日本大学生産工学部日本大学生産工学部

menu

建築工学科

幅広い領域から総合的な視野で建築を捉え、
工学理論に基づいた創造力と実践力を持った人材を育成します

今、時代は地球環境に優しく、限られた資源の節約と豊かな生活との両立や、快適な空間と美しい自然との共生、科学文明と文化との融合が求められています。また、建築は空間環境を創造するのに必要な知識と技術が総合化された学問であり、住宅から超高層ビルにいたる一連の建設システムにおける建築工学の技術体系にとどまらず、農学・理学・社会科学・人文科学・芸術分野との関わりを持った、学際的な広がりを有しています。

その意味で、建築家、建築技術者は、建築生産の過程におけるそれぞれの専門知識や技術の修得が求められる一方、様々な分野における知見や技術体系を総合化するプロジェクトマネージャーとしての学識や、各分野の専門家を組織するオーガナイザーとしての能力をも必要とされています。

こうした社会の要請に応えるために建築工学科では、従来の価値観にとらわれることなく、新しい価値と創造を生み出す発想力・応用力・対話力を養成し、問題解決能力を備えた人材を育成していくことを教育の最大目標にかかげ、カリキュラムを構築しています。


学びのポイント:建築工学のここが面白い

建築にとどまらない幅広い分野の修得

建築とは家具や住宅から都市にいたるまで、人間の生活環境を創造していくこと。その様々な空間を実現するための知識と建設技術を身につけていくのが建築工学です。また、人々の精神に潤いを与えるものづくりには、社会科学や人文科学、芸術学といった学びが必要となります。本学科では幅広い分野を総合的に、横断的に学んでいきます。

知識+αを学び、現場で活きる即戦力へ

建築デザイナーや技術者として社会で活躍するには、建物に関する専門知識や技術だけでなく、建築物に関連するさまざまな領域について横断的に考えるマネジメント力、専門家たちをまとめ上げるオーガナイザーとしての力が求められます。本学科では、こうした実践力も合わせて修得します。

能動的学習スタイルで知識や技術を確実に定着

一方的に知識を伝えるのではなく、課題研究やプロジェクト活動、ディスカッション、プレゼンテーションなどを通じて、自分で考え、身体を使いながら学んでいく『アクティブラーニング』という学習方法を採用。発想力や応用力、対話力を養成し、問題解決能力を備えた人材を育てます。


建築総合コース

建築工学に関わる基礎学力の充実と、設計から施工・維持保全まで一貫して行う総合教育プログラムにより、建築技術者としての実戦能力を養成します。同時に、自分の頭で考え、自らの手足を使った学習を通じて、問題解決能力を備えた創造性豊かな人材の育成を目指します。

卒業後の進路

建設会社、住宅メーカー、建材メーカー、建築設備会社、設計事務所(意匠・構造・設備) 、不動産会社、 官公庁、進学など。


建築デザインコース

1学年30人の少人数制コースです。住宅をはじめとした身の回りの空間から、多くの人が使う建築である文化施設やオフィスなど、また地域計画的な視点で進める課題まで、 2年次からの練り上げられた授業プログラムによって、建築について深く掘りさげて学びます。

卒業後の進路

設計事務所(意匠)、工務店、インテリアデザイン事務所、建設会社、不動産会社、官公庁、進学など。


居住空間デザインコース

1学年約30人の女子学生のみを対象とした、 1年次からの少人数制コースです。住宅の設計をはじめ、集合住宅やインテリアデザイン、エクステリア(外構・街並み)デザイン、家具デザイン、照明デザインといった、人の「住まい」と「環境」に関わるさまざまなデザインを学びます。

卒業後の進路

設計事務所(意匠) 、住宅メーカー、インテリアデザイン事務所、家具・照明デザイン会社、 官公庁、進学など。


目指す資格

  • 一級建築士
  • 二級建築士
  • 木造建築士
  • 構造設計一級建築士
  • 設備設計一級建築士
  • 技術士・技術士補
  • 建築施工管理技士
  • インテリアプランナー
  • エクステリアプランナー
  • コンクリート主任技士
  • 建築設備士
  • 管工事施工管理技士
  • 建築積算士
  • 再開発プランナー
  • 宅地建物取引士
  • 土地家屋調査士
  • 福祉住環境コーディネーター

