日本大学生産工学部日本大学生産工学部

menu

電気電子工学専攻

電気電子工学について

産業構造の変革と高度情報化社会の進展に伴い、電力工学、電子工学、制御工学、情報工学、通信工学などの電気電子系工学は、あらゆる産業の発展に大きく貢献するとともに、その進歩は著しいものがあります。さらに他の分野とも連携し、ますます多様化と専門化が進みつつあります。このような状況の中で、本専攻は人間と自然に対する広い視野と深い知識を基礎として、豊かで安全な社会の実現を目指して、自ら考えて研究を遂行し、将来の科学技術の発展と革新を担う創造性と高い研究能力を有する人材育成並びに高度な専門知識を有する技術者育成を教育の目標としています。

この理念に基づき、昭和45年に修士(現博士前期)課程が、昭和47年に博士(現博士後期)課程が設置されました。以来現在までの学位取得者は、課程博士、論文博士および修士の学位取得者を含め、210余名(内女子2名)を数えるに至っています。

大学院は博士前期課程(2年)と博士後期課程(3年)の二つからなり、前期課程では、研究を遂行する上で必要な幅広い基礎学力を取得し、広い視野に立ち、独自の発想により研究課題に取り組み、専門分野における研究能力を高め、さらに論文としてまとめて学会で発表する能力を習得するとともに、研究・技術指導のための基本的能力と高度技術を備えた人材を育てることを教育目標としています。

後期課程では、社会のニーズを視野に取り入れて研究課題を開拓し、独自の発想でこの課題に取り組み、国際水準の論文にまとめて発表する能力、研究経験をもとに関連する専門分野においても主体的に研究を遂行する能力、さらに自己啓発をしながら、将来リーダとして研究を指導できる能力を有する人材を育てることを教育目標としています。


主な研究例

  • 多結晶シリコン膜の水素化技術と膜中水素の挙動解析
  • ワイヤレス通信システムで生活環境を安全、快適にする研究
  • 構造物の安全な長期使用を実現するヘルスモニタリング技術

研究者紹介

※ さらに詳細な研究テーマ、キーワード、論文などは、研究者氏名をクリックしてください。


荒巻光利:Mitsutoshi Aramaki

教授・博士(工学)

  • 研究テーマ:高精度レーザー分光計測法に関する研究、トポロジカル光を用いたプラズマ分光に関する研究、レーザー冷却法を用いた強結合プラズマの研究
  • 外部活動:(一社)プラズマ・核融合学会 理事

伊藤 浩:Hiroshi Ito

教授・博士(情報学)

  • 研究テーマ:画像符号化方式の開発、情報秘匿アルゴリズムの開発、情報セキュリティシステムの研究

内田 暁:Akira Uchida

教授・博士(工学)

  • 研究テーマ:省エネルギーや環境負荷低減を考慮した照明設計手法の構築、LEDなどの固体照明光源の有効的な利用方法の提案、主観評価による快適な明るさや適切な色の解明
  • 外部活動:日本照明工業会 非常用照明器具自主評定委員会 委員、照明学会 文献情報委員会 幹事、照明学会 教育・指導委員会 幹事、照明学会 情報システム管理委員会 幹事、電気学会 教育フロンティア技術委員会 委員

黒岩 孝:Takashi Kuroiwa

教授・博士(工学)

  • 研究テーマ:フラクタル画像解析を用いた移動物体の認識に関する研究、自律システムにおける外界認識アルゴリズムに関する研究、スマートドローンの開発とITSへの応用に関する研究
  • 外部活動:電子情報通信学会東京支部学生会顧問、電子情報通信学会和文論文誌査読委員

小井戸 純司:Junji Koido

教授・博士(工学)

  • 研究テーマ:電磁気を利用した金属表面の探傷、渦電流試験による鋼材の探傷における磁性ノイズの抑制
  • 外部活動:日本非破壊検査協会電磁気による表面探傷研究委員会幹事、日本非破壊検査協会教育委員会委員

小山 潔:Kiyoshi Koyama

教授・博士(工学)

  • 研究テーマ:電磁気応用計測に関する研究、構造物のヘルスモニタリングに関する研究
  • 外部活動:(一社)日本非破壊検査協会電磁気応用部門幹事、(一社)日本非破壊検査協会渦電流探傷技術研究委員会委員長、(一社)日本非破壊検査協会新素材に関する非破壊試験部門幹事、(一社)日本非破壊検査協会教育委員会E専門委員会委員長、(独)原子力安全基盤機構検査技術検討委員会委員

清水 耕作:Kousaku Shimizu

教授・博士(工学)

  • 研究テーマ:半非晶質半導体のギャプ内準位と信頼性について、再生可能エネルギの有効利用法についての検討、シリコン廃材を用いた熱電変換素子の高効率化
  • 外部活動:薄膜材料デバイス研究会組織委員、Cat-CVD研究会組織委員

霜山 竜一:Ryuichi Shimoyama

教授・博士(工学)

  • 研究テーマ:ウエアラブル型聴覚支援システム、音源の動きの検出に関する研究

関 智弘:Tomohiro Seki

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:電気数学演習(S)、電気電子工学実験IV
  • 研究テーマ:将来移動体通信システムの研究、無線電力伝送技術の研究、ミリ波通信システムの研究

中西 哲也:Tetsuya Nakanishi

教授・工学博士

  • 研究テーマ:粒子線がん治療装置の研究
  • 外部活動:ビーム冷却ワークショップ組織委員、第13回日本加速器学会年会組織委員

新妻 清純:Kiyozumi Niizuma

教授・博士(工学)

  • 研究テーマ:磁性材料の高性能化、機能性材料の開発

原 一之:Kazuyuki Hara

教授・博士(工学)

  • 研究テーマ:ソフトコンピューティング、情報統計力学

工藤 祐輔:Yusuke Kudo

准教授・博士(工学)

  • 研究テーマ:静電気応用に関する研究、燃料電池やレドックスフローに関する研究、光触媒に関する研究
  • 外部活動:静電気学会運営理事、静電気学会編集委員

このページのお問合せ:教務課

大学院

ページトップへ