日本大学生産工学部日本大学生産工学部

menu

創生デザイン学科

「デザイン思考」で人々や社会がかかえる問題を発見できる、
「人のこともわかって、モノのこともわかる」人材を育てます

社会が多様化し、細分化されたユーザーの要求に答えるために、メーカーやデベロッパーの開発担当者は初めからデザイナーと共に社会のニーズ、ユーザーの趣向を細かく分析し、一緒になって答えをみつけなければなりません。

使いやすさなどのユーザビリティの問題を解決するためにも、ユーザー、「ヒト」のことがわかることが重要です。上流に押し上げられたデザイナーの役割には、色や形のことだけではなく、工学的な要素を統合できる能力が必要です。

このような、自然科学をベースとする工学知識や技術、芸術を基礎とする感覚や技法、その両方を駆使して人と人口物の理想的な関係を築く「デザイン思考」によって、創生デザイン学科では、「ヒトのこともわかって、モノのこともわかる」人材を育てます。


学びのポイント:創生デザイン学科のここが面白い

「デザイン思考」で「ヒトのこともわかって、モノのこともわかる」人材を育てる

社会がグローバル化し、ユーザーの要求や社会のニーズは多様になっています。自然科学をベースとする工学知識や技術、芸術を基礎とする感覚や技法、その両方を駆使して人と人工物の理想的な関係を築く「デザイン思考」によって、「ヒトのこともわかって、モノのこともわかる」デザイナー、デザインエンジニアを育てます。

体系的に学べるカリキュラム

新しい社会のニーズにあった製品開発や空間づくりを行うためには、科学的発想力や企画力、表現能力を下地とした「デザイン力」「システマティックに全体像を把握できる力」が必要です。将来の方向性に合わせた二つのコースと特徴的なカリキュラムでこれらをバランス良く身につけます。

幅広い分野のスタッフ・好環境による実践的な学びを実現

デザイン関連諸分野の専任教員をはじめあらゆる分野から非常勤講師を招き、ティーチングアシスタント、ピアサポーター制度も活用しながら、低学年次から演習室や実験室を拠点としたスタジオ、製図演習等の実技科目を設置し、「デザイン思考」を体得的に経験します。


プロダクトデザインコース

文具から家電にいたる工業製品はもちろん、ロボットなどメカニカルな技術を含む製品までを対象に、材料や構造、安全性をも考慮しつつ、社会のニーズや使い手の立場にたったものづくりを実現できるデザイナーやデザインエンジニアの育成を目指します。さらには、社会の変革をもたらすようなアイデアやコンセプトを創生できる人材の育成を目指します。

卒業後の進路

各種産業・メーカー(自動車産業、家電製品、家庭製品、工業製品、IT)、デザイン事務所(プロダクトデザイン、家具、テクニカルイラスト、グラフィック)、マーケティング会社、広告会社、各種コンサルタント会社、シンクタンク、商社、公務員等に就職します。


空間デザインコース

空間デザインから住まい、街づくりにいたる、人々の暮らしや生活をデザインするための技術や方法、考え方を学びます。また、快適かつ安心な生活の提供はもちろん、これからの社会を見据えた生活の提案ができるようなデザイナーやデザインエンジニアの育成を目指します。さらには、次世代のライフスタイルやライフコンセプトを創生できるような人材の育成を目指します。

卒業後の進路

各種産業・メーカー(建設会社、住宅メーカー、不動産、鉄道)、デザイン事務所(家具、インテリア、建設、都市計画、ランドスケープ、照明)、マーケティング会社、広告会社、各種コンサルタント会社、シンクタンク、商社、公務員等に就職します。


目指す資格

  • 建築士
  • 建築施工管理技士
  • 色彩検定
  • 環境社会検定
  • プロダクトデザイン検定
  • 認定人間工学専門家
  • CGクリエイター検定
  • CAD利用技術者
  • 照明コンサルタント
  • 福祉住環境コーディネーター
  • インテリアコーディネーター
  • GIS上級技術者

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【理科】(1種/教職課程を履修)
  • 高等学校教諭免許状【理科】(1種/教職課程を履修)
  • 高等学校教諭免許状【工業】(1種/教職課程を履修)

就職業種

平成27年度分類別就職状況(平成28年3月31日現在)

  1. サービス業 28.1%
  2. 製造業 14.9%
  3. 卸・小売業 14.0%
  4. 情報通信業 11.4%
  5. 進学 10.5%
  6. 建設業 8.8%
  7. 運輸業 2.6%
  8. 不動産業 2.6%
  9. 金融・保険業 1.8%
  10. 飲食店 宿泊業 1.8%
  11. その他 1.8%
  12. 複教育・学習支援業 0.9%
  13. 公務員 0.9%

