日本大学生産工学部日本大学生産工学部

menu

機械工学科

社会で活躍できる実践力を身につける、
ものづくりと乗り物大好き学科です

機械工学は、あらゆる産業の基盤として重要な役割を担い、他分野の学問とも融合して豊かな社会の発展に大きく貢献している学問です。本学科の使命は、ものづくりのセンスと実践力を養い、産業の基盤を支える機械や乗り物を創造できる人材を社会に供給し続けることです。
機械工学科のキャッチフレーズは「実践力重視のものづくりと乗り物大好き学科」。各自の興味や進路目標に合わせて、自動車コース、航空宇宙コース、機械創造コースのいずれか一つを選択できます。

授業の特徴は、消化不良が少なく、身をもって機械工学を学習できる実習・実験・製図など実技系授業が多いことです。もちろん、これら授業のための実験実習施設も充実しています。このような教育を通じて、専門化した機械エンジニアの育成に努めています。

卒業研究では、四輪自動車、オートバイ、列車などの運転シミュレータ、微少重力実験装置、軽量構造材料製作装置、新材料製作装置、ハイテク接合装置など最新かつ高度な研究設備が使用できます。また、さらなる学問の追究をめざしている学生への大学院進学を推奨し、積極的に支援しています。


学びのポイント:機械工学のここが面白い

生産活動の基盤を支えている

豊かな社会がつくられる過程の中で、そして未来の社会を目指す技術発展の中で、あらゆる産業や生産活動の基盤として機械工学は大きな役割を担っています。本学科では実習・実験・製図など実技系授業を中心としたカリキュラムを用意。体験を通じて理解しながら学ぶことができます。

興味を出発点に実践力を高める

目標を明確に設定して機械を設計・製作するPBL(Project Based Learning)教育を通して実践的なものづくりのセンスを養成するのが機械工学科での学びの大きな特徴です。学びのスタートとなるのは自動車、航空機、ロボット、宇宙、エネルギーといったあなたの「興味」です。

分野に特化したコースで将来に直結

乗り物好きの学生のための「⾃動⾞コース」と「航空宇宙コース」、ものづくりに興味がある学生のための「機械創造コース」を設置しています。各コースに焦点を絞った専門知識と専門技術を修得した専門性の高いエンジニアを目指すことができます。


自動車コース

自動車関連企業に就職を考えている学生をターゲットとしたコースです。自動車工学をはじめ、自動車の生産工学、自動車エンジン、ビークルダイナミクスなどを学びます。ドライビングシュミレータ、ヒューマンエラー評価装置など最新の研究設備も充実しています。

卒業後の進路

自動車メーカーや自動車部品メーカーで設計や開発の分野で活躍します。


航空宇宙コース

航空機やロケットを対象に機械工学に対する興味を引き出し、先端技術の理解と修得を目標としたコースです。航空宇宙工学をはじめ、軽量構造力学、高速空気力学などを学びます。超軽量飛翔体創製装置、無重力実験装置など先端的な研究設備も充実しています。

卒業後の進路

航空宇宙・防衛関連業界で設計や開発をはじめとした仕事に携わります。


機械創造コース

高性能の機械を効率的に生産する工学を学習し、ものづくりに精通した学生を育てることを目標としたコースです。マシンツールをはじめ、機械構造材料、デザイン工学、ロボット工学などを学びます。充実したものづくり設備を活用して創造性に富む機械をつくります。

卒業後の進路

精密機械メーカーや電機メーカーなどの設計、研究開発等、活躍の場は広がっています。


目指す資格

  • 技術⼠
  • ボイラー技⼠
  • エネルギー管理⼠
  • ⾃家⽤⾶⾏機操縦⼠
  • ⾃動⾞整備⼠
  • 教育職員免許(理科・工業)
  • 溶接管理技術者
  • CAD利⽤技術者

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【理科】(1種/教職課程を履修)
  • 高等学校教諭免許状【理科】(1種/教職課程を履修)
  • 高等学校教諭免許状【工業】(1種/教職課程を履修)
  • Private Pilot Licence<FAA>
  • CSWA<SolidWorks Corporation>

