日本大学生産工学部日本大学生産工学部

menu

土木工学科

自然環境と調和した持続可能な社会基盤と安全な市民の生活空間、
ならびに利便性の高い都市空間を創出します

土木工学とは人々が快適に、豊かに生活し、社会活動を円滑に行うために必要な施設を整備する、私たちの生活に最も密着した工学です。取り扱う範囲には道路、河川、上・下水道、港湾、交通、エネルギーなどの施設があり、これらの計画、設計、施工、維持、管理の実務を幅広くカバーします。

地球規模で進む環境汚染への対応、増大するエネルギー需要への対策、地震・洪水などによる自然災害の防護策、激増する通信情報伝達のための施設の建設など、人間活動の発展に伴う課題が次々に生まれ、いまも新しい土木技術が求められています。

生産工学部土木工学科は、これらに加えて人間には当然のこと、すべての生物にやさしい環境を護り続けることや、高齢化に対応する福祉や都市施設の創作にも知恵を注入しています。これら必要性に応えるため本学科には、「環境・都市コース」「マネジメントコース」の2つのコースを設置して、地球の保護と社会の反映を視野に入れながら、自らが課題を探求し、新しい技術を開発できる創造性豊かな土木技術者を育てています。


学びのポイント:土木工学のここが面白い

快適な暮らしを支える「市民のための工学」

土木工学は社会活動を円滑に行うために必要な施設を整備する、私たちの生活に最も密着した工学です。取り扱う施設は道路、河川、上・下水道、港湾、交通など。これらの計画、設計、施工、維持、管理の実務を幅広くカバーできる知識と実践能力を身につけます。

現代が抱える新たな問題・課題を解決する力を

環境汚染や増大するエネルギー需要への対策、地震・洪水などによる自然災害の防護策、激増する通信情報伝達のための施設の建設等、時代の進歩とともに生まれてくる新しい課題。これらの解決方法を導き出すことも、次の時代をつくり上げていく土木工学にとって重要です。

時代のニーズに応え再編成した2つのコース

今や、都市と環境の問題を切り離して考えることはできません。そこで本学科では、コースを「環境・都市コース」とJABEE認定コースである「マネジメントコース」に再編成。地球環境の保護と社会の繁栄を視野に入れながら、課題を探求し、新しい技術を開発できる技術者を育てます。


環境・都市コース

地球環境の保護は全世界の共通の課題です。一方で市民生活において快適かつ有益都市空間を得るために、社会基盤の創造を地球環境の観点から考えることが求められます。そこで環境保全・保存と開発・経済活動の調和を図りつつ、都市施設の構築、交通物流や景観といった都市設計を学び、機能の高度化システムを企画・設計・施工・管理できる技術者の育成をします。

卒業後の進路

国家・地方公務員をはじめ、建設会社(ゼネコン、専門工事会社)、建設コンサルタント会社、インフラ系企業(鉄道会社、高速道路会社、ガス・電力会社)、 資材メーカーなどで幅広く活躍することができます。そして、技術者としてのフィールドは、国内に留まらず、多くの卒業生が世界を舞台に活躍しています。


マネジメントコース

公共施設の建築プロジェクトなど、計画から建設までトータルマネジメントできる技術者は、国内外において高く評価されており、そのニーズも時代の流れとともに増大しています。このコースでは、国内外でこれまで以上に活躍できるように計画や設計、施工さらに維持管理から経営にいたるまで、建設技術を総合的にマネジメントできる国際的視点が豊かな技術者を育成します。
日本技術者教育認定機構(JABEE)認定コースとして卒業後「技術士補」の資格が取得できます。

卒業後の進路

国家・地方公務員をはじめ、建設会社(ゼネコン、専門工事会社)、建設コンサルタント会社、インフラ系企業(鉄道会社、高速道路会社、ガス・電力会社)、資材メーカーなどで幅広く活躍することができます。そして、技術者としてのフィールドは、国内に留まらず、多くの卒業生が世界を舞台に活躍しています。

関連ページ

目指す資格

  • 技術士
  • 測量士
  • 土木施工管理技士
  • 宅地建物取引主任者
  • 土地家屋調査士
  • 土地区画整理士
  • コンクリート主任技士
  • 管工事施工管理技士
  • 造園施工管理技士
  • 下水道処理施設管理技術者
  • 建設機械施工技士
  • 砕石業務管理者
  • 地質調査技師
  • 火薬類取扱保安責任者
  • 教育免許(理科・工業)
  • 公害防止管理者
  • 土木学会認定技術者資格
  • RCCM資格
  • コンクリート診断士

