日本大学生産工学部日本大学生産工学部

menu

創生デザイン学科研究室

田中 遵 研究室

時代背景や社会環境との関連から求められるデザインを探る


人々に必要とされるモノのデザインは時代によって変わります。生活環境や生活習慣によってもデザインに対する基準は変わってきます。これらの理解を深めるために、芸術文化の意味や役割・環境・視覚表現・子どもの視点などを通して、デザインを考えていきます。

社会のこんなところで応用されている

練習として身の回りを観察し柔軟な発想から実際に使えるモノを制作します。これらの経験は自信となり実社会においても更なる提案を創出していくでしょう。


鳥居塚 崇 研究室

生命の巧みな情報処理を知り・まねる


人間の行動・思考のパターンを理解し「使いやすさの先」を考えたデザイン

人間生活工学を研究対象とした研究室です。いろいろな場面・状況における人間の自然な「感じ方」「情報の捉え方」「行動」を考え、「なにがそのように考えさせるのか」を解明し、そしてそれらに基づいていろいろなことをデザインしようとしています。

社会のこんなところで応用されている

機器やインタフェースのデザイン・職場デザイン・情報デザイン・空間デザイン・生活デザイン・サービスデザイン等に応用されています。


三井 和男 研究室

コンピュータを応用して最適なデザインを見つけ出す「アルゴリズミックデザイン」


自然界にみられる花びらや貝殻などの自由な形は、強度や機能と合理的に関係していますが、合理性の近傍に潜む美しい魅力的な形を見つけ出す有力な手段・アルゴリズミックデザインを研究テーマとしています。3Dプリンターなどを使った新しい生産手段とも親密な関係をもった手法です。

社会のこんなところで応用されている

大手メーカーのヘッドフォン開発にアルゴリズミックデザインが用いられています。また、新国立競技場の設計にも同様の手法が使われています。

研究情報

ページトップへ