おもな就職先

  • 積水ハウス株式会社
  • パナソニックエイジフリーショップス株式会社
  • 株式会社七彩
  • 株式会社シミズ・ビルライフケア
  • 株式会社藤田建装
  • 株式会社船場
  • 武蔵エンジニアリング株式会社
  • 岩崎電気株式会社
  • 河西工業株式会社
  • 株式会社岡村製作所
  • 立川ブラインド工業株式会社
  • 株式会社光邦
  • 日本アイ・エス・ケイ株式会社
  • スガツネ工業株式会社
  • 富士ソフト株式会社
  • 株式会社カヤック
  • ITX株式会社
  • 株式会社クラウンジュエル
  • 東日本高速道路株式会社
  • 野原産業株式会社
  • パナソニックコンシューマーマーケティング株式会社
  • 株式会社メディセオ
  • トーテックアメニティ株式会社
  • ちばみどり農業協同組合
  • 株式会社読売広告社
  • SGS株式会社
  • 株式会社トーガシ
  • エス・イー・シーエレベーター株式会社
  • 千葉県警察本部
  • 神奈川県警察本部

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

創生デザイン学科において、日本大学の目的及び使命、日本大学教育憲章、学部の教育目標並びに本学部のディプロマ・ポリシー基づいた教育課程により、創生デザイン学科のディプロマ・ポリシーの項目を修得している者に学士(工学)の学位を授与する。

  • 豊かな教養と自然科学に関する基礎知識を持ち、高い倫理観を醸成することができる。
  • 世界の動向と社会のニーズを理解し、情報の収集と分析を通してさまざまな領域を関連付けて考え、全体像を把握し、最新のテクノロジーを用いた高度な表現で企画・提案ができる。
  • デザイン領域を体系的に理解するとともに、得られる情報を基にデザイン思考、論理的な思考、批判的な思考をすることができる。
  • デザイン、工学、人々の暮らしに関する知識・技能等を活用し、新たな問題を発見し、解決策を提案することができる。
  • コンセプト立案から関係者との意思疎通までものづくりのプロセスを取り仕切る立場として、新しいことに果敢に挑戦することができる。
  • 国内外の異なる考えを理解し、違いを明確にしたうえで議論し、自らの考えを伝えることができる。
  • グローバル化する知識基盤社会の一員としての自覚を持ち、創造的なコミュニケーションがとれ、常に時代を牽引しようとする努力を怠らない。
  • 自己を知り、振り返りを通じて技術者としての自己を高めることができる。

カリキュラム・ポリシー

創生デザイン学科において、大学および学部の教育目標を踏まえ、学部のディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーに適う以下の人材を養成するため、4年間を通じて、教養、基盤(基礎)、生産工学系、及び専門教育で構成される体系的なカリキュラムを編成し実施する。
また、各科目における教育内容・方法、成績評価方法、及び評価基準をシラバス等で明示し学生に周知した上で、公正かつ厳正に評価を行う。

  • 教養科目と基礎科学・専門教育科目を連携して学修することにより、豊かな教養と自然科学に関する基礎知識を身につけ、また高い倫理観を醸成することができる。
  • 教養科目と基礎科学・専門教育科目の学修により、国際的視野に立って情報を収集・分析し、自らの考えを効果的に説明することができる。
  • 体系化されたカリキュラムによりデザイン領域の専門知識を修得し、得られる情報を基に論理的かつ批判的に思考することができる。
  • 初年次より適切に配置した演習系科目等の学修により、知識基盤社会に通用する技術を修得し、新たな問題を発見し、解決策を提案することができる。
  • 生産実習を中核に据える生産工学系科目の学修を通して、生産工学の基礎知識と経営管理を含む管理能力を修得し、新しいことに果敢に挑戦することができる。
  • コミュニケーション能力を裏付ける、教養科目と基礎科学・専門教育科目の学修により、国内外の異なる考えを理解し、違いを明確にしたうえで議論し、自らの考えを伝えることができる。
  • デザインスタジオ等の演習科目、ゼミナール、卒業研究等の学修を通して、新たな課題を解決するために自ら学び、自らの意思を持って他者と協働することができる。
  • 初年次教育及び生産工学系のキャリア教育に関連する科目の学修により、自己を知り、振り返りを通じて技術者としての自己を高めることができる。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れ方針)