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【理科】(1種/教職課程を履修)
  • 高等学校教諭免許状【理科】(1種/教職課程を履修)
  • 高等学校教諭免許状【工業】(1種/教職課程を履修)
  • 測量士補
  • 測量士(卒業後実務経験1年要)
  • 技術士補(マネジメントコース)

就職業種

平成27年度分類別就職状況(平成28年3月31日現在)

  1. 建設業 52.4%
  2. サービス業 17.3%
    (内訳は調査・設計・コンサルタント業)
  3. 公務員 16.2%
  4. 進学 4.2%
  5. 製造業 2.1%
  6. 運輸業 2.1%
  7. 情報通信業 1.0%
  8. 卸・小売業 1.0%
  9. その他 1.0%
  10. 電気・ガス・熱・供給・水道業 0.5%
  11. 不動産業 0.5%
  12. 飲食店・宿泊業 0.5%
  13. 教育・学習支援業 0.5%
  14. 複合サービス業 0.5%

おもな就職先

  • 前田道路株式会社
  • 鉄建建設株式会社
  • 株式会社安藤・間
  • 株式会社熊谷組
  • 公益財団法人東京都都市づくり公社
  • 独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構
  • 五洋建設株式会社
  • 大成建設株式会社
  • 前田建設工業株式会社
  • 西松建設株式会社
  • 日本コムシス株式会社
  • 太平洋セメント株式会社
  • 東日本高速道路株式会社
  • 東京地下鉄株式会社
  • 東日本旅客鉄道株式会社
  • 山九株式会社
  • 日本郵政グループ
  • 三井不動産リアルティ株式会社
  • 国土交通省関東地方整備局
  • 茨城県庁
  • 千葉県庁
  • 東京都庁
  • 川崎市役所
  • 横浜市役所
  • 埼玉県川口市役所
  • さいたま市役所
  • 千葉市役所
  • 成田市役所
  • 船橋市役所
  • 特別区

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

土木工学科は、日本大学の目的及び使命、日本大学教育憲章、生産工学部の教育目標並びに本学科の教育研究上の目的に基づいた教育課程により、以下の項目を修得している者に学士(工学)の学位を授与する。

  • 豊かな教養と土木工学に関する基礎知識を持ち、高い倫理観を醸成することができる。
  • 国際的視野に立ち、必要な情報を収集・分析して土木工学の観点から、自らの考えを説明することができる。
  • 土木工学の専門分野を体系的に理解し、得られる情報を基に論理的な思考、批判的な思考をすることができる。
  • 生産工学に関する知識・技能等を活用し、土木工学の観点から新たな問題を発見し、制約条件を考慮して、最適な解決策を提案することができる。
  • 経営管理能力を有する技術者として、新しいことに果敢に挑戦することができる。
  • 国内外の異なる考えを理解し、違いを明確にしたうえで議論し、土木工学の観点から自らの考えを伝えることができる。
  • グローバル化する知識基盤社会の一員として技術の進歩に適応し、土木工学を専門とする者として、他者と協働することができる。
  • 自己を知り、振り返りを通じて技術者としての自己を継続的に高めることができる。

カリキュラム・ポリシー

土木工学科は、教育目標を踏まえ、ディプロマ・ポリシーに適う以下の人材を養成するため、4年間を通じて、教養、基盤(基礎)、生産工学系、及び専門教育で構成される体系的なカリキュラムを編成し実施する。
また、各科目における教育内容・方法、成績評価方法、及び評価基準をシラバス等で明示し学生に周知した上で、公正かつ厳正に評価を行う。

  • 教養科目と基礎科学、土木工学の専門教育科目を連携して学修することにより、豊かな教養と土木工学に関する基礎知識を身につけ、また高い倫理観を醸成することができる。
  • 教養科目と基礎科学、土木工学の専門教育科目の学修により、国際的視野に立って情報を収集・分析し、自らの考えを効果的に説明することができる。
  • 体系化されたカリキュラムにより土木工学の専門知識を修得し、得られる情報を基に論理的かつ批判的に思考することができる。
  • 初年次より適切に配置した実験実習科目等の学修により、知識基盤社会に通用する技術を修得し、土木工学の観点から新たな問題を発見し、制約条件を考慮して、最適な解決策を提案することができる。
  • 生産実習を中核に据える生産工学系科目の学修を通して、生産工学の基礎知識と経営管理を含む管理能力を修得し、新しいことに果敢に挑戦することができる。
  • コミュニケーション能力を裏付ける、教養科目と基盤科目・専門教育科目・生産工学系科目の学修により、国内外の異なる考えを理解し、違いを明確にした上で議論し、土木工学の観点から自らの考えを伝えることができる。
  • 実験実習科目、ゼミナール、卒業研究等の学修を通して、新たな課題を解決するために自ら学び、土木工学を専門とする者として、自らの意思を持って他者と協働することができる。
  • 初年次教育及び生産工学系のキャリア教育に関連する科目の学修により、自己を知り、振り返りを通じて技術者としての自己を継続的に高めることができる。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れ方針)

