日本大学生産工学部日本大学生産工学部

menu

応用分子化学専攻

応用分子化学について

化学は物質の性質・反応・構造を解明し、活用する学問で、種々の分野へ素材を提供しながら、また機械、電気、建設などの工学ばかりでなく、医学や薬学などに関するバイオテクノロジー、エコマテリアルなどの開発を含めた環境保全などあらゆる科学技術分野に関与しています。

工業や日常生活に使われてきた今までの材料をより高度に、より高性能に、より機能的にしたりすることと同時に、液晶、ドラッグデリバリーシステム(DDS)、人工臓器などのバイオマテリアル、耐熱性材料などの新素材や医薬品の開発は、私たちの生活や生命にも直接的に関係するものですが、私たちの子孫のために省エネルギー・省資源材料、環境にやさしい材料を開発することも化学を志す者の大きな、しかも誇り高い使命といえます。

化学工業の世界でおきている現象も生命現象も微視的レベルでは、原子・分子あるいはそれらの集合体の化学反応や物理化学的相互作用(互いに引き合ったり、反発したりする作用)によるものです。微視的レベルで考えれば、応用分子化学の世界です。本専攻のカリキュラムが、無機および有機化学、高分子化学、化学工学、生化学などの部門に関して基礎から応用まで幅広く設置されていることも、この考えに立ってのことです。これらの講義には本専攻の教授・助教授・専任講師の他に、内容の充実をはかるために第一線で活躍されておられる他大学、他学部の先生方にも応援をあおいでいます。充実した学力と柔軟な思考力を持った化学者というだけではなく、諸先生方の学識と人格に親しく触れることにより、自らの人格を淘冶し、人間性豊かな化学者として社会に貢献できることを願っています。

化学は、実験しつつ学ぶ学問であることは今も昔も変わりません。しかし、実験の内容は最新のすぐれた機器を使用しなければ、十分なものにはなりません。本専攻には、蛍光・超高温X線分析装置(結晶の構造解析)、X線光電子分析装置(物質の表面構造と特性の解明)、FT-NMR(有機化合物の構造決定)、ガスクロマトグラフ質量分析計(分子組成、分子構造の決定)、原子間力顕微鏡などの基本的な化学装置の他に、高圧気液平衡測定装置(化学工業の各種プロセスにおける物質の分離・精製に関する技術開発の基礎研究用)、レーザー微粒子動態解析システム(生命化学から環境化学の広い範囲における微粒子-蛋白質、汚染物質など-の動態解明)、高分解能型低真空走査顕微鏡(含水系化合物の非破壊微細構造の観察と微小部化学分析)などの貴重な測定装置が揃っています。これらを使用して得られた研究成果は、本専攻内のコロキウムなどの勉強会をはじめ、学内の学術講演会、国内および国際学会の研究発表会・討論会、種々の学会論文として実り、内外より高い評価を得ています。


主な研究例

  • 目的分子を構築できるナノデザイン
  • 微生物や免疫反応を利用した臨床化学や環境化学へのアプローチ
  • 地球環境を守るための新しい材料、化学プロセスの構築

研究者紹介

※ さらに詳細な研究テーマ、キーワード、論文などは、研究者氏名をクリックしてください。


柏田 歩:Ayumi Kashiwada

教授・博士(工学)

  • 研究テーマ:標的指向性を有するドラッグデリバリーシステムの創製、生体材料を目指したヒドロゲルの合成と評価、新規なペプチド超分子の創製
  • 外部活動:高分子学会バイオ高分子部会関東若手幹事

坂本 恵一:Keiichi Sakamoto

教授・工学博士

  • 研究テーマ:太陽電池用有機色素の開発、ガン光線力学療法用増感色素の研究、有機EL用色素の研究
  • 外部活動:技術士 (化学)、APECエンジニア(Chemical Engineering)、 国際登録エンジニア(IntPE(Jp))、 日本技術士会修習技術者支援実行委員会委員長、 桜門技術士会副会長・広報部会長・理事

清水 正一:Shoichi Shimizu

教授・博士(理学)

  • 研究テーマ:新規カリックスアレーン誘導体の合成と応用、機能性超分子材料の開発、グリーン反応溶媒を用いる新規合成反応系の開発
  • 外部活動:(一社)近畿化学協会評議員、(公財)習志野文化ホール評議員、フロー・マイクロ合成研究会常任幹事

津野 孝:Takashi Tsuno

教授・博士(薬学)、Dr. rer. nat.

