウトドアスポーツ・インドアスポーツ・シーズンスポーツ
  • 研究テーマ:コーチング ・ ウエイトリフティング競技における動作解析

ミッシェル・ジョンソン:Michelle Johnson

助教

  • 主要担当科目:プラクティカルイングリッシュⅠBⅡB
  • 研究テーマ:Second Language Acquisition

濱田 彰:Akira Hamada

助教・博士(言語学)

  • 主要担当科目:プラクティカルイングリッシュⅢⅣ,キャリアパスイングリッシュⅠⅡ(S)、教養課題研究
  • 研究テーマ:教科教育、英語教育、第二言語習得

町田 祐一:Yuuichi Machida

助教・博士(文学)

  • 主要担当科目:歴史学、歴史学(S)、教養課題研究(S)
  • 研究テーマ:近代日本の知識青年層の研究、職業紹介事業の研究、文化映画の研究

※授業担当の専任教員を対象として掲載しています。
※初年次ゼミ,初年次ゼミ(S)は専任教員全員で担当しています。


基盤科目(基礎科学)の紹介

工学のバックボーンとなる科学を理解して、工学を学ぶための基礎体力を養う

工学は、自然科学の成果を応用して構築、体系化された学問です。工学を志す者が工学の現状を理解し、さらに新しい分野を切り開いていくために、工学の背景となっている諸科学を基盤科目の学習を通して深く理解し、幅広い基礎的能力を養うことがきわめて大切です。また、グローバル社会に対応した工学を身につけるための語学力も必要になります。

このような科目を、工学を学ぶ前提として「基盤科目」と呼び、体系化しています。基盤科目では、将来的にどのような工学系の分野に就いても対応できる基礎的な知識を獲得するとともに、生涯を通じて学び続けるための基礎的な能力を養うことを目的としています。

基盤科目は、自然科学・英語・情報に関する基礎知識を学ぶ「共通科目」と、その後の専門的な学びに活かすための「連携科目」で構成されています。

基盤科目は、大学での学びに必要なだけでなく、工学上の問題にアプローチする際、基本原理に立ち返って考察したり、新たに創造的な方向を模索したりするプロセスに必要な能力を身につける科目です。


基盤科目のカリキュラム概要

1年次には、もっとも基本的な科目として共通科目が設置されています。2年次にも、連携科目として多数の基盤科目が設置されており、必要に応じて選択できるようになっています。

数学系科目について

工学を学ぶために必要な数学の基礎知識を体系的に修得できるように科目配置を行っています。1年次には.数学全般の基礎となる「微分積分学I」・「微分積分学II」や「線形代数学I」・「線形代数学Ⅱ」、確率や統計の基礎的な考え方を講義する「確率統計」などの科目を設置しています。また、「基礎数学演習」を設置し、「微分積分学I」「線形代数学I」の理解をスムーズにしています。いずれの科目も、実際的な計算技術を体得させながら直観的な理解と納得が得られることを目標に、工学的応用を含め幅広く講義を行います。

物理系科目について

物理学は、自然界の諸現象を学んでその中に法則性を見出し、基本的法則の相互作用を認知して体系化していく学問で、すべての自然科学の基礎となっています。1年次には、物理学の中でも特に工学の基礎として重視される力学と電磁気学の基礎を理解するための「物理学I」・「物理学II」、高校での物理学未履修者を対象とした「基礎物理学演習」、「物理学I」・「物理学Ⅱ」をよりよく理解するための「物理学演習」が設けられています。

化学・生物系科目について

これからの技術者にとっては、数学系科目や物理系科目のみならず、物質や生命そして環境に関連した工学の基礎となる化学・生物系科目の知識を身につけておくことは重要になります。1年次には、物質の成り立ちとその性質及び物質の変化を理解するための基礎として「化学I」・「化学II」、「化学I」の基礎を理解するための「基礎化学演習」、「化学I」・「化学Ⅱ」をよりよく理解するための「化学演習」が設けられています。

実技系科目について

これからの自然科学各分野は学際性が必要であり、学問領域も複雑に絡み合っていくため、各分野の知識や技術を身につけておくことが必要となります。物理学、化学、生物学の基本的な実験を行うことにより、自然現象の解明に必要な観察力・洞察力を養い、自ら実験を計画する場合に不可欠な基本的技法を修得します。また、実験装置の取り扱い方や測定の仕方を学び、データの取り方と整理の仕方、誤差の処理方法、およびレポートの作成方法など、実験に必要な基本事項も学んでいきます。さらにこれらの実験から工学への知識の連携について学びます。