土木工学科では、日本大学教育憲章に則り、自ら学び、自ら考え、自ら道をひらく能力を有し、社会に貢献できる人材を4年間の学習と教育により育成します。
このため土木工学科では、高等学校課程までに修得した知識・教養・倫理観を基に、以下に示す「求める学生像」を理解して意欲的に学修することのできる者を求めています。

「求める学生像」

  1. 豊かな知識・教養を身につけて高い倫理観をもって、土木工学により社会(日本社会・国際社会)に貢献することを目標とし、その目標に向かって自ら継続的に学修する意欲をもつ人。
  2. 問題発見及びその解決のために、必要な情報を収集・分析し、自らの思考力をもって、自らの考えをまとめ、表現しようと努力する人。
  3. グループやチームでの活動をとおして自己を高め、さらに挑戦することや振り返ることの必要性を理解した上で、経営や生産管理ができる技術者になろうとする人。

なお、本学科に入学を志す者は、「求める学生像」を理解して受験していると判断し、入学試験では、学力試験等により、4年間の学修に必要な知識・技能・思考力・判断力を評価します。


教員紹介

※ 下表の教員指名をクリックすると経歴や研究、論文などの詳細な情報を掲載したページに移動できます。

平成29年5月1日現在

秋葉 正一:Shouichi Akiba

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:土木工学基礎及び演習Ⅰ・Ⅱ、土質力学及び演習Ⅰ(S)・Ⅱ(S)、道路工学(S)
  • 研究テーマ:産業副産物を利用した土質安定処理に関する研究、舗装材料の力学評価に関する研究、アスファルト混合物のリサイクルに関する研究

阿部 忠:Tadashi Abe

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:土木工学基礎及び演習Ⅱ(S)、橋梁工学・同(S)、構造実験、構造実験(S)
  • 研究テーマ:RC床版の耐荷力性能および疲労寿命に関する研究、道路橋長寿命化修繕計画における補強対策と維持管理手法の構築に関する研究、UFCとRCとの合成構造における耐荷力性能および耐疲労性に関する研究

伊藤 義也:Yoshinari Itou

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:コンクリート工学、鉄筋コンクリート、コンクリート実験・同(S)
  • 研究テーマ:セメント硬化体の機器分析における細孔性状の変質に関する研究、高流動コンクリートの流動性状荷関する研究、産業副産物の有効利用に関する研究

小田 晃:Akira Oda

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:河川工学・同(S)、水理学及び演習Ⅰ・Ⅱ・同(S)、土木設計製図Ⅲ(S)
  • 研究テーマ:天然ダムの決壊に関する研究、礫の粒度分布推定法に関する研究、間接的な流砂量計測法に関する研究

落合 実:Minoru Ochiai

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:水理学及び演習Ⅰ・Ⅱ、海岸工学・同(S)、水工実験・同(S)
  • 研究テーマ:海洋循環モデルによる物質拡散解析と海域環境評価、⼆酸化炭素の海洋隔離技術開発、東京湾における汚染物質の移行解析と海域環境評価

澤野 利章:Toshiaki Sawano

教授・工学博士

  • 主要担当科目:構造力学および演習Ⅰ・Ⅱ、構造力学および演習Ⅰ(S)・Ⅱ(S)、構造実験、構造実験(S)
  • 研究テーマ:粒状物体により構成される層状構造体の非線形せん断振動応答実験研究、鉄筋コンクリート部材の繊維シート補強に関する研究、土木構造物の免震構造に関する基礎的研究

杉村 俊郎:Toshirou Sugimura

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:測量学Ⅰ・Ⅱ、測量実習Ⅰ・Ⅱ、応用測量実習、リモートセンシング
  • 研究テーマ:時系列衛星画像を活用した土地利用変化と特徴の抽出、高分解能衛星画像による被災復興状況の調査、首都圏の都市的土地被覆変貌の時空間的特徴の解析

鷲見 浩一:Hirokazu Sumi

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:水理学及び演習Ⅰ・同(S)、水理学及び演習Ⅱ・同(S)、水工実験・同(S)
  • 研究テーマ:浅海砕波帯の物理的な運動、海岸構造物の安定性