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【理科】(1種/教職課程を履修)
  • 高等学校教諭免許状【理科】(1種/教職課程を履修)
  • 高等学校教諭免許状【工業】(1種/教職課程を履修)

就職業種

平成27年度分類別就職状況(平成28年3月31日現在)

  1. 建設業 57.2%
  2. 進学 19.7%
  3. 不動産業 5.8%
  4. サービス業 5.8%
  5. 製造業 2.3%
  6. 運輸業 1.7%
  7. 卸・小売業 1.7%
  8. 複合サービス業 1.7%
  9. 公務員 1.7%
  10. 電気・ガス・熱・供給・水道業 0.6%
  11. 情報通信業 0.6%
  12. 電金融・保険業 0.6%
  13. 飲食店・宿泊業 0.6%

おもな就職先

建築工学科の卒業後の進路は幅広く、建設会社、設計事務所、ハウスメーカー、不動産など、日本を代表する様々な建築関連分野で活躍しています。また、公務員、コンサルタント、デベロッパー、インテリアデザイン・ランドスケープデザイン、建材・内装メーカー、技術研究所など、学科・コースの特徴に応じた様々な分野へ広がっています。

  • 株式会社大林組
  • 鹿島建設株式会社
  • 清水建設株式会社
  • 大成建設株式会社
  • 株式会社竹中工務店
  • 戸田建設株式会社
  • 西松建設株式会社
  • 株式会社安藤・間
  • 三井住友建設株式会社
  • 株式会社NTTファシリティーズ
  • 株式会社日建設計
  • 株式会社日本設計
  • 株式会社三菱地所設計
  • 株式会社山下設計
  • 積水ハウス株式会社
  • ミサワホーム株式会社
  • 大和ハウス工業株式会社
  • 住友林業株式会社
  • 旭化成ホームズ株式会社
  • 新菱冷熱工業株式会社
  • 高砂熱学工業株式会社
  • ダイダン株式会社
  • 大成有楽不動産株式会社
  • 東急リバブル株式会社
  • スターツコーポレーション株式会社
  • 株式会社乃村工藝社
  • 株式会社丹青社
  • 日本アイビーエム株式会社
  • 東京都庁
  • 千葉県庁

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

建築工学科において、日本大学の目的及び使命、日本大学教育憲章、日本大学の教育理念「自主創造」、学部教育目標、学部のディプロマ・ポリシー及び建築工学科の教育研究上の目的に基づいたディプロマ・ポリシーの項目を修得している者に学士(工学)の学位を授与する。

  • 計画、構造、環境・設備、材料・施工の専門分野における総合的知識を持ち、高い倫理観を醸成することができる。
  • 専門分野において国際的視野に立ち、必要な情報を収集・分析して自らの考えを説明することができる。
  • 専門知識を活用し、自らの考えを論理的、批判的に構築かつ実践できる。
  • 専門分野に関する知識・技能等を活用し、新たな問題を発見し、解決策を提案することができる。
  • 経営管理能力を有する建築技術者として、新しいことに果敢に挑戦することができる。
  • 専門分野における国内外の異なる考えを理解し、違いを明確にしたうえで議論し、自らの考えを伝えることができる。
  • グローバル化する知識基盤社会の一員として建築技術の進歩に適応し、他者と協働することができる。
  • 自己を知り、振り返りを通じて建築技術者としての自己を高めることができる。

カリキュラム・ポリシー

建築工学科において、教育目標を踏まえ、大学および学部のディプロマ・ポリシー及び学部のカリキュラム・ポリシーに適う以下の人材養成を目的としたカリキュラムを編成し実施する。
また、各科目における教育内容・方法、成績評価方法、及び評価基準をシラバス等で明示し学生に周知した上で、公正かつ厳正に評価を行う。

