日本大学生産工学部日本大学生産工学部

menu

マネジメント工学専攻

マネジメント工学について

マネジメント工学は、企業の“良い経営”を実現するための工学です。製品・製法そのものを扱う機械工学、 電気工学、応用化学などの“固有技術(の工学)”とは少し異なって、マネジメント工学は、“良い製品とは なにか”、“良い生産方式”とはいかにあるべきかを考えます。 企業システムの設計・評価・管理の方法、企業活動の地球環境保全という観点からの検討、働く人の身体 的・心理的心地よさの追求と事故における人間的原因の解析、コンピュータを利用したシミュレーション技術 などの研究を行っています。

修士論文のテーマの例としては、「生産・消費過程の環境影響データの収集・評価」、「VDT作業システムの最適化に関する研究」、「超音波、MRIなどの非侵襲計測法を利用して生体組織の性状を映像化する生体医工学の研究」、「自動化システムにおけるヒューマン・ファクターに関する研究」、「消費者行動の影響要因とその過程に関する研究」、「物理現象のシミュレーションや経営情報などの様々な情報の可視化に関する研究」などが挙げられます。

大学院には博士前期課程(修士課程)と博士後期課程(博士課程)があります。社会の現場で働く人として求められているのは多くの場合、博士前期課程終了者です。研究能力を高め、将来は研究者として自立しようとするような人は、さらに博士後期課程に進学することになります。

博士前期課程では、入学時に指導を受ける教員を決めて研究室に所属します。2年間を通じて、教員の指導のもとに研究を行い、修士論文を作成します。この最先端の研究を行うことによって、専門分野の知識や問題発見・問題解決の方法を修得でき、卒業後、社会で有能な技術者として活躍する基礎能力を養うことができます。

また、国内外の学会にその成果を発表する機会も多く、それによって自分を世の中に売り出すことができます。なお、専門分野の知識を深めるため、講義や演習などの大学院の授業を受ける必要があります。

マネジメント工学専攻は、経営や生産の効率化を図ったり、環境や人にやさしい製品やシステムを設計・開発し、運用するための、より高度で専門的な教育と研究を行い、問題を解決するためのエンジニアリングの基本的知識を持ち、新しい産業社会に対応できる技術者や研究者を育成します。


主な研究例

  • シミュレーションによる最適設計とマーケティングによる人気要因分析
  • 品質工学による生産・加工システムの設計と最適化
  • リバースロジスティクス工学による収集運搬・回収システムの設計及び最適化
  • 人間工学、認知工学、安全工学によるモノづくり、コトづくり

研究者紹介

※ さらに詳細な研究テーマ、キーワード、論文などは、研究者氏名をクリックしてください。


石橋 基範:Motonori Ishibashi

教授・博士(工学)

  • 研究テーマ:人間工学、人間機械システム
  • 外部活動:自動車技術会 ドライバ評価手法検討部門委員会委員長 ハンドブック第3分冊(人間工学編)編集委員会副委員長

五十部 誠一郎:Seiichiro Isobe

教授・博士(農学)

  • 研究テーマ:フードマネジメントに関する研究、フードビジネスのための品質及び工程の評価と改善手法の開発、アグリビジネスやフードビジネスのための農産物流通加工システムに関する研究
  • 外部活動:農業施設学会 監事、日本食品工学会 理事、日本食品科学工学会 総務委員、日本機能水学会 理事、日本防菌防黴学会 評議員

柴 直樹:Naoki Shiba

教授・博士(理学)

  • 研究テーマ:情報システム開発の方法論、社会・経済システムのシミュレーション、意思決定論・ゲーム理論
  • 外部活動:経営情報学会 理事、経営情報学会 論文誌編集委員、計測自動制御学会 システム工学部会運営委員

酒井 哲也:Tetsuya Sakai

教授・博士(工学)

  • 研究テーマ:生産設備の安全性評価、材料の耐久性と信頼性評価
  • 外部活動:防錆技術協会 防錆管理 編集委員、日本材料科学会 第3企画委員、公益財団法人日本産業廃棄物処理振興センター 感染性廃棄物容器審査委員会委員、日本材料科学会 編集委員