西尾 伸也:Shinya Nishio

教授・工学博士

  • 主要担当科目:土質力学及び演習Ⅰ・Ⅱ、地盤工学(S)
  • 研究テーマ:海底堆積土の残留強度評価、表層型メタンハイドレート資源量評価と回収方法開発、弾性波計測に基く地盤物性評価

森田 弘昭:Hiroaki Morita

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:緑化環境システム、建設プロジェクトマネジメント
  • 研究テーマ:下水道資源の有効活用技術に関する研究、地下インフラ技術の海外展開に関する研究

渡部 正:Tadashi Watanabe

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:施工技術・同(S)、施工管理(S)、安全・環境管理(S)
  • 研究テーマ:建設ICT(情報通信技術)を活用した合理的な施工システムの研究、インフラ整備における環境マネジメントの構築に関する研究、社会資本アセットマネジメントシステムの構築に関する研究

佐藤 克己:Katsumi Sato

准教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:地域再生論、技術者倫理・同(S)
  • 研究テーマ:下水道管の健全性診断技術の開発、センサーネットワークを用いた土木インフラの状態監視技術の開発

高橋 岩仁:Iwahito Takahashi

准教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:環境工学・同(S)、水環境浄化システム(S)、環境実験・同(S)
  • 研究テーマ:廃棄物を利用した屋上緑化基盤材の適応実験、居住環境における有害揮発性物質の分析、放線菌担体による高濃度排水処理

水口 和彦:Kazuhiko Minakuchi

准教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:土木工学基礎及び演習Ⅰ、Ⅱ、土木設計製図Ⅰ、Ⅱ、構造実験、同(S)
  • 研究テーマ:超高強度繊維補強コンクリート部材の力学特性に関する研究、複合構造柱モデルの耐荷力および変形性状に関する研究、塩害・凍害作用を受けるRC部材の劣化診断

青山 定敬:Sadayoshi Aoyama

専任講師・博士(工学)

  • 主要担当科目:測量学Ⅰ・Ⅱ・同(S)、測量実習Ⅰ・Ⅱ・同(S)、水資源工学
  • 研究テーマ:人工衛星を用いた災害被害把握に関する研究、人工衛星を用いた海岸林生育把握に関する研究

朝香 智仁:Tomohito Asaka

専任講師・博士(工学)

  • 主要担当科目:測量実習I、測量実習II、応用測量学
  • 研究テーマ:地球観測衛星による国土変遷の解析、地理空間情報を活用したヒートアイランド現象の分析、CADによる3次元地形モデルの作成と評価

加納 陽輔:Yousuke Kanou

専任講師・博士(工学)

  • 主要担当科目:地盤工学、道路工学、土質実験・同(S)
  • 研究テーマ:産業副産物を用いた地盤改良技術の開発、アスファルト舗装のメンテナンスおよびリサイクルに関する研究、景観・環境配慮型舗装技術の開発

山口 晋:Shin Yamaguchi

専任講師・博士(工学)

  • 主要担当科目:土木材料学、土木生産製図(S)、コンクリート実験・同(S)
  • 研究テーマ:環境負荷低減型オートクレーブ養生に関する研究、高流動コンクリートの流動特性に関する研究

中村 倫明:Tomoaki Nakamura

助教・博士(工学)

  • 研究テーマ:海洋中放射性物質拡散の予測・影響評価、ダイオキシン類の拡散予測に関する研究、発電所温排水の拡散予測に関する研究

内田 裕貴:Yuuki Uchida

助手

  • 研究テーマ:近赤外カメラによるラコミトリウムの感性工学的な生育評価、屋外環境下におけるスナゴケの生育評価

※ 授業担当の専任教員を対象として掲載しています。
※ 初年次ゼミ、初年次ゼミ(S)、土木ゼミⅠ、土木ゼミⅠ(S)、ゼミナール、生産実習Ⅰ、生産実習Ⅰ(S)、生産実習II、生産実習II(S)、卒業研究、卒業研究(S)は専任教員全員で担当しています。


関連サイト

さらに詳しく土木工学を知る

日本大学生産工学部では、各学科ごとにコースの詳細や、研究室などの詳細情報を掲載しているウェブサイトを開設しています。併せてご覧ください。


このページのお問合せ:教務課

学科概要

さらに詳しく土木工学を知る

日本大学生産工学部では、各学科ごとにコースの詳細や、研究室などの詳細情報を掲載しているウェブサイトを開設しています。併せてご覧ください。

土木工学科ウェブサイト
ページトップへ