日本大学生産工学部日本大学生産工学部

menu

ニュース

世界ジュニアウエイトリフティング選手権大会で本学部新井健一専任講師が監督を務める日本代表選手団が国別対抗団体戦で男子チームが2位となりました

2017.07.07

平成29年6月16~24日の9日間、東京都大田区総合体育館で開催された「世界ジュニアウエイトリフティング選手権大会」で日本代表選手団の監督を教養・基礎科学系の新井健一専任講師が務められました。
国別対抗の団体成績で男子日本チームは過去最高の2位となりました。また、日本大学関係では、2名が出場し、文理学部2年生の益子広幸君が56kg級で3位に入賞し、銅メダルを獲得しました。スポーツ科学部1年生の山根大地は69kg級で13位でした。

“nu_car”

表彰台にて (右:新井先生、中央:益子君、左:山根君)

“nu_car”

日本大学のバックボードとともに

“nu_car”

銅メダリスト益子君と新井先生

“nu_car”

日本チーム集合写真

“nu_car”

表彰式 ライアン国際連盟会長と新井先生

“nu_car”

表彰式
(左から 三宅日本協会会長、アイアン国際連盟会長、優勝イラン監督、優勝イランコーチ、2位日本監督新井先生、3位中国監督)


2017年度

2016年度

2015年度

2014年度

ページトップへ