重要な
お知らせ

2020.08.07PICKUP NEWSが更新されました【NEW】

2020.08.07新型コロナウイルス感染症の対応について

日本大学生産工学部日本大学生産工学部

menu

ニュース

平成29年度グローバル人材育成プログラム海外研修「Study Abroad Program 2018 in Seattle」 現地レポート(2)

2018.03.18

報告者:土木工学科 朝香智仁(専任講師)

昨日までの天候と違い、本日は一面の青空が広がりました。少し肌寒いですが、清々しい朝の日差しの中、引率教員は歩いてELS Seattleまで向かいます。
さて、第2回目は、二日目のELSクラスの様子をレポートします。本日より、昨日のプレースメントテストに基づいて能力別にクラス分けが行われ、午前中に四コマの授業(1コマ50分)が展開されます。本学の学生は、初級から中級の5つのクラスに分散する形となりましたので、田中先生と分担して2クラスの授業を参観しました。


Room106は、Kristen先生の授業です。ここには、本学の学生が9名と他の4名の学生配属されていました。授業の冒頭、このクラスの目標と成績の評価基準について説明がなされ、テキストに沿って授業が始まりました。Kristen先生は、本当にわかりやすく話してくれるので、学生も十分に理解できていると感じました。先生に促されながら、最初の課題「Procrastinator」について3人ずつのグループでディスカッションが行われ、その後、各自が自己紹介を含めて自分の意見を発表していました。まだ緊張気味に発表をしている学生が多いですが、二週間後の成長が楽しみです。

01
クラス分けの一覧表


最初の課題の後は、テキストに沿ってスピーキングの練習をして一限目が終了しました。Kristen先生は時折、単語の意味を学生に発表させながら、クラス全体の理解を促進させているようでした。先生を囲むような座席は、学生全員が講師との距離が近くなる効果があって、少人数教育には最適と思いました。

01グループディスカッションの様子

本日の午後は、課外活動です。シアトルではこの時期なかなか出会えない青空の下、Keley先生にダウンタウン周辺の観光に連れて行ってもらいました。

01Pike Place Marketでの集合写真

最初の場所はPike Place Marketです。ここでは、魚屋さんによる豪快な「鮭のキャッチボール」、日本では見たことない野菜や果物、珍しいジャムやパスタの試食など、学生たちはそれぞれ楽しんでいました。また、近くのスターバックス一号店は大行列で、コーヒー一杯買うだけでも一苦労でした。

01

シアトル組の学生リーダー Taiga(スターバックス一号店前にて)

01

モノレールでの移動


Pike Place Marketを後にして、今度はWestlake Center MallからSeattle Centerまでモノレールで移動しました。このモノレールは、シアトル万博(1962年)の際に開業したそうです。

01

Space Needle前での集合写真

01

巨大なギターで弾語り(Pacific Science Centerにて)

Seattle Centerは、シアトルのランドマークであるSpace Needleをはじめ、様々な施設が併設されている総合公園です。ここでは、Pacific Science Centerを見学しました。いわゆる科学館なのですが、学生たちは理系の学生ぶりを発揮して、夢中で遊んでいました。
 本日の課外活動はここで終了し、各自、ホストファミリーの元へ帰って行きました。一日中良い天候に恵まれ、学生は充実した日を過ごせたと思います。
<続く…>




rc



2020年度

2019年度

2018年度

2017年度

2016年度

2015年度

2014年度

ページトップへ