日本大学生産工学部日本大学生産工学部

menu

ニュース

本学部とランシット大学工学部(タイ)の間で学生と教職員の教育および学術交流に関するMOUが締結されました

2019.05.17

2019年4月25日(木),本学部機械工学科綱島均教授(日本大学生産工学部鉄道工学リサーチ・センター長)がタイのランシット(Rangsit)大学を訪問し,学部間の学生と教職員の教育および学術交流に関する合意文書(了解覚書:MOU)に調印を行いました。
なお,綱島均教授と同行した松本陽上席研究員(鉄道工学リサーチ・センター最高顧問)は,2019年4月25,26日に同大学で開催されたThe 4th RSU National and International Research Conference on Science and Technology, Social Sciences, and Humanities 2019. (RSUSSH 2019)において基調講演を行いました。

綱島先生の講演タイトル:
Perspectives on Railway Condition Monitoring
松本陽上席研究員の講演タイトル:
Advance of safety in Japanese railway systems; condition monitoring system for running safety

詳細については,機械工学科のホームページをご覧下さい。
http://db.me.cit.nihon-u.ac.jp/me/topics/topics_detail2.php?-recid=107

http://db.me.cit.nihon-u.ac.jp/me/topics/topics_detail2.php?-recid=1079

RSUSSH 2019に関するホームページのURL:
https://rsucon.rsu.ac.th/page/speakers

左から綱島均教授,Arthit Ourairat ランシット大学総長,Thammasak Rujirayanyongランシット大学工学部長
調印式後の記念撮影

基調講演を行う綱島均教授(鉄道工学リサーチ・センター長)


基調講演を行う松本陽上席研究員(鉄道工学リサーチ・センター最高顧問)


2019年度

2018年度

2017年度

2016年度

2015年度

2014年度

ページトップへ