創生デザイン学科では、日本大学教育憲章に則り、自ら学び、自ら考え、 自ら道をひらく能力を有し、社会に貢献できる人材を育成します。
このため本学科では、高等学校課程までに修得した知識 ・教養・倫理観を基に示された生産工学部の 「求める学生像」に加え、以下に示す本学科の「求める学生像」も理解し、意欲的に学修を進めていくことのできる者を求めています。

「求める学生像」

  1. 豊かな知識・教養を身につけて高い倫理観をもって社会(日本社会・国際社会)に貢献することを目標とし、その目標に向かって自ら継続的に学修する意欲をもつ人。すなわち、社会や環境の動向に深い関心を持ち、工学知識や技術および技法をもってこれに貢献する意欲がある人。
  2. ニーズ発見から問題解決までに必要な情報の収集と分析を通してさまざまな領域を関連付けて考え、自らの思考力をもって、自らの考えをまとめ、わかりやすく表現しようと努力する人。
  3. グループやチームをとおして自己を高め、さらに挑戦することや振り返ることの必要性を理解した上で、「人ともの」「人とこと」の理想的な関係を築くことに強い関心を持ち、この問題解決に向けた新しい提案を生み出そうとする人。

なお、本学科に入学を志す人は、「求める学生像」 を理解して受験していると判断し、入学試験では、学力試験等により、4年間の学修に必要な知識・技能・思考力・判断力を評価します。


教員紹介

※ 下表の教員指名をクリックすると経歴や研究、論文などの詳細な情報を掲載したページに移動できます。

平成29年5月1日現在

竹島 正博:Masahiro Takeshima

教授・工学博士

  • 主要担当科目:機械の運動及び演習
  • 研究テーマ:人間がモノを把握する際の特性評価

鳥居塚 崇:Takashi Toriizuka

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:デザイン心理、ヒューマンインターフェース、安全システム工学
  • 研究テーマ:人間工学、感性工学、生活工学

二井 進:Susumu Nii

教授

  • 主要担当科目:形態学
  • 研究テーマ:デザイン、造形活動の一連のプロセスの応用

三井 和男:Kazuo Mitsui

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:アルゴリズミックデザイン
  • 研究テーマ:自己組織化による構造形態の自律的生成と空間デザイン

森宮 祐次:Yuuji Morimiya

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:プロダクトデザイン

内田 康之:Yasuyuki Uchida

准教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:機械要素
  • 研究テーマ:ロボット・コミュニケーション・障がい者支援に関する研究

田中 遵:Mamoru Tanaka

准教授・博士(芸術工学)

  • 主要担当科目:デザイン史
  • 研究テーマ:サインデザイン、子ども視点のデザイン、造形手法と技術・芸術文化

中澤 公伯:Kiminori Nakazawa

准教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:空間計画論
  • 研究テーマ:地域計画、プロパティデザイン、建築情報システム

西 恭一:Yasukazu Nishi

准教授

  • 主要担当科目:CAE演習
  • 研究テーマ:コスメティック歯科矯正器具のデザイン、画像・映像解析システム

遠田 敦:Atsushi Enta

専任講師・博士(建築学)

  • 主要担当科目:デザインスタジオⅠ
  • 研究テーマ:建築情報システム、建築人間工学、火災安全工学

山家 哲雄:Tetsuo Yamaya

専任講師

  • 主要担当科目:デザイン文化論
  • 研究テーマ:日本と西欧のあかり文化の比較研究

木下 哲人:Tetsuhito Kinoshita

助教・博士(美術)

  • 主要担当科目:基礎デザイン演習
  • 研究テーマ:金属素材におけるデザインと加工・身体と装身具の関係、家具制作

中川 一人:Kazuto Nakagawa

助教・博士(工学)

  • 主要担当科目:図学
  • 研究テーマ:素材の開発とその利用に関する研究

藤井 愛:Ai Fujii

助教・博士(人間科学)

  • 主要担当科目:生活デザイン
  • 研究テーマ:認知心理学、人間工学、デザインの定量的な評価

※ 授業担当の専任教員を対象として掲載しています。
※ 初年次ゼミ、プロジェクト演習、ゼミナールA、ゼミナールB、生産実習I、生産実習II、卒業研究、は専任教員全員で担当しています。


関連サイト

さらに詳しく創生デザイン学を知る

日本大学生産工学部では、各学科ごとにコースの詳細や、研究室などの詳細情報を掲載しているウェブサイトを開設しています。併せてご覧ください。


このページのお問合せ:教務課

学科概要

さらに詳しく創生デザイン学を知る

日本大学生産工学部では、各学科ごとにコースの詳細や、研究室などの詳細情報を掲載しているウェブサイトを開設しています。併せてご覧ください。

創生デザイン学科ウェブサイト
ページトップへ