  • 国家試験である一級建築士受験資格の指定履修科目を中心としたカリキュラムを学修することにより、建築分野に必要な幅広い専門知識を修得し、また建築技術者としての倫理観を身につけることができる。
  • 専門知識を修得し、また建築技術者としての倫理観を身につけることができる。
  • 専門教育科目と生産工学系科目の学修により、国際的視野に立って情報を収集・分析し、自らの考えを効果的に説明することができる。
  • 設計演習と建築実験を学修することにより、情報を収集・分析し、検証に基づいて論理的かつ批判的に思考することができる。
  • 実験実習科目等の学修を通して、新たな課題を解決するために自ら学び、自らの意思を持って他者と協働することができる。
  • 生産実習を中心とした生産工学系科目を通じて経営管理能力を修得するとともに、建築技術者として新しいことに果敢に挑戦することができる。
  • 専門科目における少人数教育を通して、教員やほかの学生との交流からコミュニケーション能力を身につけることができる。
  • 実験実習科目、ゼミナール、卒業研究等における少人数教育を通して、新たな課題を解決するために自ら学び、自らの意思を持って他者と協働することができる。
  • 初年次教育及び生産工学系のキャリア教育に関連する科目の学修により、自己を知り、振り返りを通じて建築技術者としての自己を高めることができる。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れ方針)

建築工学科において、日本大学教育憲章に則り、自ら学び、自ら考え、自ら道をひらく能力を有し、社会に貢献できる人材を育成します。
このため建築工学科では、高等学校課程までに修得した知識 ・教養・倫理観を基に、以下に示す「求める学生像」を理解して意欲的に学修を進めていく ことのできる者を求めています。

「求める学生像」

  1. 住居・建築・都市・地域環境に深い興味を持ち、社会に貢献することを目標とし、その目標に向かって自ら継続的に取り組むことができる人。
  2. 観察力・表現力・対話力・創造力を有し、問題解決能力・応用能力の基盤となる知識や技術を修得し、自ら表現しようと努力する人。
  3. 社会性・協調性を有し、ボランティア・コミュニティ活動、各種コンクールなどに積極的に挑戦する意欲がある人。
  4. グループやチームをとおして自己を高め、さらに挑戦することや振り返ることの必要性を理解した上で、建築における経営や生産管理ができる技術者になろうとする人。

なお、本学科に入学を志す者は、「求める学生像」を理解して受験していると判断し、入学試験では、学力試験等により、4年間の学修に必要な知識・技能・思考力・判断力を評価します。


教員紹介

※ 下表の教員指名をクリックすると経歴や研究、論文などの詳細な情報を掲載したページに移動できます。

平成29年5月1日現在


岩田 伸一郎:Shinichiro Iwata

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:計画科学、建築計画演習Ⅱ、建築コンピュータ演習
  • 研究テーマ:高齢者の地域活動、地産地消の木造住宅構法、都市環境の計画・評価手法

大内 宏友:Hirotomo Ohuchi

教授・工学博士

  • 主要担当科目:環境デザイン、プロセスエスデザイン、地域計画
  • 研究テーマ:都市・地域再生のユニバーサル・エコロジカルデザイン、安全安心の持続可能な環境共生型街づくり、救急医療システムの地域空間との融合化による生命環境モデルの構築

川島 晃:Akira Kawashima

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:建築構造力学特講Ⅰ、特別研究、特別演習
  • 研究テーマ:建築骨組の冗長性の解析的解明

神田 亮:Makoto Kanda

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:建築構造力学、風工学、統計基礎解析
  • 研究テーマ:建築物の動的挙動に関する研究、超高層免震建築物の耐震性および耐風性に関する研究

北野 幸樹:Koki Kitano

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:都市計画、建築設計Ⅰ・Ⅱ・Ⅳ・Ⅴ、ユニバーサルデザイン
  • 研究テーマ:余暇活動と建築・都市空間の相補関係、地域固有の人・活動・空間・時間の継承・デザイン、居住者参加型の住まいづくり・まちづくり

小松 博:Hiroshi Komatsu

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:鉄骨構造 建築応用力学 建築実験Ⅰ
  • 研究テーマ:組立補剛された山形鋼柱材の座屈耐力に関する研究、アルミニウム箱形断面材と木材による合成構造柱に関する研究、再生骨材コンクリートの合成構造への適用に関する研究

塩川 博義:Hiroyoshi Shiokawa

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:建築環境工学Ⅰ、建築実験Ⅱ
  • 研究テーマ:サウンドスケープに関する研究、ダクト開口端反射減衰に関する研究