就職業種

平成27年度分類別就職状況(平成28年3月31日現在)

  1. 製造業 34.9%
  2. 進学 20.4%
  3. サービス業 11.2%
  4. 建設業 9.2%
  5. 情報通信業 9.2%
  6. 卸・小売業 9.2%
  7. 運輸業 2.0%
  8. その他 2.0%
  9. 金融・保険業 0.7%
  10. 不動産業 0.7

おもな就職先

  • スズキ株式会社
  • 三菱自動車工業株式会社
  • SMC株式会社
  • NTN株式会社
  • 株式会社アマダ
  • 東芝機械株式会社
  • 株式会社加藤製作所
  • 富士電機株式会社
  • 市光工業株式会社
  • NOK株式会社
  • 河西工業株式会社
  • 株式会社ミクニ
  • 日本製紙クレシア株式会社
  • 株式会社川金ホールディングス
  • 株式会社長谷工コーポレーション
  • 五洋建設株式会社
  • 株式会社朝日工業社
  • 株式会社東京エネシス
  • 株式会社中電工
  • 日本ドライケミカル株式会社
  • 東京ガスエンジニアリングソリューションズ株式会社
  • イッツ・コミュニケーションズ株式会社
  • 東京地下鉄株式会社
  • 東日本旅客鉄道株式会社
  • アイベックスエアラインズ株式会社
  • 株式会社日立ビルシステム
  • 日本郵政グループ
  • 松戸市役所
  • 上越市役所
  • 千葉県庁

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

機械工学科は、日本大学の目的及び使命、日本大学教育憲章、生産工学部の教育目標並びに機械工学科の教育研究上の目的に基づいた教育課程により、以下の項目を修得している者に学士(工学)の学位を授与する。

  • 豊かな教養と自然科学に関する基礎知識を持ち、機械技術者として高い倫理観を醸成することができる。
  • 国際的視野に立ち、必要な情報を収集・分析して自らの考えを説明することができる。
  • 機械工学を体系的に理解し、得られる情報を基に論理的な思考、批判的な思考をすることができる。
  • 生産工学に関する知識・技能等を活用し、ものづくりに関する新たな問題を発見し、解決策を提案することができる。
  • 経営管理能力を有する技術者として、新しいものづくりに果敢に挑戦することができる。
  • 国内外の異なる考えを理解し、違いを明確にしたうえで議論し、自らの考えを伝えることができる。
  • グローバル化する知識基盤社会の一員として技術の進歩に適応し、他者と協働することができる。
  • 自己を知り、振り返りを通じて機械技術者としての自己を高めることができる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

機械工学科は、教育目標を踏まえ、学部のディプロマ・ポリシーに適う以下の人材を養成するため、4年間を通じて、教養、基盤(基礎)、生産工学系、及び専門教育で構成される体系的なカリキュラムを編成し実施する。
また、各科目における教育内容・方法、成績評価方法、及び評価基準をシラバス等で明示し学生に周知した上で、公正かつ厳正に評価を行う。

  • 教養科目と基礎科学・専門教育科目を連携して学修することにより、豊かな教養と自然科学に関する基礎知識を身につけ、また高い倫理観を醸成することができる。
  • 教養科目と基礎科学・専門教育科目の学修により、国際的視野に立って情報を収集・分析し、自らの考えを効果的に説明することができる。
  • 体系化されたカリキュラムにより機械工学の専門知識を修得し、得られる情報を基に論理的かつ批判的に思考することができる。
  • 初年次より適切に配置した実験実習科目等の学修により、知識基盤社会に通用する技術を修得し、ものづくりに関する新たな問題を発見し、解決策を提案することができる。
  • 生産実習を中核に据える生産工学系科目の学修を通して、生産工学の基礎知識と経営管理を含む管理能力を修得し、新しいものづくりに果敢に挑戦することができる。
  • コミュニケーション能力を裏付ける、教養科目と基礎科学・専門教育科目の学修により、国内外の異なる考えを理解し、違いを明確にしたうえで議論し、自らの考えを伝えることができる。
  • 実験実習科目、ゼミナール、卒業研究等の学修を通して、ものづくりに関する新たな課題を解決するために自ら学び、自らの意思を持って他者と協働することができる。
  • 初年次教育及び生産工学系のキャリア教育に関連する科目の学修により、自己を知り、振り返りを通じて機械技術者としての自己を高めることができる。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れ方針)