鈴木 邦成:Kuninori Suzuki

教授・博士(工学)

  • 研究テーマ:リバースロジスティクス工学による収集運搬・回収システムの設計及び最適化、環境共生工学の視点からの企業活動の分析及び評価、企業情報システム設計におけるドメイン分析及びモデリング

豊谷 純:Jun Toyotani

教授・博士(工学)

  • 研究テーマ:流体・音響解析による最適設計、ビックデータ等のマーケティング分析、ロジスティクスのモデル化とシミュレーション
  • 外部活動:日本工学教育協会 工学教育研究講演会委員会 委員、日本情報ディレクトリ学会 理事 事務局長、日本人材データ標準化協会 理事

鳥居塚 崇:Takashi Toriizuka

教授・博士(工学)

  • 研究テーマ:人間工学、感性工学、生活工学
  • 外部活動:日本人間工学会評議員、日本人間工学会安全人間工学部会長、日本人間工学会国際協力委員会副委員長

竹島 正博:Masahiro Takeshima

教授・工学博士

  • 主要担当科目:機械の運動及び演習
  • 研究テーマ:人間がモノを把握する際の特性評価

平田 光子:Mitsuko Hirata

教授・博士(経営学)

  • 研究テーマ:経営学、企業家精神と組織成長、ベンチャービジネスのマネジメント、リーダーシップと職場マネジメント
  • 外部活動:(株)さがみはら産業創造センター 監査役、日本ベンチャー学会 理事・国際連携委員、企業家研究フォーラム 理事

水上 祐治:Yuji Mizukami

教授・博士(経営管理)

  • 主要担当科目:経営戦略、プロジェクト・マネジメント、商品企画開発
  • 研究テーマ:経営学、ソフトウェア工学、計算機統計学

三友 信夫:Nobuo Mitomo

教授・博士(工学)

  • 研究テーマ:大規模システム等のリスク評価 経済性を考慮した大規模システム・プラントの保全に関する研究、リスク評価のための人間信頼性に関する研究
  • 外部活動:日本学術振興会産学協力研究委員会リスクベース設備管理第180委員会 運営委員 国際会議WG委員、日本機械学会論文編修部会 校閲委員、日本人間工学会 海事人間工学研究部会 幹事、日本機械学会 産業・化学機械と安全部門 運営委員、日本機械学会 ロードマップ委員、日本材料科学会 評議委員 第2企画委員 第3企画委員長

村田 康一:Koichi Murata

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:生産管理
  • 研究テーマ:改善実践者のサポートに関する研究、生産職場の改善成果のマネジメントに関する研究(改善技術の分類学)、地域中小製造企業における組織づくりに関する研究

矢野 耕也:Koya Yano

教授・博士(工学)

  • 研究テーマ:品質工学による生産・加工システムの設計と最適化、パターン距離を用いた各種システムの予測評価と技術・経済性の改善、社会情報データを用いた各種対象の定量的動向診断および予測
  • 外部活動:品質工学会 理事 出版部会長  出版部会技術委員会委員 論文誌編集委員

山本 壽夫:Hisao Yamamoto

教授・博士(学術)

  • 研究テーマ:自己組織化するシステムの進化を誘導する研究(システム=組織、都市環境、学習地区、商業集積、工業集積など)、ホスピタリティ・マネジメントに関する研究
  • 外部活動:日本ホスピタリティ・マネジメント学会 副会長 理事 学術・論文委員長 表彰委員 関東支部長、経営関連学会協議会 評議員、 (社)かやの実社 理事、(社)日本ペンクラブ会員

吉田 典正:Norimasa Yoshida

教授・博士(工学)

  • 研究テーマ:情報可視化、美しい曲線・曲面に関する研究、対話的なシミュレーションに関する研究
  • 外部活動:画像電子学会編集理事(2013~2015)、情報処理学会グラフィクスとCAD研究会幹事(2011~2015)、CAD Conference Program Committee(2011~2016), Cyberworld International Conference Program Committee(2014~2016)等

このページのお問合せ:教務課

大学院

ページトップへ