日本大学生産工学部日本大学生産工学部

menu

研究に関する取り組み

大学における学びや研究に当たっては、守るべきコンプライアンス事項があります。教員・研究者、そして学生は、常にコンプライアンスを意識した上でそれぞれの役割を果たさなくてはなりません。研究についてのコンプライアンス専門部会、遺伝子組換え実験の安全を保つための委員会、動物実験についての委員会や人を対象とする研究の倫理審査のための委員会が設置されています。


研究委員会コンプライアンス専門部会

「日本大学における研究費等運営・管理内規」に基づき、研究費等の適正な運営・管理とコンプライアンス強化を図るために設置しています。

この専門部会では、研究費等の不正防止計画の実施とその実施状況の確認を行うほか、定期的にコンプライアンス講習会を主催し、研究活動の不正行為防止に努めています。


遺伝子組換え実験安全委員会

「日本大学遺伝子組換え実験実施規程」に基づき、遺伝子組換え実験の安全かつ適切な実施を図るために設置しています。

この委員会では、遺伝子組換え実験計画及び計画の変更や実験の実施状況が関係法令並びに本学の規程及び学部内規に適合しているか否かの調査、実験に係る教育訓練及び実験従事者の健康管理などに関して審議しています。


動物実験委員会

「日本大学動物実験運営内規」、「生産工学部動物実験に関する指針」に基づき、科学的観点と動物愛護の観点から、動物実験の適正な実施を図るために設置しています。

この委員会では、動物実験計画及びその実施状況や結果のほか実験動物の飼養保管状況の適正性に関する調査・審議などをしています。


人を対象とする研究倫理審査委員会

「生産工学部人を対象とする研究に関する倫理指針」、「生産工学部人を対象とする研究に関する倫理審査運営内規」に基づき、研究対象者の人権を擁護するとともに円滑な研究活動の推進を図るために設置しています。

この委員会では、人を対象とする研究に係る規程等の立案、研究計画及び研究の実施状況が関係法令等に適合しているか否かの審査・調査などをしています。

生産工学部概要

ページトップへ