英語系科目について

工学を志す者にとって、コミュニケーションとしての英語を身につけることは必修のスキルといえます。英語系科目は、すべての学生が各々の英語能力に合った実用英語力を獲得することを目指します。1年次には週に2回授業があります。「プラクティカルイングリッシュⅠA」・「プラクティカルイングリッシュⅡA」では日本人教員による実用英語力に必要な文法・語彙の基礎学習を中心に行い、「プラクティカルイングリッシュIB」・「プラクティカルイングリッシュIIB」ではネイティブ教員による実用英語力に必要な音声の理解・表現の基礎を重点的に学びます。2年次の「プラクティカルイングリッシュⅢ」・「プラクティカルイングリッシュⅣ」では、I、IIの学習内容を踏まえ、実用英語力の基盤を固めます。また、3年次の選択科目である「キャリアパスイングリッシュ」では、TOEICに対応した問題演習を行い、実践的な英語力を強化します。

情報系科目について

急速に発展する現在の高度情報化社会において、情報の取捨選択・発信そして情報を活用する能力、すなわち「情報リテラシー」を身につけることは、以前にも増して求められています。特に工学系の学生にとっては、「情報リテラシー」は、コンピュータ活用能力(コンピュータ・リテラシー)の育成と同時に学修することが必須の事柄となっています。
情報系科目は、情報教育の導入部に位置付けられており、初年次からコンピュータを活用した総合的な情報リテラシーを身につけることを目的に設置されています。

連携科目について

連携科目では、工学の基礎を確実なものにして、高度な専門分野に適応できる能力を養います。共通科目で学んだ基礎が工学においてどのように役立つのかを理解し、専門科目の枠を超えた工学についての幅広い知識を学修して、多岐に渡る高度な専門分野に適応するための基盤を担う能力を修得します。また、“ものづくり科学”の基幹となる工学基礎、先端工学、環境学などに関連する知識も修得して積極的に使いこなせる力量を身につけ、知識基盤社会の一員として技術の進歩に貢献できる技術者となるために必要な科目です。

連携科目では「初年次ゼミ」と「2年次ゼミ」が必修科目として設置してあり、その他の科目は選択科目として設置してあります。「初年次ゼミ」では、大学の学びに必要な基本スキルを身につけ、主体的な学びの基礎を作ります。


基盤科目の授業担当者および研究テーマ一覧

※ 下表の教員指名をクリックすると経歴や研究、論文などの詳細な情報を掲載したページに移動できます。

平成28年5月1日現在

阿部 治:Osamu Abe

教授・工学博士

  • 主要担当科目:物理学、物理学実験、情報リテラシー及び演習
  • 研究テーマ:熱電気変換素子の開発、各種センサの研究、厚膜抵抗体の導電機構の解明

大熊 康典:Yasunori Ohkuma

教授・博士(理学)

  • 主要担当科目:物理学Ⅰ、物理学Ⅱ、物理学実験
  • 研究テーマ:レーザープラズマを用いた長距離放電形成に関する研究、低圧環境における放電に関する研究、キャパシティブセンサを用いた物体の運動計測に関する研究

大坂 直樹:Naoki Osaka

教授・博士(理学)

  • 主要担当科目:化学Ⅰ、化学Ⅱ、化学・生物実験
  • 研究テーマ:表面化学

永井 敦:Atsushi Nagai

教授・博士(数理科学)

  • 主要担当科目:線形代数学、確率統計、微分積分学
  • 研究テーマ:離散ソボレフ不等式の最良定数、非整数階微分の差分化

藤田 育嗣:Yasutsugu Fujita

教授・博士(理学)

  • 主要担当科目:微分積分学Ⅰ、微分積分学Ⅱ、微分方程式
  • 研究テーマ:不定方程式論、楕円曲線論

南澤 宏明:Hiroaki Minamisawa

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:化学Ⅰ、化学・生物実験、分析化学
  • 研究テーマ:GFAASおよびICPAESによる環境中の微量金属イオンの定量法に関する研究、固相抽出法による金属イオンの分離濃縮、未利用資源の有効利用

井上 隆勝:Takakatsu Inoue

准教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:数理統計学、多変量データ解析、計算機統計学
  • 研究テーマ:多変量データ解析、縮小推定量、予測効率

