重要な
お知らせ

2020.10.01PICKUP NEWSが更新されました【NEW】

2020.09.11新型コロナウイルス感染症の対応について

日本大学生産工学部日本大学生産工学部

menu

応用分子化学科

新たな機能を持つ物質をつくりだし、
あらゆる分野で人と社会、地球環境に役立てます

応用分子化学科“Department of Applied Molecular Chemistry”は、『資源と環境を調和させながら材料の無限の可能性を追究する』ことを目標に、教育・研究に取り組んでいます。

化学は物質を扱う学問です。素材の提供を行う点から“The Central Science”といえます。物質の理解なくしてScienceは成り立ちません。また、化学が21世紀のより豊かな社会の実現に大きな役割を果たすことは、間違いありません。これからの化学技術者は、大量生産を基本とした『はじめに材料ありき』のシーズ型ではなく、要求された特性をもつ物質や材料をつくるニーズ型の技術、すなわち分子デザイン技術を駆使できなければなりません。

このようにデザインされた製品および製造プロセスは、サステイナブルで環境にやさしいというグリーンケミストリーの考え方が基本になります。本学科は、総合的な学問的知識に加え、グリーンケミストリーを理解し、さらには独創性・創造性を備えた技術者の育成を目指しています。

このような社会の要請にあわせた応用分子化学科のなかに、さらに教育基準の国際化に応えるため、国際化学技術者コースを設置しました。本コースの教育目標は、日本技術者教育認定機構(JABEE)の思想に基づいて、国際的な化学技術者としての資質を保証できる人材を育成し、社会に送り出すことにあります。


学びのポイント:応用分子化学のここが面白い

新しい物質をつくるという可能性の追求

地球上に存在する物質はすべて、わずか100数種類の元素の組合せによってできています。その組合せを研究し、新たな機能を持つ物質をつくり出すのが化学。暮らしを豊かにする新たな機械も医薬品も建築物も、化学はすべての科学技術の基盤となる“The Central Science”です。

科学技術の発展と環境との共生のために

豊かな未来をつくるスタート地点となる化学。そこには地球の未来を考える責任も伴います。本学科では総合的な知識に加え、サステイナブル(持続可能)で環境にやさしいものづくりを行うグリーンケミストリーを理解し、創造性・独創性を備えた技術者の育成を目指します。

社会ニーズに応える人材を育成する3コース

分子レベルの視点から新しい材料・物質をつくり出す「物質デザインコース」、生体機能の利用やバイオテクノロジーを基盤としたものづくりを行う「生命化学コース」に加え、教育基準の国際化に応える「国際化学技術者コース」の3コースを設置しています。


物質デザインコース

分子レベルの視点から、新しい材料や物質を創り出すことができる技術者を養成します。ナノテクノロジーを駆使して、ものづくりの基礎から応用まで含めた幅広い知識を修得。これら総合的な知識を土台に、それぞれが目指す専門的知識と能力を獲得します。

卒業後の進路

化学技術系の基幹産業を中心とするものづくり技術分野で活躍できます。


生命化学コース

化学の知識をベースに、生体機能の利用やバイオテクノロジーを基盤とするものづくりができる技術者を育成します。バイオテクノロジーを駆使するのはもちろん、物質から生命まで幅広い知識を身につけることで、化学技術者としての豊かな創造性も育みます。

卒業後の進路

環境、製薬、バイオ産業でのものづくりを中心に幅広い分野に活躍の場は広がっています。


国際化学技術者コース

このコースでは、日本技術者教育認定機構(JABEE)の基準に基づいて教育プログラムを構成しています。数学や物理、化学、生物といった自然科学系の知識に加えて、情報処理技術、国際的なコミュニケーション能力の育成にも力を入れています。

卒業後の進路

先端的な科学技術分野における国際的舞台で活躍できます。

関連ページ

目指す資格

  • 技術士
  • Fundamentals of Engineering(FE)
  • 公害防止管理者
  • 計量士(環境・一般)
  • 甲種危険物取扱者(※所定の単位を修得することで受験資格が得られます)
  • エネルギー管理士

取得できる資格

  • 修習技術者(技術士補) ※JABEE認定の国際化学技術者コースを修了
  • 毒物劇物取扱責任者
  • 中学校教諭免許状【理科】(1種/教職課程を履修)
  • 高等学校教諭免許状【理科】(1種/教職課程を履修)
  • 高等学校教諭免許状【工業】(1種/教職課程を履修)

就職業種

令和元年度分類別就職状況(令和元年3月31日現在)

  1. 製造業 46.00%
  2. 進学 20.10%
  3. 情報通信業 8.60%
  4. サービス業 7.50%
  5. 卸・小売業 6.90%
  6. 建設業 3.40%
  7. 教育・学習支援業 2.30%
  8. 公務 2.30%
  9. 金融・物品賃貸・保険業 1.10%
  10. 不動産取引・賃貸・管理業 1.10%
  11. 飲食店・宿泊業 0.60%