機械工学科では、日本大学教育憲章に則り、自ら学び、自ら考え、自ら道をひらく能力を有し、社会に貢献できる人材を育成します。
このため本学科では、高等学校課程までに修得した知識 ・教養・倫理観を基に、以下に示す「求める学生像」を理解して意欲的に学修を進めていくことのできる者を求めています。

    「求める学生像」

  1. 豊かな知識・教養を身につけて高い倫理観をもって社会(日本社会・国際社会)に貢献することを目標とし、機械に深い興味を持ち、ものづくりに夢と情熱をそそぐ意思がある人。
  2. 問題発見及びその解決のために、筋道を立てて物事を考え、その過程と結果を的確に言葉で表現する素養のある人。
  3. 知的好奇心が旺盛で、チャレンジ精神に富み、グループやチームをとおして自己を高め、経営や生産管理ができる機械技術者になろうとする人。

なお、本学科に入学を志す者は、「求める学生像」 を理解して受験していると判断し、入学試験では、学力試験等により、4年間の学修に必要な知識・技能・思考力・判断力を評価します。


教員紹介

※ 下表の教員指名をクリックすると経歴や研究、論文などの詳細な情報を掲載したページに移動できます。

平成28年5月1日現在

安藤 努:Tsutomu Ando

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:機械要素Ⅰ、熱力学Ⅱ、航空宇宙設計製図
  • 研究テーマ:コロイド分散液の動的挙動の研究、強磁場磁気科学、翼なし撹拌機

氏家 康成:Yasushige Ujiie

教授・工学博士

  • 主要担当科目:熱力学Ⅱ、内燃機関、自動車プロジェクト演習
  • 研究テーマ:火花点火特性の改善、ディーゼル機関の低圧縮比化を目指したプラズマの応用、スターリング機関の性能改善

大久保 通則:Michinori Okubo

教授・工学博士

  • 主要担当科目:接合工学、熱力学Ⅰ及び演習、機械創造設計製図
  • 研究テーマ:高力アルミニウム合金の溶接特性、自動車補修溶接技術の高度化、医療機器の微小流体解析

景山 一郎:Ichiro Kageyama

教授・工学博士

  • 主要担当科目:機械力学、自動車工学、ビークルダイナミクス
  • 研究テーマ:車両(乗用車、二輪車)の運動・制御、人間・自動車系のモデル化、HMIの評価

加藤 数良:Kazuyoshi Katoh

教授・工学博士

  • 主要担当科目:切削工学、機械要素Ⅱ、機械設計製図
  • 研究テーマ:軽金属材料の固相接合、摩擦応用技術に関する研究

久保田 正広:Masahiro Kubota

教授・Ph.D.

  • 主要担当科目:機械材料、機械製図学
  • 研究テーマ:軽金属の高強度化と高機能化、粉末冶金法による新規な軽金属の創成

高橋 進:Susumu Takahashi

教授・Ph.D.

  • 主要担当科目:自動車の生産工学、実験計画法、CAD演習
  • 研究テーマ:金属材料の成形およびシミュレーション、樹脂および樹脂複合材料の成形およびシミュレーション、 金属材料の機械的特性の計測

高橋 清造:Seizou Takahashi

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:塑性加工学、機械工学演習、基礎工学実験
  • 研究テーマ:アルミナ顆粒の流動成形と焼結

綱島 均:Tsunashima Hitoshi

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:制御工学、システム制御、航空機力学
  • 研究テーマ:鉄道システムの状態監視、ブレイン・コンピュータ・インターフェース技術の開発、NIRSを用いた快・不快情動の検出

