日本大学生産工学部日本大学生産工学部

menu

ニュース

平成28年度グローバル人材育成プログラム海外研修 「Study in the USA Seattle組」 現地レポート(3)

タグ:Glo-BE 

2017.03.17

報告者:数理情報工学科 古市昌一(教授)

本号では、間もなく1週間目の海外研修を終えようとしているSeattle組の皆さんの放課後の様子をレポートします。

2017年3月9日(木)の午後、校外授業に出かけるためロビーで集まっていると、Kelsey先生から号令がかかった。「でかける前に大事なものを渡さねばならない、今日はNaokiそして明日はHayatoの誕生日、先生方から誕生日カードを渡します!」。驚く当人達を囲んで全員でハッピーバースディを歌い、午前中の授業の疲れがすっかり吹き飛んだ。

201703_03_0
(左)Kelsey先生から誕生日カードをもらうNaoki
(右)NaokiとHayato

201703_03_3
Birthdayカードには先生方からのメッセージがビッシリ

201703_03_4
Hayatoはその後仲間とケーキを

ELSでの放課後は、こんな感じで色々なハプニングも起こりつつ、課外授業や自由行動で学生達は過ごす。そんな中でも一番楽しみは外食だろうか。本場のアメリカ料理を、コンビニ弁当も含めて毎日楽しんでいる。以下そのいくつかを紹介する。

アメリカ料理と言ったらまずはハンバーガであろう。日本ではあまりレストランでハンバーガを食べる機会がないが、こちらでレストランに入って注文に困った時には、ハンバーガを頼めば間違いない。大皿に乗っかったピクルスと野菜が溢れんばかりのハンバーガ、そしてXLサイズのフレンチフライ、店ごとに味が大きく違うので、学生の皆さんは隔日程度の頻度でハンバーガを楽しんでいるようだ。

201703_03_5
慣れるまでは皆で一緒にレストランへ食べに行きました

201703_03_6
これが米国では標準的なハンバーガ

201703_03_7
学生リーダのHiroki

201703_03_8
誕生日を迎えたばかりのNaoki

201703_03_10
サンドイッチも典型的なアメリカ料理

アメリカ料理に飽きたら、シアトルには世界中の料理がある。特に多いのはベトナム料理とタイ料理、そしてもちろん中華料理もどこにだってある。更に驚いたのが、ESLの向かいのビルにあるのがKizuki、ラーメン屋である。夜は居酒屋になるので、ランチタイムにラーメンを皆で食べに行った。店内は日本の標準的なファミリーレストランサイズ程の広さがあるにもかかわらず、超満席。店内はロックが流れ、日本のラーメン屋とは全く違う、ナウくてトレンディ。きっとアメリカ流にアレンジされたラーメンが出て来るかと思いきや、予想を裏切る本格的な豚骨味。麺もスープもメンマも煮豚も美味しく、日本大学生産工学部近隣のいずれのラーメン屋とも対抗できる味であった。約1年前にオープンしたらしく、アメリカ料理に飽きたら一度寄ってみると良い。数件隣には寿司屋もあるようだが、まだチャレンジしていない。

201703_03_11a
ELSの真向かいはラーメン“輝月”

201703_03_11
あらゆる予想を裏切る本格的な豚骨ラーメン等

201703_03_12
シアトルの“輝月”は超オススメ〜

このように、シアトル組の学生たちは放課後も元気にグローバルエンジニアへの道を目指して頑張っている。


2017年度

2016年度

2015年度

2014年度

ページトップへ