日本大学生産工学部日本大学生産工学部

menu

ニュース

平成29年度グローバル人材育成プログラム海外研修「Study Abroad Program 2018 in Seattle」 現地レポート(5)

2018.03.18

報告者:土木工学科 朝香智仁(専任講師)

本日の天気予報は、午前中が曇りで午後から雨となっています。天気予報どおりなら午後のアクティビティが心配だなと思いながら、ELS Seattleまで向かいます。道の途中、品種はわかりませんが満開の桜に出会えました。
さて、第5回目は、七日目のELSクラスの様子をレポートします。

01
桜が満開の街路樹

四時限目のRoom107は普段Alex先生ですが、本日はお休みのため臨時でRobert先生の授業となりました。ここには、本学の学生が2名と他の6名の学生が配属されていました。中国、韓国、台湾、アルゼンチンの学生のようです。今日は、現在完了進行形(Present perfect progressive)のスピーキングを練習するようです。まずは、現在形(Present)、現在完了形(Present perfect)の違いを説明し、使われる動詞の数が対応している事を教えていました。次に、各学生は現在完了進行形の例文に沿って質問事項を考え、自由に歩き回りながら学生同士で会話をすることになりました。このクラスにいる本学のTaigaとShoukiも、積極的に他国の学生に話しかけています。この後は、テキストに沿ってリスニングの確認が行われ、四時限目が終了しました。Robert先生の授業は動的でわかりやすいと思いましたが、ShoukiによるとAlex先生はもっと動的な授業で、自身は楽しいと言っていました。



本日の午後は、Kaiのホストファザー、Mahindaさんのご好意でUniversity of Washington, Seattle(ワシントン大学シアトル校)の見学に連れて行ってもらいました。当初、Kaiにワシントン大学の案内を提案してくれたようですが、他の学生や引率教員も含めてもらえるようKaiが交渉してくれて、見学ツアーが実現しました。Mahindaさんはワシントン大学の卒業生と言っていましたが、後から合流した奥様のSujathaさんから聞いたところによると、同大でPh.Dを取得され、母国で大学教授をしていたそうです。
到着後、まず米国を代表する「University」の規模に圧倒されます。また同時に、一つ一つの建物が洒落ていて、どこかの町に来たように感じます。

01
Husky Stadium前での集合写真(母校の帽子を被るMahindaさん)

ハンバーガー、中華、照り焼きチキン丼等、幅広いメニューが揃う学食でランチを食べた後、見学スタートです。ワシントン大学の要所を案内してもらい、大学内のBurke Museum of Natural History and Culture(バーク自然史文化博物館)ではシアトルの歴史を知る事が出来ました。

“pg”学食でランチ!
“pg”Burke Museum of Natural History and Culture
“pg”University of Washington, Seattleで最も古い建物

そして何と言っても、壮大な規模で且つ美しいゴシック建築のスザロ図書館は圧巻でした。図書館の中は、ハリポッターの世界を彷彿とさせる図書室をはじめ、膨大な図書が並びます。様々な人種がひしめき合い、多くの学生が勉学に励む姿、学生同士がディスカッションをしている光景。THE世界大学ランキング25位(2017-2018年度版)の実力が垣間みえました。

01
米国で最も美しい図書館に選定された「スザロ図書館」に向かう一行

大学内の見学後、近くのワシントン大学のグッズがたくさん並ぶ本屋に行き、そこで本日の課外活動はここで終了しました。早いもので、あと三日で学生達は修了式を迎えます。<続く…>

01
ELS Seattle廊下の掲示(学生達の修了式の日が掲示されています)



rc



2019年度

2018年度

2017年度

2016年度

2015年度

2014年度

ページトップへ