  • 研究テーマ:光学活性金属錯体の合成ならびに立体化学、光化学的手法を用いた小員環化合物の合成

中釜 達朗:Tatsuro Nakagama

教授・博士(工学)

  • 研究テーマ:液滴などの微小抽出体を用いたマイクロ抽出システム、マイクロプラスマを用いた原子発光検出デバイスの開発、有害溶媒レス環境調和型クロマトグラフィーの提案
  • 外部活動:クロマトグラフィー科学会評議員、日本工業規格(JIS)改訂原案作成委員会委員(JIS K0108(平成20年度) 、JIS K0114(平成22年度))

野呂 知加子:Chikako Yoshida-Noro

教授・理学博士

  • 研究テーマ:細胞接着分子カドヘリンのがん転移における役割の解明、再生医工学デバイスの開発、幹細胞再生・生殖細胞分化における環境因子の影響の研究
  • 外部活動:日本女性科学者の会理事、JNWES日中韓女性科学技術者フォーラムWG代表、男女共同参画学協会連絡会運営委員、東京医科大学女性研究者研究活動支援事業評価委員会委員、日本臨床幹細胞研究会特定認定再生医療等委員会委員

日秋 俊彦:Toshihiko Hiaki

教授・工学博士

  • 研究テーマ:相平衡物性の測定と推算、高温高圧水を反応場とした有機合成プロセスの開発、マイクロオルガノゲルの合成とその工学的利用技術の開発
  • 外部活動:分離技術会会長、日本海水学会評議員、高圧ガス保安協会講習・検定委員会委員、高圧ガス保安協会検定分科会主査

藤井 孝宜:Takayoshi Fujii

教授・博士(理学)

  • 研究テーマ:新奇な電子状態を有する有機典型元素化合物の合成、発光性金属錯体の合成と発光特性、有機金属触媒の合成と触媒機能

古川 茂樹:Shigeki Furukawa

教授・博士(工学)

  • 研究テーマ:バイオディーゼル燃料合成用固体触媒の開発、各種ゼオライトの酸-塩基点の発現機構と触媒作用に関する研究、高温高圧水を用いた土壌中に含まれるフミン酸からフルボ酸への転換に関する研究

南澤 宏明:Minamisawa Hiroaki

教授・博士(工学)

  • 研究テーマ:GFAASおよびICPAESによる環境中の微量金属イオンの定量法に関する研究、固相抽出法による金属イオンの分離濃縮、未利用資源の有効利用
  • 外部活動:日本キチン・キチンキトサン学会理事(平成19・20年度)、日本分析化学会関東支部代議員(平成20・21年度)、日本分析化学会関東支部幹事(平成16・17年度)

山田 和典:Kazunori Yamada

教授・博士(工学)

  • 研究テーマ:水質浄化を目的とした高分子材料の開発、酵素反応を利用した環境汚染物質の除去、汎用高分子材料の表面改質と接着・自着特性の発現
  • 外部活動:高分子学会関東支部常任幹事、高分子学会千葉地域幹事

吉宗 一晃:Kazuaki Yoshimune

教授・博士(農学)

  • 研究テーマ:バイオエネルギー生産法の開発、医療診断法の開発、酵素の構造と機能相関の解明
  • 外部活動:PACON international Editor

市川 隼人:Hayato Ichikawa

准教授・博士(理学)

  • 研究テーマ:過酸化水素を用いたBaeyer-Villiger酸化、多環式複素環化合物の合成、キラルセレニドを利用した触媒的不斉合成

岡田 昌樹:Masaki Okada

准教授・博士(工学)

  • 研究テーマ:放電プラズマを用いた新規反応場の創生、金属有機骨格体の合成と触媒反応への利用、生体代謝を利用した有機資源の製造
  • 外部活動:分離技術会編集副委員長、日本海水学会常任編集委員

小森谷 友絵:Tomoe Komoriya

専任講師・博士(工学)

  • 研究テーマ:微生物を利用した水素、エタノール、生分解性プラスチックの生産、環境汚染物質の測定

齊藤 和憲:Kazunori Saitoh

専任講師・博士(理学)

  • 研究テーマ:電気化学的手法を用いた液体クロマトグラフィーシステムの創案と開発、環境水中の金属イオンの酸化状態別分析法の開発
  • 外部活動:日本分析化学会関東支部常任幹事

田中 智:Satoshi Tanaka

准教授・博士(工学)

  • 研究テーマ:メソ多孔質物質または層間化合物中の微細反応場の応用、ソフトケミカル手法を用いた機能性物質の合成、無機化合物による生体関連材料への応用
  • 外部活動:無機マテリアル学会編集委員会委員、無機マテリアル学会財務委員

保科 貴亮:Taka-aki Hoshina

准教授・博士(工学)

  • 研究テーマ:極性および揮発性を高度に制御した分離精製溶媒の開発と物性測定、超高圧流体の密度および粘度測定、酸性ガス吸収プロセスにおける溶媒物性測定
  • 外部活動:化学工学会化工誌編集委員会、化学工学会超臨界流体部会基礎物性分科会長

このページのお問合せ:教務課

大学院

ページトップへ