片山 光徳:Mitsunori Katayama

准教授・理学博士

  • 主要担当科目:生物科学、化学Ⅰ、化学・生物実験
  • 研究テーマ:シアノバクテリアの光屈性機構の解明

小林 奈央樹:Naoki Kobayashi

准教授・博士(理学)

  • 主要担当科目:物理学I、物理学II、情報リテラシー及び演習
  • 研究テーマ:パターン形成の物理学、食品物理学

塩見 昌司:Atsushi Shiomi

准教授・博士(理学)

  • 主要担当科目:物理学I、物理学実験、地学実験
  • 研究テーマ:宇宙線の起源の研究、惑星間磁場構造の研究、雷雲と宇宙線の関係の研究

姫本 宣朗:Yoshiaki Himemoto

准教授・博士(理学)

  • 主要担当科目:物理学Ⅰ、物理学Ⅱ、物理工学
  • 研究テーマ:宇宙論、重力波物理学

福田 隆:Takashi Fukuda

准教授・理学博士

  • 主要担当科目:微分積分学I、 確率統計
  • 研究テーマ:無限次代数拡大における類数の挙動

間田 潤:Jun Mada

准教授・博士(数理科学)

  • 主要担当科目:微分積分学、線形代数学、応用数理特講
  • 研究テーマ:離散可積分系の超離散極限および有限体上での数理構造の研究、血管新生に対する数理モデルの構成

松本 真和:Masakazu Matsumoto

准教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:化学、材料科学、大学院生産工学特別演習
  • 研究テーマ:海水溶存資源の回収と結晶材料への転換、気-液界面反応場を用いた晶析技術の開発、酸素種ラジカルの生成促進と難分解性有機物の分解

三角 尚治:Shoji Mikado

准教授・博士(理学)

  • 主要担当科目:物理学I/II、物理学実験、物理工学
  • 研究テーマ:ニュートリノ振動の実験的検証、固体飛跡検出器の開発

三木 久美子:Kumiko Miki

准教授

  • 主要担当科目:化学Ⅰ、生物科学、化学・生物実験
  • 研究テーマ:水溶液中の水構造に及ぼす溶質分子の影響、水溶液の輸送現象に関する微視的考察

山川 一三男:Isao Yamakawa

准教授

  • 主要担当科目:化学Ⅰ、基礎化学演習、化学生物実験
  • 研究テーマ:組織体溶液の溶液物性、溶解平衡の解明、教育手法の検討

山城 昌志:Masashi Yamashiro

准教授・博士(理学)

  • 主要担当科目:物理学I、物理学II、物理工学
  • 研究テーマ:超伝導接合系における輸送現象の理論的研究

吉田 亘克:Nobukatsu Yoshida

准教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:情報リテラシー及び演習、情報基礎演習、情報演習
  • 研究テーマ:超伝導体接合系におけるスピントロニクスの理論的研究

渡里 望:Nozomu Watari

准教授

  • 主要担当科目:微分積分学、線形代数学、確率統計
  • 研究テーマ:変位拘束下の帯板自由縁での応力について

朝本 紘充:Hiromichi Asamoto

専任講師・博士(薬学)

  • 主要担当科目:化学、材料科学、大学院生産工学特別演習
  • 研究テーマ:高速液体クロマトグラフィーを用いるアミロイド凝集体の高感度な分離検出、機能性高分子を用いる環境試料中の有害な金属成分の吸着除去

佐藤 友彦:Tomohiko Sato

専任講師・博士(理学)

  • 主要担当科目:線形代数学I、微分積分学I、確率統計
  • 研究テーマ:非線形楕円型偏微分方程式の爆発解析、界面正則性の研究

大島 佐知子:Sachiko Oshima

助教・博士(理学)

  • 主要担当科目:物理学Ⅰ、物理学Ⅱ、物理学実験
  • 研究テーマ:原子核理論

町田 拓也:Takuya Machida

助教・博士(工学)

  • 主要担当科目:微分積分学、数学演習、線形代数学
  • 研究テーマ:量子ウォークの数理研究

森 健太郎:Kentarou Mori

助手・博士(工学)

  • 研究テーマ:機能性無機材料に関する研究

山崎 紘史:Hiroshi Yamazaki

助手・博士(工学)

  • 研究テーマ:半導体テスト、テストコスト削減技術、低消費電力テスト技術

※ 授業担当の専任教員を対象として掲載しています。
※ 初年次ゼミ,初年次ゼミ(S)は専任教員全員で担当しています。


このページのお問合せ:教務課

学科概要

ページトップへ