日本大学生産工学部日本大学生産工学部

menu

ニュース

平成30年度第2回助講会フォーラム「インターンシップと生産実習 -現状と課題-」が開催されました

2019.03.04

平成31年2月20日(水)、津田沼キャンパス37 号館101教室において、平成30年度第2回助講会フォーラムが開催されました。
生産工学部では40年以上にわたり、必修科目として「生産実習」の名でインターンシップをカリキュラムに組み込んでおりますが、昨年から文科省を主体として、日本学生支援機構を窓口とするインターンシップ届出制度が始まり、生産実習も時代に合わせた対応に迫られている状況にあります。そこで、現状を知る機会として、「インターンシップと生産実習 -現状と課題-」のテーマのもと2名の外部講師の方にご講演を頂きました。最初の講演は、日本学生支援機構学生生活部 頼本維樹部長に「インターンシップ届出制度の背景」の題目で、二番目はいち早くこの制度に対応したインターンシップを実施して表彰された東京工科大学工学部コーオプセンター長 戸井朗人教授に「東京工科大学での取り組みについて」の題目でお話しを頂きました。
講演後は、講師を交えての意見交換会が行われました。

「助講会」とは、日本大学生産工学部の准教授、専任講師、助教により組織され、教育研究環境の向上と、会員相互の親睦を目的とした会です。





【日本学生支援機構学生生活部】頼本維樹 部長


【東京工科大学工学部コーオプセンター長】戸井朗人 教授


2019年度

2018年度

2017年度

2016年度

2015年度

2014年度

ページトップへ