おもな就職先

  • 東京エレクトロン(株)
  • 日揮ホールディングス(株)
  • 凸版印刷(株)
  • 山崎製パン(株)
  • 佐藤製薬(株)
  • (株)ツムラ
  • (株)船井総合研究所
  • 日野自動車(株)
  • UDトラックス(株)
  • リョービ(株)
  • ミヨシ油脂(株)
  • 経済産業省
  • 特別区(東京23区)
  • 神奈川県教育委員会
  • 神奈川県警察

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

応用分子化学科では、日本大学の目的及び使命、日本大学教育憲章、生産工学部の教育目標及び応用分子化学科の教育研究上の目的に基づいた教育課程により、応用分子化学科のディプロマ・ポリシーの各項目を修得している者に学士(工学)の学位を授与する。

  • 豊かな教養、自然科学の基礎知識及び化学関連の専門知識を身につけると共に、倫理的原則に基づいて、科学技術が社会及び自然に及ぼす影響や効果を説明できる。
  • グローバルな視点から問題を捉え、自律的に獲得した知識や情報に基づいて説明できる。
  • 化学分野の専門的知識を継続的に学習し、化学的現象あるいは生命機能などを分子論に基づいて熟考できる。
  • 生産工学に関する知識・技能を活用し、携る技術上の問題における解決策を提案できる。
  • 経営管理能力を有する技術者として、自然、生命及び社会に対する責任を持ち、人類の幸福を念頭において持続可能な社会の構築に向けて取り組むことができる。
  • 国内外の異なる考えを理解し、議論の中で自らの考えを伝えることができる。
  • 協働の中で役割を認識し、実践的な課題に取り組むことができる。
  • 自己を知り、振り返りを通して技術者としての自己を高めることができる。

カリキュラム・ポリシー

応用分子化学科では、生産工学部の教育目標を踏まえ、学科のディプロマ・ポリシーに適う人材を養成するため、教養科目、基盤科目、専門教育科目、連携科目、生産工学系科目、実技科目及び初年次教育とキャリア教育に関連する科目で構成される体系的なカリキュラムを編成し、実施する。
また、各科目における教育内容・方法、成績評価方法及び評価基準をシラバス等で明示し学生に周知した上で、公正かつ厳正に評価を行う。

  • 教養科目、基盤科目及び専門教育科目を複合的に学修することにより、豊かな教養、幅広い自然科学の基礎知識及び化学関連の専門知識を身につけると共に、倫理的原則に基づいて、科学技術が社会及び自然に及ぼす影響や効果を説明できる。
  • 教養科目、基盤科目及び専門教育科目を複合的に学修することにより、グローバルな視点から問題を捉え、自律的に獲得した知識や情報に基づいて説明できる。
  • 専門教育科目を学修することにより、化学分野の専門的知識を継続的に学び、化学的現象あるいは生命機能などを分子論に基づいて熟考できる。
  • 連携科目、生産工学系科目及び実技科目を複合的に学修することにより、生産工学に関する知識・技能を活用し、携る技術の問題について、解決策を提案できる。
  • 生産工学系科目を学修することにより、経営管理能力を有する技術者として、自然、生命及び社会に対する責任を持ち、人類の幸福を念頭において持続可能な社会の構築に向けて取り組むことができる。
  • 基盤科目と専門教育科目を複合的に学修することにより、国内外の異なる考えを理解し、議論の中で自らの考えを伝えることができる。
  • 実技科目を学修することにより、協働の中で役割を認識し、実践的な課題に取り組むことができる。
  • 初年次教育とキャリア教育に関連する科目を複合的に学修することにより、自己を知り、振り返りを通して技術者としての自己を高めることができる。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れ方針)

応用分子化学科では、日本大学教育憲章に則り、自ら学び、自ら考え、自ら道をひらく能力を有し、社会に貢献できる人材を育成します。また、本学科では、日本大学の目的及び使命、日本大学教育憲章、生産工学部の教育目標及び応用分子化学科の教育研究上の目的を実現するために、以下に示す「求める学生像」を理解して意欲的に学修を進めていくことのできる者を求めています。

「求める学生像」

  1. 応用分子化学科での履修に必要な基礎学力を有する人。
  2. 自らの考えをまとめて表現し、協調して課題に取り組む人。
  3. 人類の幸福を念頭において、修得した化学に関する知識や経験等を活かしてさまざまな産業分野やビジネス分野でグローバルに活躍する意欲を持つ人。

なお、本学科に入学を志す者は、「求める学生像」を理解して受験していると判断し、入学者選抜では、学力考査等により、4年間の学修に必要な知識・技能・思考力・判断力・表現力・主体性・多様性・協働性を評価します。


