日本大学生産工学部日本大学生産工学部

menu

建築工学科研究室

亀井 靖子 研究室

戸建住宅の長寿命化と住み継がれる街づくりに係る研究

住宅の維持・保全の研究をしています。街は一戸一戸の住宅が集まってつくられます。住宅が永く大切に使われ、街が良好な状態で次世代に住み継がれていくためにはどうしたら良いか、その「きっかけ」を探っています。

社会のこんなところで応用されている

建築家が住宅を設計するときや、行政側が街を維持・管理するとき、そして居住者が快適な住生活を営む環境をつくり上げるときに、研究の成果が少しでも皆さんの参考になればと思っています。


塩川 博義 研究室

建築音響設計などの建築や都市の音に関わる研究

建築や都市の音に関わる研究を行っています。具体的にはコンサートホールなどの建築音響設計、空調騒音や交通騒音の対策、そして、サウンドスケープという新しい分野についても研究しています。研究室の学生は、無響室や残響室における測定だけではなく、音の響きや共鳴現象を理解するために、身近な材料で楽器を製作しています。

社会のこんなところで応用されている

コンサートホールやスタジオだけでなく、住宅やオフィスビルなど日常生活における静穏で快適な空間を創造するための音響設計に応用されます。また、地下鉄や商店街などの公共空間における音環境マネジメントや音環境デザインにも役立っています。


下村 修一 研究室

安全・安心に暮らすための地盤評価および地盤対策技術の開発

当研究室では宅地の液状化評価法を実験室や実際の現場での実験によって検討しています。また、液状化する地盤や軟弱地盤での地盤対策技術、地下構造の施工技術を施工会社と共同で開発しています。

社会のこんなところで応用されている

戸建住宅から高層ビルまで地盤が関わらない建物はありません。当研究室の成果は幅広い建物の基礎構造や地下室の設計・施工に反映され、安全・安心な暮らしに貢献します。


永井 香織 研究室

歴史的建物調査や光技術を応用した新しい仕上材料を研究開発

伝統材料や、新しい機能材料の研究開発をしています。歴史的な建物を保存するための材料調査や、レーザを応用した材料開発、現場での施工効率化、建物の色彩調査など、仕上材料を切り口とした研究を行っています

社会のこんなところで応用されている

毎年古民家や近代建築などを現場で調査し、建物の補修改修計画を提案しています。また、さまざまな企業と共同研究をしながら、材料開発に研究室の技術が活用されています。

研究情報

ページトップへ