廣田 直行:Naoyuki Hirota

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:建築計画Ⅰ、施設計画、建築設計Ⅲ
  • 研究テーマ:公共施設のオープン化方法論、コミュニティ施設の計画論、公共施設再編計画の方法論

藤本 利昭:Toshiaki Fujimoto

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:鉄筋コンクリート構造、建築応用力学、総合設計
  • 研究テーマ:各種合成構造の耐震性能に関する研究、既存建物の耐震性能評価手法に関する研究

師橋 憲貴:Noritaka Morohashi

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:鉄筋コンクリート構造、建築構造力学Ⅰ、総合設計
  • 研究テーマ:再生骨材コンクリート梁部材の付着性状に関する研究、あと施工アンカーに関する研究

湯浅 昇:Noboru Yuasa

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:建築構造材料、建築材料科学、建築維持保全
  • 研究テーマ:表層コンクリートの品質に関する研究、鉄筋コンクリート造の非破壊試験・微破壊試験方法の開発、鉄筋コンクリート造の解体方法に関する研究

渡辺 康:Yasushi Watanabe

教授

  • 主要担当科目:集合住宅論、建築設計II
  • 研究テーマ:建築環境における建築言語の関係、建築における人の関係、過疎化集落の再生について

亀井 靖子:Yasuko Kamei

准教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:住居学・建築維持保全・建築設計
  • 研究テーマ:戦後戸建住宅の維持保全と評価に関する研究、ドコモモジャパン建築に関する研究、アメリカの戸建建築に関する研究

篠崎 健一:Kenichi Shinozaki

准教授

  • 主要担当科目:建築学・建築設計演習、 建築計画、 エクステリアデザイン論
  • 研究テーマ:建築意匠設計、 空間図式の身体的原型の研究

永井 香織:Kaori Nagai

准教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:建築仕上材料、仕上工事、建築実験Ⅰ
  • 研究テーマ:歴史的建造物・超高層建物の維持保全、仕上材料の劣化評価、レーザを用いた建築分野への応用

三上 功生:Kosei Mikami

准教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:建築設備Ⅰ・Ⅱ、建築維持保全、地球環境学、建築実験Ⅰ、総合設計
  • 研究テーマ:障がい者・高齢者などの温熱環境のバリアフリー化に関する研究

鎌田 貴久:Takahisa Kamada

専任講師・博士(農学)

  • 主要担当科目:木質構造、建築構造力学Ⅰ、建築コンピュータ演習
  • 研究テーマ:木質構造物接合部に関する研究、木造住宅の耐力壁

下村 修一:Shuichi Shimomura

専任講師・博士(工学)

  • 主要担当科目:地盤工学、建築構造力学Ⅰ、建築実験Ⅱ
  • 研究テーマ:液状化、地盤改良、山留め

小島 陽子:Yoko Kojima

助教・博士(工学)

  • 主要担当科目:建築史Ⅰ、建築史Ⅱ、建築設計Ⅰ、建築設計Ⅱ
  • 研究テーマ:アジアの歴史的建造物の技術史及び保存修復に関する実践的研究

山岸 輝樹:Teruki Yamagishi

助教・博士(工学)

  • 主要担当科目:一般構法、建築設計I、建築設計II
  • 研究テーマ:地域住環境評価、郊外住宅地の再生、地域施設の再生・再編

水野 僚子:Ryouko Mizuno

助手

  • 研究テーマ:近代住宅の政策および技術革新に関する研究、海軍における建築技術の変遷に関する研究、近代の産業遺産の保全と活用に関する研究

※ 授業担当の専任教員を対象として掲載しています。
※ 初年次ゼミ、ゼミナールA、ゼミナールB、生産実習I、生産実習II、卒業研究、は専任教員全員で担当しています。


関連サイト

さらに詳しく建築工学を知る

日本大学生産工学部では、各学科ごとにコースの詳細や、研究室などの詳細情報を掲載しているウェブサイトを開設しています。併せてご覧ください。


このページのお問合せ:教務課

学科概要

さらに詳しく建築工学を知る

日本大学生産工学部では、各学科ごとにコースの詳細や、研究室などの詳細情報を掲載しているウェブサイトを開設しています。併せてご覧ください。

建築工学科ウェブサイト
ページトップへ