日本大学生産工学部日本大学生産工学部

menu

ニュース

建築工学科塩川博義教授が三井記念美術館で開催されている「特別展 アール・ヌーヴォーの装飾磁器」で講演を行いました

タグ:建築工学科 タグ:講演 

2016.08.21

2016年7月6日(水)~8月31日(水)の期間、三井記念美術館で、「アール・ヌーヴォーの装飾磁器」展が開催されており、本学部の塩川博義教授の講演会「北欧のアール・ヌーヴォー磁器」(7月23日)、「アール・ヌーヴォーの装飾磁器 ヨーロッパ名窯 美麗革命!」(8月2日)が同館のレクチャールームでそれぞれ行われました。

1889年と1900年のパリ万国博覧会を軸に、デンマークの名窯「ロイヤル・コペンハーゲン」と「ビング&グレンダール」の釉下彩および結晶釉の作品が紹介されました。特に、ロイヤル・コペンハーゲンのユニカ(一点物)作品を時代順に見ていき、釉下彩の技術の進歩について、また、今回の展覧会の目玉である1889年のパリ万国博覧会に出展されたピエトロ・クローンの作品「鷺のサービス」について詳細に解説が行われました

news0821
特別展全体について説明される塩川教授

news08212
ロイヤル・コペンハーゲンの「魚のフィギャリン」についての説明される塩川教授


2018年度

2017年度

2016年度

2015年度

2014年度

ページトップへ