重要な
お知らせ

2020.08.07PICKUP NEWSが更新されました【NEW】

2020.08.07新型コロナウイルス感染症の対応について

日本大学生産工学部日本大学生産工学部

menu

ニュース

「第39回 鳥人間コンテスト2016 滑空機部門」津田沼航空研究会が9位になりました

タグ:サークル 

2016.09.14

7月30日(土)~31日(日)、滋賀県彦根市琵琶湖松原水泳場で開催された「第39回 鳥人間コンテスト2016 滑空機部門」に津田沼航空研究会の『project2016 匠』が参加し、その模様が8月31日(水)に読売テレビ・日本テレビ系全国ネット列「Iwataniスペシャル 鳥人間コンテスト 飛ばなきゃならないワケがある」で放映されました。

フライト順が近づくにつれて向かい風が強くなるコンディションの中、これまで積み重ねた練習の成果により、機体は綺麗にプラットホームから飛び出しました。風の影響もあり機体は大きく左旋回してしまい、記録は153.00m で18機中9位という結果でした。

津田沼航空研究会では、すでに今年の反省を活かした新機体の設計に取り掛かっており、次年度の挑戦に向けた戦いが始まっています。

プラットホームから飛び出す「匠」
プラットホームから飛び出す「匠」


2020年度

2019年度

2018年度

2017年度

2016年度

2015年度

2014年度

ページトップへ