野村 浩司:Hiroshi Nomura

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:熱力学Ⅰ及び演習、自動車エンジン、航空宇宙推進機
  • 研究テーマ:微小重力環境を利用した噴霧燃焼の基礎研究、ディーゼル機関後処理装置用軽油バーナの開発、固体酸化物形燃料電池の製作法に関する研究

平山 紀夫:Norio Hirayama

教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:材料力学Ⅱ、有限要素法、弾性学特別研究
  • 研究テーマ:先進複合材料の新成形プロセスの研究、複合材料の構造最適化に関する研究、コンピュータシミュレーションによる材料設計

松島 均:Hitoshi Matsushima

教授・工学博士

  • 主要担当科目:流体力学Ⅰ、流体力学Ⅱ、高速空気力学
  • 研究テーマ:電子機器の冷却、沸騰熱伝達の促進、ヒートパイプの高性能化

沖田 浩平:Kohei Okita

准教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:流体力学Ⅰ及び演習、航空宇宙工学
  • 研究テーマ:キャビテーション、医用超音波、数値流体力学

小幡 義彦:Yoshihiko Obata

准教授・工学博士

  • 主要担当科目:3次元グラフィックス演習、機械力学Ⅰ及び演習、メカトロニクス演習
  • 研究テーマ:引張強度特性に及ぼす試験片形状の影響、アコースティック・エミッション法による疲労き裂進展量の評価

栗谷川 幸代:Yukiyo Kuriyagawa

准教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:人間・機械システム、機械力学、機械工学実験A
  • 研究テーマ:ドライバ状態推定に関する研究、運転支援システムの構築に関する研究、HMI(Human Machine Intruction)に関する研究

野本 光輝:Mitsuteru Nomoto

准教授・工学博士

  • 主要担当科目:機械加工学、基礎工学実験、機械工学演習
  • 研究テーマ:摩擦圧接に関する研究、摩擦攪拌接合に関する研究

前田 将克:Masakatsu Maeda

准教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:軽量材料、機械製図学、マシンツール
  • 研究テーマ:摩擦攪拌接合、摩擦圧接、固相接合

丸茂 喜高:Yoshitaka Marumo

准教授・博士(工学)

  • 主要担当科目:機械振動工学、自動車制御工学、メカトロニクス演習
  • 研究テーマ:先々行車の挙動を考慮した運転支援システムに関する研究、信号交差点におけるドライバの判断支援システムに関する研究、二輪車・大型連結車の運動と制御に関する研究

坂田 憲泰:Kazuhiro Sakata

専任講師・博士(工学)

  • 主要担当科目:材料力学Ⅰ及び演習、材料力学Ⅱ、機械工学実験A
  • 研究テーマ:自動車用複合材料の開発、構造用複合材料の成形と力学特性評価、先進複合材料の高性能化

平林 明子:Akiko Hirabayashi

専任講師・博士(工学)

  • 主要担当科目:材料力学Ⅰおよび演習、機構学、機械工学実験A
  • 研究テーマ:繊維強化複合材料の連続成形法、複合材料の耐熱特性に関する研究、長期寿命に関する研究

栁澤 一機:Kazuki Yanagisawa

助教・博士(工学)

  • 主要担当科目:ロボット工学、電気・電子工学
  • 研究テーマ:ブレイン・コンピュータ・インターフェースの開発、脳活動計測による情動評価

菅沼 祐介:Yusuke Suganuma

助手

  • 研究テーマ:噴霧燃焼機構解明を目的とした微小重力環境における燃料液滴列の燃焼研究


※ 授業担当の専任教員を対象として掲載しています。
※ 初年次ゼミ、生産実習I、生産実習II、卒業研究は専任教員全員で担当しています。


関連サイト

さらに詳しく機械工学を知る

日本大学生産工学部では、各学科ごとにコースの詳細や、研究室などの詳細情報を掲載しているウェブサイトを開設しています。併せてご覧ください。


このページのお問合せ:教務課

学科概要

さらに詳しく機械工学を知る

日本大学生産工学部では、各学科ごとにコースの詳細や、研究室などの詳細情報を掲載しているウェブサイトを開設しています。併せてご覧ください。

機械工学科ウェブサイト
ページトップへ