日本大学生産工学部日本大学生産工学部

menu

マネジメント工学科:出張模擬授業

出張模擬授業

NO.06001

テーマ
統計学をモノ作りに活かす ~自動車の研究開発の事例~
資格
教授
氏名
石橋 基範
キーワード
確率・統計、人間工学、人間機械系
必要機材等
PCを使うので、プロジェクター、スクリーンが必須。
備考
「正規分布の性質」「相関係数」を授業で履修済みであると、理解が一層深まります。

内容詳細 pdf


NO.06002

テーマ
考えて見よう!安くて美味しい食品の作り方
資格
教授
氏名
五十部 誠一郎
キーワード
フードマネジメント、食の安全、食育
必要機材等
PCを使うので、プロジェクター、スクリーンが必須。

内容詳細 pdf


NO.06003

テーマ
いま注目されている「モチベーション」とは?
資格
教授
氏名
小田部 明
キーワード
モチベーション、目標の魅力、達成できる確率、公正な評価

内容詳細 pdf


NO.06004

テーマ
知的財産権とマネジメント工学
資格
教授
氏名
河合 信明
キーワード
知的財産権、身近な発明、知的創造サイクル

内容詳細 pdf


NO.06005

テーマ
ゲーム理論への誘(いざな)い
資格
教授
氏名
柴 直樹
キーワード
ゲーム理論、囚人のジレンマ、経済理論、戦略的思考
備考
プロジェクタをご用意ください。

内容詳細 pdf


NO.06006

テーマ
マネジメント工学の視点からのファッションビジネス
資格
教授
氏名
鈴木 邦成
キーワード
ファッションマネジメント、情報工学、ロジスティクス工学
備考
パソコン、プロジェクターがあれば活用します。

内容詳細 pdf


NO.06007

テーマ
人にものを買わせる技術
資格
教授
氏名
豊谷 純
キーワード
マーケティング、広告、ブランド、消費者情報処理

内容詳細 pdf


NO.06008

テーマ
もしも、あなたが会社の経営者になったなら?
資格
教授
氏名
平田 光子
キーワード
マネジメント、リーダーシップ、経営者論、組織創造
備考
PCを使うので、プロジェクター、スクリーンが望ましい。

内容詳細 pdf


NO.06009

テーマ
リスク評価ってなに?
資格
教授
氏名
三友 信夫
キーワード
信頼性工学、確率・統計
備考
PCを使うので、プロジェクター、スクリーンが必須。

内容詳細 pdf


NO.06010

テーマ
品質工学
資格
教授
氏名
矢野 耕也
キーワード
品質、損失、統計、ばらつき
備考
数学の基礎知識を必要とするので、数学の応用科目をとっていることが望ましい。

内容詳細 pdf


NO.06011

テーマ
ネットワークや組織は自然に生まれる
資格
教授
氏名
山本 壽夫
キーワード
自己組織化、創発、進化
必要機材等
PC使用のため、プロジェクター、スクリーン、テーブルタップが必要となります。

内容詳細 pdf


NO.06012

テーマ
経営のいろいろな側面での情報技術の利用
資格
教授
氏名
吉田 典正
キーワード
情報技術、POSシステム、ビッグデータ
必要機材等
PCを使うので、プロジェクター、スクリーンが必須です

内容詳細 pdf


NO.06013

テーマ
顧客に喜ばれる売場作りの考え方
資格
教授
氏名
若林 敬造
キーワード
顧客、レイアウト、販売価格設定、粗利益、回転率

内容詳細 pdf


NO.06014

テーマ
社会システムのコンピュータシミュレーション
資格
准教授
氏名
飯沼 守彦
キーワード
社会システム、人工社会、コンピュータシミュレーション、エージェント・ベース・アプローチ

内容詳細 pdf


NO.06015

テーマ
仮説をたてる、データを集める、そして実証する
資格
准教授
氏名
大江 秋津
キーワード
実証分析、システム思考
必要機材等
PCを使うので、プロジェクター、スクリーンが必須

内容詳細 pdf


NO.06016

テーマ
日本的経営の良いところ
資格
准教授
氏名
水上 祐治
キーワード
アメリカ的経営、日本的経営、統計
必要機材等
PCを使うので、プロジェクター、スクリーンが必須です

内容詳細 pdf


NO.06017

テーマ
製品の寿命・信頼性ってどうやって決めるの?
資格
准教授
氏名
酒井 哲也
キーワード
寿命設計、信頼性工学、材料工学

内容詳細 pdf


NO.06018

テーマ
ポストイットを用いた意見のまとめ方‐チームで仕事を行うために‐
資格
准教授
氏名
村田 康一
キーワード
チームマネジメント、グループデスカッション
必要機材等
模造紙、ポストイット、マジック、ボールペン(演習で使用するもので、グループ数の用意が必要です。)
備考
参加者は、最大50人、8グループ程度を想定しています(これ以上になる場合は、ご相談下さい。)。

内容詳細 pdf


このページのお問合せ:教務課入試センター

入試情報

ページトップへ