日本大学生産工学部日本大学生産工学部

menu

出願資格・募集人数

出願資格

博士前期課程

次の各号のいずれかに該当する者及び令和2年3月31日において該当する見込みの者

  1. 大学を卒業した者
  2. 学校教育法第104条第4項の規定により学士の学位を授与された者
  3. 外国において学校教育における16年の課程を修了した者
  4. 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者
  5. 我が国において、外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者
  6. 外国の大学等において、修業年限が3年以上である課程を修了することにより、学士の学位に相当する学位を授与された者
  7. 専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以降に修了した者
  8. 文部科学大臣の指定した者
  9. 学校教育法第102条第2項の規定により大学院に入学した者であって、本大学院において、大学院における教育を受けるにふさわしい学力があると認めたもの
  10. 本大学院において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めたで、22歳に達したもの

博士後期課程

次の各号のいずれかに該当する者及び令和2年3月31日において該当する見込みの者

  1. 修士の学位若しくは専門職学位を有する者
  2. 外国において修士の学位又は専門職学位に相当する学位を授与された者
  3. 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修し、修士の学位又は専門職学位に相当する学位を授与された者
  4. 我が国において、外国の大学院の課程を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了し、修士の学位又は専門職学位に相当する学位を授与された者
  5. 国際連合大学の課程を修了し、修士の学位に相当する学位を授与された者
  6. 外国の学校、第4号の指定を受けた教育施設又は国際連合大学の教育課程を履習し、修士論文又は特定課題の研究成果の審査と試験の合格に代える審査に相当するものに合格し、修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認められた者
  7. 文部科学大臣の指定した者
  8. 本大学院において、個別の入学資格審査により、修士の学位又は専門職学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者で、24歳に達したもの※博士前期課程7~9、博士後期課程5、6で出願する場合は、事前にその資格審査が必要となるので、あらかじめ教務課へ問い合わせること。

募集人数

専攻 課程
  博士前期課程 博士後期課程
機械工学専攻 30名 3名
電気電子工学専攻 20名 3名
土木工学専攻 20名 3名
建築工学専攻 20名 3名
応用分子化学専攻 20名 3名
マネジメント工学専攻 20名 3名
数理情報工学専攻 10名 3名

このページのお問合せ:教務課

大学院

ページトップへ