日本大学生産工学部日本大学生産工学部

menu

ニュース

本学部マネジメント工学科大前佑斗助教のグループが行った人工知能(AI)を活用した遠隔授業の実証実験が地元新聞「上越タイムス」などで紹介されました

2019.09.19

2019年9月5日(木)に山梨県の小学校と新潟県の小学校を中継で結んで、算数の同じ問題を解く特別授業が行われました。この人工知能(AI)を使ったシステムの開発に、本学部マネジメント工学科の大前佑斗先生が携わっています。

人工知能(AI)を活用した小学校のアクティブ・ラーニング支援
2019年9月5日(木)に山梨県甲府市の小学校と新潟県の小学校を中継で結んで、児童が算数の同じ問題を解く特別授業が行われ、これには4つの大学と電気通信会社が開発した学習支援システムが使われました。
本システムは、人工知能が児童の行動を精密に測定するとともに、授業目標を達成できない児童を予測し、教師に対してリアルタイムにフィードバックする機能を備えています。この人工知能を使ったシステムの開発に、本学生産工学部マネジメント工学科の大前佑斗先生が携わっています。

詳細については、マネジメント工学科のHPをご覧下さい。


2019年度

2018年度

2017年度

2016年度

2015年度

2014年度

ページトップへ