日本大学生産工学部日本大学生産工学部

menu

応用分子化学科 在学生からのメッセージ

応用分子化学科 生命化学コース:廣瀬 雅己(埼玉県出身)


本当に学びたいことを学んでいける柔軟な仕組みを活かす

生産工学部のここが好き!:先輩や先生方がなんでも相談に乗ってくれる

入学した当初は知り合いがいなくて不安でしたが、サークルや学科でのオリエンテーションなどで化学が好きな人や同じ目標を持つ人と交流できる機会があり、どんどん友達ができました。ピアサポートと呼ばれる先輩方と勉強の相談ができる機会もあるので不安も少ないです。

授業では先生方が質問にしっかり答えてくれるので、積極的に勉強する“やる気”がみなぎります。また、最初は抵抗感があったのですが、生産実習という企業での実習は、とても貴重な経験ですし、就職に向けて意識を高めていくのに重要だと感じています。


私が夢中になっていること:化学工学

授業では化学工学関連の科目に関心があります。化学工学や物質コースのプロセス工学などの科目は、スライドを使ったり演習メインの授業を行っています。これらのどの授業も勉強しがいがあるし、各担当の先生方は質問に詳しく答えてくれるので、復習やテスト勉強がやりやすかったです。化学も好きですが、計算も割と好きなので、自分にあっているかなと感じています。

化学で就職というイメージを中々持ちづらいのですが、化学工学はプラント設計などイメージしやすいのも関心を持つきっかけになりました。


受験生の皆さんへのメッセージ

「国際化学技術者コース」と呼ばれるグローバルに活躍できる化学技術者を目指すためのコースが設置されています。それ以外には「生命化学コース」と「物質デザインコース」に分かれています。私は生命化学コースですが、成績により3年間で卒業できる制度や教職免許の取得など、やる気次第で様々な利点があります。

また、他学科や他コース、隣の東邦大学理学部の科目も単位として認められるので、自分が本当に学びたいことを学んでいける柔軟な仕組みが整っているのもポイントですね。


このページのお問合せ:学生課

学生生活

ページトップへ