日本大学生産工学部日本大学生産工学部

menu

就職セミナー

日本大学合同企業研究会・就職セミナー

就職活動において、生産工学部としてのサポートはもちろん、日本大学としても数多くのサポートを行っています。そこで活かされるのが日本大学が培ってきた実績と信頼、そして約110万人もの卒業生が生み出す、ヒトとヒトとのつながりです。

なかでも3月に開催される『日本大学合同企業研究会・就職セミナー』は、日本大学の就職支援における一大イベント。日本大学生限定イベントなので、じっくりと話を聞ける点や、企業の目的意識が高いことが特徴です。

2019年3月は東京国際フォーラム(東京・有楽町)で開催され、260以上の企業や行政機関が日本全国から参加しました。こうした日本大学ならではの強みが「就職力が身につく日本大学」という社会的評価につながっています。


生産工学部就職セミナー

生産工学部では、津田沼キャンパスにて学部独自の企業セミナーを3月に開催しています。その特色は企業のすべてが生産工学部の学生採用を目的に集まっている点と規模が大きいことです。2019年は開催期間が3日間にわたり、参加企業は毎日約160社、合計で487社におよびました。

当セミナーの特色

  1. 参加企業が生産工学部の学生を本気でとりにきている点
  2. 各学科がマッチングの高い企業を選んでいる点
  3. じっくり座って話が聞ける点。

近年、企業は外部イベントよりも学内説明会を重視する傾向にあります。また、各学科が生産工学部の学生に対して採用意欲が高い企業を選んでいるため、多くの先輩がこのセミナーをきっかけに内定を獲得しています。なお、外部イベントでは参加学生が多いため、各ブースで必ず話が聞けるとは限りません。一方、学内セミナーでは静かな環境でじっくりと話が聞けます。

就職・資格

ページトップへ