教員紹介

※ 下表の教員指名をクリックすると経歴や研究、論文などの詳細な情報を掲載したページに移動できます。

令和2年5月1日現在

柏田 歩:Ayumi Kashiwada

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:生体高分子化学、分子生物学、生物化学
  • 研究テーマ:新規バイオマテリアルの開発、細胞レベルでの薬物送達系の構築

清水 正一:Shoichi Shimizu

教授・博士(理学)

  • 主要担当科目:有機化学Ⅰ、有機化学、超分子化学
  • 研究テーマ:人工酵素、カリックスアレーン、鏡像体の分割、超分子材料

津野 孝:Takashi Tsuno

教授・博士(薬学)、Dr. rer. nat.

  • 主要担当科目:量子化学Ⅰ、分子構造解析学、有機化学II
  • 研究テーマ:不斉有機遷移金属錯体および複素環化合物の新規合成

中釜 達朗:Tatsuro Nakagama

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:分析化学Ⅰ・Ⅱ、基礎無機化学、化学プロセスデザイン
  • 研究テーマ:環境汚染物質・生体関連物質の高感度・高選択的分析法の開発

藤井 孝宜:Takayoshi Fujii

教授・博士(理学)

  • 主要担当科目:基礎有機化学、有機化学II、分子構造論(S)
  • 研究テーマ:ヘテロ原子の特性を利用した機能性分子の創製、発光性金属錯体

山田 和典:Kazunori Yamada

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:高分子科学、界面化学、化学英語II
  • 研究テーマ:環境汚染物質除去技術の構築と機能性高分子材料の開発

吉宗 一晃:Kazuaki Yoshimune

教授・博士(農学)

  • 主要担当科目:生物化学、生物工学、生体高分子化学
  • 研究テーマ:食品加工、バイオエネルギー生産および医療診断技術の開発

市川 隼人:Hayato Ichikawa

准教授・博士(理学)

  • 主要担当科目:有機化学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、生命有機化学、化学英語
  • 研究テーマ:過酸化水素を利用する環境調和型酸化、不斉有機分子触媒の開発

岡田 昌樹:Masaki Okada

准教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:触媒反応工学、有機資源化学、化学熱力学
  • 研究テーマ:放電プラズマをエネルギー源とした新規化学反応場の開発

齊藤 和憲:Kazunori Saitoh

准教授・博士(理学)

  • 主要担当科目:分析化学Ⅰ・Ⅱ、基礎無機化学、基礎物理化学
  • 研究テーマ:電気化学反応を利用した液体クロマトグラフィーの高機能化

田中 智:Satoshi Tanaka

准教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:無機化学I、無機資源化学、グリーンケミストリー
  • 研究テーマ:現場が抱える諸問題に対する無機材料を用いた解決方法の開発

保科 貴亮:Takaaki Hoshina

准教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:電気化学、プロセス工学
  • 研究テーマ:二成分混合溶液の誘電物性測定、電解質溶液中におけるイオン伝導

山根 庸平:Yohei Yamane

准教授・博士(理学)

  • 主要担当科目:基礎無機化学、化学情報処理演習
  • 研究テーマ:固体における超イオン伝導現象の発現と二次電池への応用

木村 悠二:Yuji Kimura

専任講師・博士(工学)

  • 主要担当科目:高分子工学
  • 研究テーマ:新規機能性を付与した高分子材料の開発

佐藤 敏幸:Toshiyuki Sato

専任講師・博士(工学)

  • 主要担当科目:化学工学Ⅰ・Ⅱ、化学動力学、化学熱力学
  • 研究テーマ:高温高圧水中における機能性金属酸化物ナノ粒子の合成

高橋 大輔:Daisuke Takahashi

専任講師・博士(工学)

  • 主要担当科目:応用分子化学実験Ⅱ、応用分子化学演習Ⅱ
  • 研究テーマ:タンパク質の変性機構の解明とリフォールディング技術の開発

※ 授業担当の専任教員を対象として掲載しています。
※ 自主創造の基礎、自主創造の基礎(S)、ゼミナールⅠ、ゼミナールII、生産実習Ⅰ、生産実習Ⅰ(S)、生産実習II、生産実習II(S)、卒業研究、卒業研究(S)は専任教員全員で担当しています。


関連サイト

さらに詳しく応用分子化学を知る

日本大学生産工学部では、各学科ごとにコースの詳細や、研究室などの詳細情報を掲載しているウェブサイトを開設しています。併せてご覧ください。


このページのお問合せ:教務課

学科概要

さらに詳しく応用分子化学を知る

日本大学生産工学部では、各学科ごとにコースの詳細や、研究室などの詳細情報を掲載しているウェブサイトを開設しています。併せてご覧ください。

応用分子化学科ウェブサイト
ページトップへ